洗っても臭い足の理由はなにがあるの?対策方法と一緒に紹介。


皆さんは足の臭いが気になった経験はありませんか?

仕事や学校から帰ってきて、靴を脱いだ瞬間に足からぷーんと臭ってきたらとても嫌な気持ちになりますよね。

家で臭いのは自分が嫌なだけですが、例えば居酒屋での座敷席や友達の家へお邪魔する際、
靴を脱いで臭いと、どれだけファッションをオシャレに着こなしていてもそれだけで台無しになってしまいます。

足が臭いと思われるのは避けたいですよね。

「けど毎日お風呂入ってるしどうしようもないよ」
と諦めている方がいるかもしれません。
そうなんです。足の臭いはとっても落ちにくいんです。

ですがそのまま諦めてもいいんですか?

足の臭いをケアするのは、とても大事な大人としてのエチケットです。
実は足の臭いはとても幅広い年代の方の悩みになっていて
その問題を抱えて生活してらっしゃる方がとても多くいます。

足の臭いは日常生活において、最も体験しやすい臭いの1つとも言えます。

しかしそのままズルズルと臭い足のまま放置していると周りの方へ迷惑がかかってしまいます。
自分を含め、いい思いする人は誰一人いませんよね。

そこで今回は足が臭くなる原因と対策について見ていきましょう。

 

足が臭くなる原因

雑菌

まずなぜ足が臭くなるのかと言うと、足の裏に住んでいる雑菌が
古くなった角質や垢などを餌にして増えていくことによって起こります。
この雑菌はいろいろな状況によって繁殖していきます。

汗をかくことによってさらに雑菌が繁殖しやすい環境を作ります。
雑菌は水分があるところで繁殖していきます。

足の裏と脇の下は体の中でも特に汗腺が多く存在しているため、とても汗をかいてしまいます。
寒い時期でも発汗量が多いのがこの部分です。

足の裏はなんと1日のうちにコップ1杯ほどの量の汗をかくらしいです。
靴の中でコップ1杯の量の汗ってすごい量ですよね。

ですが足裏の汗は、脇汗と違い臭いはありません。
臭いはないのですが、水分があるところは雑菌がとても繁殖しやすいんです。
つまり結果として汗をかくことで雑菌が増え、臭いの原因の1つになります。

そして足は汗をかいても顔や首などと比べると拭きにくいです。
手軽に靴を脱いで足をハンカチで拭きとったりできませんよね。
そのため靴の中が湿気る原因となり臭いにつながります。

 

足の指や爪

また、足の指の間や爪は雑菌が溜まりやすい場所です。
お風呂に入る時、洗い残しが1番多いのがこの部分です。
皆さん足の指の間まで洗ってますか?

足の爪もとても臭いやすいんです。
爪垢が溜まっていると、とても臭くなります。
爪垢の正体は足の臭いの元となる雑菌の大好物の古い角質や皮脂、汚れのカタマリです。

どうですか?
こう聞くと、爪垢がとても汚いものだというのがわかりますよね。

爪垢にも黒い爪垢と白い爪垢があり、黒いと目で見ればわかりますが
白いと目に見えにくいため油断しているとあなたにも爪垢が溜まっているかもしれません。


足が臭い原因は足だけにあると思い、足しかケアをしていないあなた。
もしかしたら靴に原因があるかもしれませんよ?

靴の中は雑菌からしたら絶好の場所です。
靴の中には雑菌の栄養素である古い角質や垢、歩くうちに擦り減った靴の残骸などがあり、
それらを雑菌が食べて繁殖していき臭いを発生させています。

足が靴に長時間覆われていて密封状態のままだと、歩いたりするうちに出てくる汗が蒸発せずに靴の中は蒸れていきます。
そうなってくるとさらに繁殖していきます。

朝から晩まで1日中靴を履いた時や、毎日毎日同じ靴を履いた場合はどうなるのか。靴の中を想像してみてください。
いくら足をキレイにしたとしてもその靴に足を入れたら同じことです。

ここまでみていくだけでも、色々な要因があるとわかりますね。
それではここからは対策方法を見ていきましょう。

 

対策方法

 

足を清潔にする


まず足の臭いを無くしたいのなら、足を清潔にするのは大前提ですよね。
毎日お風呂に入ってるよ!と言うそこのあなた。
毎回足の指の間、丁寧に洗ってますか?
爪の垢詰まってませんか?

爪の垢は奥まで詰まってくると少々の事では取れてくれません。
毎日気にして取り除いていきましょう。
爪を伸ばしすぎないことも大事ですね。

お風呂上がりも同じですよ。
タオルで指の間までしっかりと拭きとっていきましょう。

また、古い皮膚や角質を残さないように軽石で足を磨くのもいいですね。

同じ靴を毎日履かない

お気に入りだからといって、毎日同じ靴ばかり履いている方はいませんか?
そういう方はよくいると思います。
お気に入りならずっと履いていたいですよね。

ですが、毎日履くということは前日の臭いや湿気が消えないまま、
また履くという事になってしまいます。

そうなれば前日の、いや前日よりも靴の中の臭いを酷くさせる要因になってしまいます。
お気に入りの靴が日に日に臭くなっていくのは嫌ですよね。

それを防ぐためにも、日ごとに靴をローテーションで履いていきましょう。
3足か4足で履き回すのがいいですね。
履かない日は風通しの良い場所へ靴を保管しておくと、湿気も出ていきますし臭いも気にならなくなります。

そうすればお気に入りの靴を長く愛用する事につながりますし、
何足かを履き回すことで他の靴にも愛着が湧いてきたりします。
新たな発見もあるかもしれません。

また、1日中履きっぱなしだと汗をかいたりしてとても湿気る為、
トイレへ行く時など数回ほど靴を脱いで蒸れを防止しましょう。

重曹

なかなか臭いが落ちない方におすすめなのが重曹です。

皆さん重曹ってわかりますか?
そうそう、お掃除でよく使われるあの重曹です。

あの重曹は実は消臭効果があり、足の臭いにとても効果があります。
臭いを科学変化させて中和させる事ができるらしいのですが、重曹で消えるの?
と思う方いると思います。

足の臭いが気になっている方、試しに重曹を手のひらに取って足の裏や指の間をゴシゴシと数分程こすってみてください。
おそらくある程度の臭いは消えていると思いますよ。

お風呂に入る際などに、お湯に張った洗面器に重曹を大さじ1杯ほど混ぜ入れて、
その洗面器に足を20分ほど入れておいてみてください。
お風呂上がりに足を臭うとだいぶ改善されていると思いますよ。

できれば毎日するのが理想的ですね。
重曹はスーパーなどで簡単に手に入ります。
おすすめなので試してみるとどうでしょうか。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
足の臭いは多くの方が抱えている悩みの1つです。
しかし、いざ改善しようと思っても足の臭いはなかなか消すのは難しいです。

足だけをケアしても靴が臭いままだと意味がないので、
靴にも気を使うべきなのもわかりました。

面倒かもしれませんが、やはり臭いのケアをするのは生きていく中での最低限のマナーだと思います。
ちょっとした心がけでも効果はあると思います。

これからは少しだけでも意識してみてはどうでしょうか。
その意識が結果的に自分のためになります。
今回の記事が、1人でも多くの方の参考になればいいなと思います。