足の匂いを消すにはミョウバン水!作り方と足湯の方法を解説!

しばらく前、実家に帰った時、親戚のおばさんに久しぶりに会いました。

ほんとうに久しぶりだったので、長い事話していたんですね。

その中で、おばさんの旦那さんの足が想像を絶する程臭い、という話になったんです。

おばさん
うちの旦那の足の臭い凄いのよ。一度嗅いでみてよ。
さやか
いやいや、嗅ぎたくないよ。だけど、足の臭いには重曹がいいみたいよ。
おばさん
えっ、そうなんだ。でも、私が調べたらミョウバンが効果あるって知ったから、旦那に試してみたのよ。
さやか
で、どうだったの?
おばさん
もう驚くほど、臭いが取れたのよ。びっくりしたわ。今では子供の足の臭いがひどい時にも使ってる。費用も安く済むしおすすめだよ。
さやか
ふ~ん。そうなんだ。ミョウバンかぁ(後で調べてみよ)

というやり取りがあったあと、私はすぐにミョウバンについて調べました。すると、確かに足の臭い対策として優秀な方法であることが分かりました。

そこで、今回はそんなミョウバンについて、ミョウバン水の作り方やミョウバンを使った足湯などを解説していきたいと思います。

 

ミョウバンってそもそも何?

ミョウバンとはナスのヌカ漬けの発色剤や、スーパーの食品売り場などで焼ミョウバンの名で販売されています。簡単に言ってしまうと、ミョウバンは食品添加物の1つです。

ミョウバンを足に使う場合は、ミョウバンを直接使うのではなく、ミョウバン水を作ってそれを足に使用します。ミョウバン水には菌をやっつける殺菌効果があります。また、ミョウバン水には汗をかきにくくする効果もあるので、足の臭いを抑えるのに最適です。

よく足の臭い対策にミョウバンと重曹があげられますが、それぞれ足の臭いに対する働きが違います。

重曹:臭いの元となる原因物質を中和することで臭いを抑えてくれる。殺菌はしない。
ミョウバン:臭いの原因物質を作っている菌をやっつけます。菌を殺して臭いの元を断つ。

ミョウバンと重曹のどちらがよいかは、実際に使ってみて効果が出る方を選んでください。体質なども人それぞれで違いますしね。

ニオイケアは効果に個人差があるので、一概にどちらがよいと言うのが難しい場合も多いんです。

重曹については以下の記事でまとめています。足の臭いの原因なども書いてますので、よかったらお読み下さい。

関連記事

ある日の会社での出来事。 えっ、なんか臭い。 もしかして、私?この臭いはどうやら足の臭いみたい。 ううん、でも私じゃないみたい。だったら一体誰の臭いなの? そう思い、しばらく鼻をクンクンしていると(ってオイ、仕事しろ[…]

あと、ミョウバン水はワキガにも効果があります。

以下の記事は子供のワキガを扱ったものですが、ワキガ対策としてミョウバン水の作り方を説明しています。ミョウバン水は大人でも使えますので、よかったらぜひ読んでみて下さい。

関連記事

自分の子供がワキガだったらどうしよう。 大人がとるような対策をとればいいの? それともやっぱり手術が必要なの? 我が子のことなので本当に悩みますよね。特にお子さんが女の子の場合、異性の子供達にからかわれたり、いじめられたり[…]

 

ミョウバン水の作り方

ミョウバン水の作り方ですが、まず原液を作ってからそれを水で薄めるという手順です。
ミョウバン自体はスーパーなどですぐに手に入ります。
【用意するもの】
  • 焼きミョウバン50g
  • 空のペットボトル(1.5リットル容器。綺麗に洗ってよく乾燥させておきましょう)
  • スプレーボトル(100円ショップなどで購入できます)
  • 水道水(1,500cc)
【原液の作り方】
  1. 空のペットボトルにミョウバン50gを入れてから水1,500ccを入れる。その後、ペットボトルを軽く振る。
    ※腐らないようにミネラルウォーターではなく塩素入りの水道水で作って下さい。
  2. ミョウバンは水に溶けにくいので2~3日放置しておく。
  3. 液体が透明になったら原液の出来上がりです。
【使い方】
作った原液を20倍程度水で薄めて、スプレーボトルに入れます。
例えば、原液5ccに対して水を100cc加えたものを、スプレーボトルに入れて、足の裏に直接シュッシュッと噴きかければ大丈夫です。

原液は1、2か月で使い切るようにしましょう。保存場所は冷蔵庫がいいみたいです。

【注意点】

原液をそのまま肌に使用してはダメです。また、お子さんが絶対に口にしないよう注意して下さい。

<親戚のおばさんの旦那さんがミョウバン水を使った結果>

冒頭で、親戚のおばさんの旦那さんがミョウバン水を使った、と書きましたがその結果を書いておきます。

親戚のおばさんの旦那さんがミョウバン水を使った結果、3日目くらいから効果が出始めたそうです。5日目くらいからほぼ無臭、7日目には全く臭わなくなったそうです。

親戚のおばさんの旦那さんは、想像を絶する臭さだったので効果が出るのに3日かかりましたが、少し臭いくらいの方は1日目から効果が出るかもしれません。

ただ、その旦那さんは「もう大丈夫、オレは臭くない」と思い、それ以降しばらくミョウバン水を使わなくなったそうです。その結果、また想像を絶する足の臭さに舞い戻ったようです。

旦那さん、さぞかしおばさんに叱られたんだろうな。可哀そうに、ご愁傷様。

という訳なので、ミョウバン水での足の臭い対策は継続して行いましょう。

 

ミョウバン足湯のやり方

足の裏に直接シュッシュッと噴きかけても効果がありますが、それでも臭いがまだするという方には、ミョウバンを使った足湯、おすすめします。

【用意するもの】
  • ミョウバンの原液
  • 両足が入る容器(100円ショップなどで購入できます)
  • お湯

原液を10倍~20倍にお湯で薄めて、毎日10分~20分程度、足湯の要領で足を容器につけましょう。

毎日継続して入ることで、洗っても洗ってもなかなか取れなかった足の臭いが、面白いほど消えていきますよ。

私もこれを試してみました。私は家に帰ってからスマホしながら、ミョウバン足湯をやってます。

これが、気持ちいいんだぁ。足の臭いも取れるし。

もう、極楽じゃぁ~。

・・・。

なんだか、オジサンくさくなりましたね。だけど、こう見えて私まだ若いんですよ(汗)。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ミョウバン水は臭いの原因物質を作っている菌をやっつけ、臭いの元を断ってくれるので、足の臭い対策としてとても効果があります。

ミョウバン水に必要な材料は手軽に手に入る焼きミョウバンと水道水なので、本当に簡単にできますよ。

ミョウバン水をスプレーしてもまだ臭いが取れないという方は、ミョウバン入りの足湯をしてみましょう。

驚くほど効果がありますので、ぜひ一度試してみて下さい。