足の臭いは爪にも原因が!チーズ臭や生乾き臭がしたら危険サインかも

皆さんは、靴下がニオイだけで魔物でさえも倒せる凶器になることをご存知ですか?
あれはつい先日、仕事から帰宅して靴下を脱いでいた時の事です。
あー、今日も疲れたーっ。

いつもどおり、脱いだ靴下を洗濯機へ放り込もうと思い、片足を上げて華麗な投球フォームをとっていました。

ところがその時。
何やら異臭が。

ん?何このニオイ。

それはまるで、小学校の時の同級生だったA君が、給食のプロセスチーズを机の奥に隠し持ったまま3ヶ月放置していたのを発見した時みたいな強烈なニオイです。
(いや、わかりにくっ。)

あー、A君元気かなー・・・って言ってる場合じゃなかった。
あまりの臭さに意識が遠のき、ついどうでもいい思い出の扉を開いてしまいました。

このニオイ、一体どこから・・・ハッ。

まさかと思い手に持った「それ」を恐る恐る嗅いでみると・・・。
うっ。(悶絶)

やっぱり犯人こいつでした。
ていうか、私でした。

靴下から、異次元へと誘うかの如く激臭が漂っています。
何故こんなにも可憐な私の靴下が、あんなおぞましい臭気を放っているのでしょう。
これがつい先日、私の身に起きた事件です。

でもこんなことって誰にでもありますよね。

うんうん、そうですよね。
というわけで、

今回は足の臭いの原因と、その対策方法についてご紹介します。

 

足が臭う原因は様々

足が臭う主な原因は雑菌です。
人の足には常在菌が住んでいます。
私にも、そうあなたにも。

常在菌たちは汗や古い角質、皮脂などを分解します。
すると、納豆臭くなる原因の「イソ吉草酸」と、酸っぱい匂いの原因の「酢酸」という2つの物質となるのです。

こちらの記事も参考にして下さい。

関連記事

え?次の飲み会は座敷だって?! と、ショックを受けたそこのあなた。 ズバリ、足の臭いが気になっていますね。 日々足の臭いに悩まされている人もいるかと思います。 いつもじゃなくても時期によったり体調によったり、足の[…]

関連記事

しばらく前、実家に帰った時、親戚のおばさんに久しぶりに会いました。 ほんとうに久しぶりだったので、長い事話していたんですね。 その中で、おばさんの旦那さんの足が想像を絶する程臭い、という話になったんです。 おばさん […]

 

ん?でも待って。
私の臭いは納豆でも酢でもなくってチーズだよ?
そう思ったそこのあなた。

実は臭うのは足の裏だけではないんです。

あなたの足をよく見てみてください。
指の上にちょこんと乗った小さな存在。
そう、です。

普段は私達が歩いたり、足に力を入れるために密かな活躍をしている彼ら。
そんな小さくて健気な彼らが、まさかこんなにも臭いを主張してくるなんて。
一体原因は何でしょうか。

 

足の爪が臭いのはなぜ?

足の爪を切ると爪からチーズ臭い空気が漂ってくるのだが、それって何?ちなみにそれを指で触るとにおいが指に付く。
これって病気?普通?何が原因?どうやったらこのにおいを消せる?

引用 Yahoo知恵袋

爪のニオイは大きく分けて2種類あります。
チーズ臭生乾き臭です。
まずはチーズ臭についてお話します。

おそらくもう予想はついているかと思いますが、チーズ臭の原因は爪垢です。
足裏と同じように爪にも垢が溜まります。

古い角質や皮脂、汗などが爪にどんどん溜まっていったものが爪垢となり、強烈なニオイの元となっています。
この爪垢はウォッシュタイプのチーズと成分が似ているため、ニオイも似ているんですね。

「足裏の角質は手入れしているけれど、爪までは気が回らなかった」なんて方も多いんじゃないでしょうか。
私もです。

だってお風呂で足と一緒に洗ってるしなぁ。
まさに寝耳に水です。
いや耳じゃなくて足なんですが。
(えっと…足爪に…垢?まぁ、何でもいいです)

爪を切ったときや靴下を脱いだ時に「臭っ」と感じたら、爪垢が溜まっている可能性が高いです。
特に巻き爪や爪を長く伸ばしている人は垢が溜まりやすくなっています。
爪垢の色は黒だけじゃなく、白くて気づかない場合もあるのでもうっかり垢を溜め込まないように注意が必要です。

 

爪垢のケア方法

まずは基本中の基本。
爪のカット方法についてです。
爪が長いと菌が溜まるのはもちろんですが、切りすぎると巻き爪の原因になります。

他にも腰痛や肩こりを引き起こす可能性もありますので、しっかりおさらいしておきましょう。

爪の切り方

  1. お風呂上がりに切る
    爪が柔らかいタイミングで切ることで爪のひび割れや巻き爪を防ぐことが出来ます。
  2. 指の形に合わせて真っ直ぐに切る
    丸く切ってしまうと、伸びた時に巻き爪になりやすくなります。
  3. 白い部分を2mmほど残す
    2mmはあくまで目安なので、自分の爪を見ながら切りすぎないように注意してください。
    最後に尖った部分をヤスリでな滑らかにしましょう。
  4. 切った爪をにおわない。
    つい、クンクンしたくなる気持ち。
    とてもよく分かります。
    しかし垢が溜まった爪は、兵器レベルの臭さです。
    癖になる前に止めましょう。

爪ブラシで磨く

お風呂で足を洗ったあと、爪と指の間に溜まったカスをブラシで取り除きましょう。
爪の表面の垢をこすり落とすのも忘れずに。
綺麗にしたいあまり、力を入れすぎないようにしてくださいね。

爪ブラシはドラッグストアなどで購入出来ます。
使い古した歯ブラシでも代用できますが、毛先が開いていると上手く磨けないので、あまりオススメしません。

爪の垢取りを使う

爪ブラシでも垢が取り除けない場合は爪の垢取りを使いましょう。
こちらもドラッグストアで購入可能です。
爪の間を爪楊枝で掃除する人もいますが、指を傷つけ菌を繁殖させる危険性があります。
やっぱり専用の器具を使うのが一番安心ですね。(ウンウン)

爪垢については以上です。
では次は生乾き臭についてお話していきます。

 

足が生乾き臭くなる原因とは

ここまで爪垢についてお話ししましたが、爪が臭う原因は他にもあります。
爪の臭いが、生乾きのような据えた臭いだった場合は爪の水虫である爪白癬(つめはくせん)の可能性が高いです。

爪白癬は白癬菌というカビに感染したことが原因です。
爪の下部に住み着き、ケラチンというタンパク質をエサにします。
爪白癬になると次のような症状が現れます。

爪白癬の症状

  • 表面、または付け根が白く濁る
  • 先端や端が黒くなり、ポロポロと欠けるようになる
  • 表面がボコボコになる
  • 先端から縦に黄色い線が入っている
  • 爪が分厚くなっている。

実は水虫菌自体は臭いません。
(え?意外!)
でも水虫って足が臭いイメージありますよね。
水虫菌に感染すると抵抗力が落ちます。

するとそこにやってきた雑菌がまんまと入り込み、臭いの原因となります。
つまり、臭いの元は結局雑菌ですね。
(やっぱりオマエかーい)

 

爪白癬の対策方法

対策方法とは言っても爪白癬は爪の病気なので病院を受診するしかありません。
爪白癬の治療は基本的に飲み薬を服用することで行います。
ただ、持病などで他にも薬を服用している場合は、塗り薬を処方されます。

爪白癬に感染した爪は元には戻らないため、爪が伸びるのを待たなければいけません。
そのため、治療には最低半年以上はかかります。

最近では市販でも、爪白癬の治療薬を購入することが出来ます。
ただ、一見すると爪白癬のようでも別の病気が関わっている可能性もあります。
自己判断せず、皮膚科に行く方が安心です。
病気って怖いですしね。

ではここで、爪白癬の予防法もご紹介します。
(ごめんなさい。もう感染してしまっている方には効きません。)

足を清潔にする。

もし水虫菌が付着しても24時間以内なら洗い流す事ができます。
指の間も丁寧に洗い、最後にしっかりと乾燥させましょう。
特にプールや銭湯などのあとは念入りに洗いましょう。

靴や靴下をしっかり乾燥させる。

毎日同じ靴を履いていると湿気がこもりやすくなります。
帰宅後はドライヤーで乾かし、天気のいい日には日陰干ししましょう。
靴下は木綿や朝の素材のものを選ぶと湿気対策に効果的です。

糖尿病が原因で水虫になることもあります。

糖尿病にかかると免疫力が低下するため様々な感染病にかかります。
水虫もそのひとつです。
糖尿病の方が水虫になると、血管障害や神経障害を引き起こし、足の重病にかかりやすくなります。
最悪の場合足を失うことも考えられます。

糖尿病の方は特に早く治療することが大事です。

 

臭いに合わせて正しい対処を

今回は足の爪の臭いについて、原因と対策をご紹介しました。

1、爪を切る

2、爪ブラシで磨く

3、爪の垢取りを使う

 

1、足を丁寧に洗う

2、靴や靴下の湿気を防ぐ

3、感染した場合は病院を受信しましょう。

普段あまり気にすることのなかった爪にも、実は汚れが溜まっています。
不衛生は万病の元です。
放っておくと、とんでもないことになるかもしれません。

心当たりのある方は是非この記事を参考にして、つま先まで健康な完璧ボディを目指してくださいね。