汗の臭いの対策をお探しの女性必見!!30代から始める対策をご紹介

汗の臭い・・・

これってかなり深刻ですよね。

臭いって敏感な人も多いし、自分では自分の臭いって分からない。

だから人にどれだけ嫌な思いをさせているか分からない・・・

私もずっとワキガで悩んでいたのもあって、色々なニオイ対策方法を探しておりました。

そんな時にこんな記事を見つけてしまったのです。

 

女性の若い頃のニオイを発見!
そのニオイの元となる「ラクトン」は10代後半をピークに年齢とともに減っていくことを発見しました。

この事実は、年齢を重ねることで変わる女性の体臭変化に関係しているのです。
若い女性が発するラクトンは、ピーチの様な香りとココナッツの様な甘い香りを放ちます。
これらの香りが減ることで、女性らしい香りが減っていくという事実を突き止めました。

引用元 ロート製薬HP

 

な、なんと!?

10代後半がピークですって!?

私は今29歳、来年30代に突入です。

確かに女性の加齢臭というのもあるしな。

ワキガ対策以外にも加齢臭対策も考え始めなくちゃなのか・・・

 

ということで私なりに30代からの加齢臭対策を調べてみたのでご紹介致します。

 

 

加齢臭とは

加齢臭とは、中高年に特有の「脂臭くて、青臭いニオイ」のこと。1999年に、資生堂が加齢にともなって発生するニオイの原因物質「ノネナール」を発見。今では一般的に使われている「加齢臭」という名前も、資生堂が命名しました。

ノネナールは、年を重ねると増加するパルミトオレイン酸(脂肪酸)が、過酸化脂質や皮膚常在菌によって酸化したり分解されることで発生します。

引用元 資生堂HP

とのこと。

つまり脂肪酸の酸化ということです。

もう少しイメージのしやすい言い方に変えると、

これが衝撃なのですが、「身体の錆び付き」ということになります。

 

身体も錆びるの!?とびっくりしますよね。

これを知ったときは目の玉が飛び出そうでした(笑)

セルフチェックもできます。こちらの記事で。

関連記事

その加齢臭、旦那さんではなくあなたの臭いではないですか? 自分の臭いを気にしたことはありますか?旦那さんの加齢臭ばかり気になっていると、危ないかも知れません。 女性からだって加齢臭はするんです。 まだなっていないあなたも、自覚がな[…]

 

加齢臭の対策

加齢臭の対策を調べてみると

  1. 朝晩のシャワーや入浴で、余分な皮脂や汗を洗い流し、清潔に保つ。
  2. 加齢臭に対応したデオドラント製品を使用する。
  3. 外出先でもこまめに皮脂や汗を拭き取る。
  4. ニオイの原因物質は衣服にも残るので、こまめにクリーニングをする。

こんなようなことが書かれていました。

確かに正論ですが・・・正直に言います。

私は「これができたら悩まないわ」と思ってしまいました。

 

30代の女性ともなると仕事や家事、子育て等、日々が忙しく、

自分の時間が思うようにかけられないという人も多いと思います。

私も彼氏と同居していますし、来年には結婚が決まっております。

色々な対策を根本からやりたいとは思いますが、

やはり仕事と家事、結婚の準備で1日1日が目まぐるしく過ぎ去っていっているのが現実です。

自分の時間はなかなかとれませんし、どうしても後回しにしてしまいます。

 

自分を犠牲にして家族のため、職場のためと頑張っている人は私だけではないですよね。

そこで私が調べていて「これは生活に取り込めそうだな」と思った方法があったのでご紹介します。

 

オススメの加齢臭の対策

 

それは「食事」に気を付けることです。

 

今は料理のできる男性も増えてきましたが、女性の分担になることが多い「食事」

そして家事の中でも絶対に欠かすことができないもの。

動物性のたんぱく質や脂質の多い食事をしていると臭いがきつくなりやすいそうです。

ここを意識するだけで毎日対策ができるのではと思ったのです。

 

先ほども話したように加齢臭は身体の酸化=身体の錆び付きから生じます。

調べていくと酸化を防止する抗酸化作用のある食材が結構あったのです。

 

ビタミンA

レチノールやカロテンなど体内でビタミンAとして働く物質の総称です。

特に緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変わり、

抗酸化力が強いと言われています。

β-カロテンは生では吸収されにくいので、油と一緒に摂ると良いそうです。

 

ビタミンC

果物や野菜に多く含まれ、抗酸化力が非常に強い栄養素です。

体内では作られない栄養素のため、食事から摂取する必要があります。

食品からの吸収率は非常に良いのですが、

一度に大量に摂取しても、必要のない分は尿として排出されてしまうため、

適量を守る必要がありそうです。

 

ビタミンE

ナッツ類やかぼちゃに多く含まれています。

上2つのビタミンA、,ビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果があるそうです。

最近森のバターとして話題のアボカドにも多く含まれていますよ。

 

その他

大豆等に含まれるイソフラボンにも抗酸化作用があるようです。

またゴマにも酸化作用のある物質の無毒化を手助けし、抗酸化作用をもたらします。

 

ここまで読むとお野菜や果物に多く含まれていることが分かりますよね。

お野菜は一日に摂取目安が350gと言われています。

これは生野菜で換算すると両手いっぱいに盛った量の3倍になります。

結構な量になるため、温野菜にするなど、カサを減らして食べると良いでしょう。

関連記事

働いていると不意にどこからかカメムシのようなにおいが、、。 鼻を塞ぎたくなるくらい強烈なニオイ、、。 あなたは大丈夫ですか??職場の部下が顔を歪めて働いていたりしませんか? 今、加齢臭がきつい女性が増加中なんです。 […]

関連記事

みなさんは、加齢臭と聞いて何を思い浮かべますか? ”おじさん臭というくらいだから中年男性のにおい” ”夫の枕のにおい” ”お父さんの頭のにおい・・・” ところが加齢臭は女性に無関係ではないのです。 女性の場合香水をつけたりメイ[…]

 

 

まとめ

  • 女性特有の良い臭いは10代後半がピークで減少していくため、30代でも油断はならない
  • 加齢臭の原因は身体の錆び付きである
  • 対策としては抗酸化作用のある食材を積極的に摂取する

 

身体は食べたものでできていると言っても過言ではありません。

日々欠かせない食事に少しだけ意識を持っていくことで

30代から加齢臭の予防にもなりますし、なにより健康的な身体も手に入りそうですよね。

 

私も早速今日から意識してみたいと思います。