大人アトピーを放っておくと臭いがする?そうなる前に対処しよう!

  • 2020年1月14日
  • 体臭
  • 0件
さやか
う~ん、手がカサカサして痒い~冬になると乾燥してダメだね~

 

Bちゃん
ん?それ大丈夫?ちゃんと治さないとアトピーになっちゃうよ。

 

さやか
えー、私アトピー持ちじゃないから大丈夫だよ!
Bちゃん
いま、大人アトピーって増えてるんだよ。気をつけなきゃ。アトピー経験者からの助言だぞ~聞いておいた方がいいぞ~

 

そう脅してくるのは、小学校からの友達Bちゃん。
確かに彼女は小学生のころアトピーが酷く、常に長袖を着ていた記憶があります。
中学生に上がる前には、ゆっくりと改善していって今はほとんど気になりませんが、再発しないようにかなり気を使っているようです。

 

Bちゃん
それにアトピーはひどくなると臭いもするし、さやかにとってはそれかなり嫌なんじゃない?

 

さやか
え!?そうなの?全然知らなかった。
Bちゃん
イメージで臭いって思う人もいるけど、本当にアトピーが酷くなると臭うんだよ!傷口から出る液が血の臭いと混じって、朝起きた時の絶望感すごいよ・・・。
大人アトピーって言って、急になることもあるから、気を付けてね。

Bちゃんとよく一緒にいましたが、臭いなんて気にしたことがなかったので驚きの事実です。
改めてよく聞くと、アトピー性皮膚炎は本当に大変な病気だとわかります。
アトピー性皮膚炎は痒みのほかにも、重症化すると色々な生活障害を引き起こします。

臭いがしたり、肌が荒れ服が擦れるたびに痛みがしたり、動くたびに皮膚が避けたり、皮膚の状態が悪くなると自分の見た目を嫌って外出するのが嫌になることもあるそうです。
生活自体に支障をきたし、生きることすら辛いと思うことも稀ではないとのこと。

そうならないためにも、まだ乾燥しているだけの今、対策をしましょう!

 

 

アトピーとは?


アトピーとはアレルギー反応の1つです。
特にタンパク質のアレルゲンに強く反応するものを言います。
鼻炎、喘息など、免疫が過剰に反応し炎症を起こすこれらもアトピーと呼ばれますが、一般的にアトピーは皮膚炎を指して使われているようです。

ちなみに、日本皮膚科学会によると

アトピー性皮膚炎の定義(概念)
「アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰返す、そう痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。」

引用 日本皮膚科学会

と定義つけられています。

簡単に言うと、
治ったり再発したりを繰り返す
痒みをともなう湿疹
アトピー素因をもっている
の三つすべてを伴う場合にアトピー性皮膚炎とされます。
多くの人が発症し、5歳になるまでに90%もの人がアトピー性皮膚炎になるといわれています。

 

主な原因

アトピー性皮膚炎の原因は、はっきりとは解明していませんが、大きくは
 皮膚のバリア機能低下
 免疫異常(アレルギー)反応
の2つの要因があわさっておこると言われています。

この2つは

皮膚のバリア機能が低下しているため細菌などの異物が入り込みやすい

異物(や害のないものにまで)に過剰に免疫システムが働く
↓↑
過剰反応により痒みが出て掻きむしり、傷からさらに異物が入り込む

というサイクルを作り、アトピー性皮膚炎を発症させ、さらに慢性化させます。

 

症状

皮膚が乾燥しカサカサしたり、腫れて汁が出てジュクジュクになったりと色々あり、このような皮膚の状態から軽微~重症が決まります。

軽微 乾燥し、カサカサしている。
軽症 乾燥し、皮膚が赤みを帯び皮膚の剥落が見られる。
中等症 赤く炎症し、皮膚がごわごわと固くなる。掻破痕(そうはこん)が主な症状。
重症 皮膚が腫れ、湿疹、皮膚剥落、びらん、浸出液の分泌、多数の掻破痕。

皮膚の状態によって重症度が変わるため、どんなに広範囲に赤みを帯びていても軽症となります。
逆に、小さく一か所だけでも、ひどい湿疹や掻きむしりがあれば重症扱いです。

Bちゃん
子供の頃は、我慢できなくて掻いちゃって悪化させてたなぁ。

 

さやか
痒みって我慢できないよね。

 

Bちゃん
そうなんだよー、痒すぎて眠れないし、つらかった。皮膚もジュクジュクで常に薬塗った後は関節部分に包帯巻いて、長袖長ズボンだったなぁ。

 

さやか
長袖長ズボンは記憶にあるよ。
Bちゃん
皮膚を隠してないと、砂とか入ったら地獄だしね。子供だとついつい夢中になって皮膚を傷つけたりするから大変だった。

 

臭いの原因

アトピー性皮膚炎の主な臭いの原因はこの3つになります。
浸出液
血の臭い
イメージ

浸出液

中等症より酷くなると、浸出液という傷を治すための分泌液が出ます。
体にとって正常な反応なので問題はないですが、独特の臭いを発し、見た目が膿のようなことから忌避されるようです。

血の臭い

掻きむしることにより、皮膚が破け血が出ます。
大抵は、他者より自分の方がより強く臭いを感じられ、不快な思いをする方が多いです。

イメージ

アトピー性皮膚炎は、皮膚が剥落したり、ジュクジュクと膿んだような見た目から臭いがすると誤解されやすい病気です。
また皮膚の剥落は頭部でも起こり、フケのように見えます。
このようなことから、不潔なイメージがつき、臭いがすると思われるようです。

 

Bちゃん
朝起きたら、シーツが血と浸出液で臭うしカピカピになってるんだよ・・・

 

さやか
それは、嫌だね・・・

 

Bちゃん
そう!しかも乾いた血とか液が皮膚とシーツをくっつけて、剥がすときに痛いんだよー!

 

さやか
朝から壮絶・・・。そんな風に大変な思いをしてたんだね
Bちゃん
私は思春期になるころには自然と治まったからいいけど、まだ続いてたらと思うとゾっとするよ。二度となりたくないから、予防予防―!

 

治療法


外用療法による治療。
ステロイド外用薬
非ステロイド系消炎外用薬
タクロリムス軟膏
という薬が主に使われます。

ステロイド

一時期副作用に問題があると騒ぎになりましたが、ステロイド内服薬の副作用と混同された誤った情報です。
アトピー性皮膚炎の炎症を鎮静化する薬剤として、いまは有効性・安全性ともに認められています。
またステロイド外用薬は多く作られており、強さによりランク分けがされています。
強力な順として、ストロンゲスト>ベリーストロング>ストロング>ミディアム>ウィークとなっています。

非ステロイド外用薬

炎症を抑えるには弱い薬でほとんど使用されませんが、ステロイドを忌避する方にしばしば使われるようです。

タクロリムス軟膏

1999年に登場した新しい薬剤です。
顔の湿疹に対して効きやすい薬ですが、使い始めはほとんどの方が刺激感を訴えるそうです。症状が治り始めるとともに刺激感も消えていきます。
ただし、多くあるステロイド外用薬のミディアムランク程度の効果なので、重症度が高い場合十分な効果は得られません。

ちなみに子供のアトピー性皮膚炎は、成長につれ皮膚バリアが強くなり、思春期には自然と治まる人が多くいます。

Bちゃん
ステロイドは問題になったよねー、やめたら炎症が一気に悪化して浸出液もドパドパ出るし、見た目も臭いもひどかった。
さやか
そうなんだ、やっぱり塗るの止めたらダメだったの?
Bちゃん
うん、今でもステロイド嫌がる人はいるよ。そういう時は何が何でもいや!じゃなくて、お医者さんの説明をきちんと聞いてから、納得して使うか止めるかした方が後悔はしないよ。
一番ダメなのは、自分で判断して薬を塗るのをやめたり、民間療法に飛びつくことかな。

 

さやか
民間療法とか、これで私は治りました!みたいなのはダメ?

 

Bちゃん
ダメじゃないよ!もちろんそれで治る人はいると思うけど、鵜呑みにするのは違うかな。こういう民間療法があるんだけど、してもいいかお医者さんに先に聞く方がベターだね。
さやか
なるほど、これは流石にやめた方がいいってのは、お医者さんが止めてくれるからいいね。
Bちゃん
うんうん、やっても害がなさそうなのはストレス発散とか安心感にも繋がるから、OKでたら試してみるのはいいんじゃないかな!

 

大人アトピーは普通のアトピー性皮膚炎と違う?

一般的には、子供の頃に罹ったことがない、もしくは子供のうちに症状が治まっていた人が、大人になって急にアトピーを発症・再発する場合に使うようです。
子供の頃からアトピーが持続している場合は除外される傾向にあります。

原因

皮膚のバリア機能低下、免疫異常(アレルギー)反応以外にも、以下のような様々な要因が絡んできます。

ハウスダスト、ダニ、花粉症などのアレルギー
風邪などによる免疫低下
ストレス
寝不足
不規則な生活・食生活

などなど多岐に渡り、特定するのは難しいでしょう。
しかし、これらを改善しなければ一度は治ったとしても、すぐに再発してしまいます。

治療法

大きくは以下の三つになります。

外用薬の適切な使用
原因を特定し、排除する
肌を清潔に保ち、保湿する

通常のアトピー性皮膚炎と同じく外用療法となりますが、それにあわせて原因を排除することが重要となってきます。
しかし、大人の場合、なかなか原因をすべて排除するのは難しく、子供より重症化・慢性化することが多いです。

ストレスを排除できない
睡眠不足や不規則な生活を正せない
病院に行く時間がない
外用薬を塗っても家事や仕事ですぐに落ちてしまう

など、子供と違い治療に専念できないのが問題です。

一番の治療法としては、重症化する前に手を打つことです。アトピーの初期症状は乾燥です。
まずはこれを止めることが大事です。ひどくなる前に治してしまいましょう!
初期であれば、病院からはヒルドイドなどの保湿剤を処方されるでしょう。
治ったように見えても、勝手に使用をやめず、必ず使い続けることが大切です。

そのほかにもお風呂上りに患部以外にも保湿クリームを塗り、これ以上広がらないよう、ひどくならないよう保湿を心がけましょう。
アトピーでも使えるボディクリームはいろいろあります、自分にあうものを見つけましょう。

こちらは赤ちゃんでも使えるお米から作られたクリームです。
皮膚のバリア機能を整え、トラブルのない肌へ導きます。
自分の症状をカウンセリングに電話し、相談することもできます。

引用 勇心酒造株式会社

 

規則正しい生活・食生活もなかなか難しいですが、出来る範囲で行っていくことが大事です。
刺激物やアルコール摂取を控えたり、砂糖や脂肪が多いものは選ばない、免疫を上げるために腸内環境を整える(ヨーグルトやチーズなどを食べて善玉菌を増やす)など、少しずつ改善していきましょう。

ヨーグルトは善玉菌を増やすほかにもいろんな効果があります。

関連記事

みなさんヨーグルトってどんなイメージでしょか。 腸にいい。 美肌効果。 ダイエットに効果的。 などなど。いろんなイメージがあると思います。ヨーグルトって健康的な食べ物というイメージがついていますが、実はもっと[…]

軽度のうちであれば、十分に保湿すれば治まります。
放置してひどくなれば、臭いの元である浸出液も出てきます。
かきむしれば血が出てその臭いも混じってしまうでしょう。
そうなる前に、早めの対処を心がけましょう。

さやか
重症化してからじゃ中々治らないみたいだね。早め早めの対策が必要なんだ~

 

Bちゃん
うん、乾燥はお肌の敵で、アトピーの味方!早くやっつけなきゃね!
あ、でも中等症ぐらいになると市販の保湿クリームじゃダメかもしれないから、病院にいってね!あくまで軽度で酷くなる前の対処法だよ
さやか
大丈夫、赤みが出てきたら病院に行くから!

 

まとめ

アトピー性皮膚炎の原因は?

① 皮膚のバリア機能低下
② 免疫異常(アレルギー)反応
③ 免疫低下
④ ストレス
⑤ 不規則な生活

 

治療法は?

① 外用療法
② ストレスの排除
③ 規則正しい生活

 

臭いの原因は?

① 浸出液(傷を治すための分泌液)
② 掻きむしりによる出血
③ 皮膚炎の症状が不潔に見えることから来るイメージ

 

重症化する前に?

① 保湿をする
② 病院にかかる

 

乾燥による肌荒れと軽く見ていたら、アトピーになり重症化するかもしれません!
きちんと保湿をして、少しでも悪化するようであれば病院に行くことをおすすめします!

さやか
指のかゆみは冬だし乾燥してるから仕方ないよねっていつも思ってたけど、今度からちゃんと保湿して対応しなきゃ。

 

Bちゃん
冬の乾燥で指が~って、そのうち治るって放っておく人が多いけど、病院に行って~と思っちゃう。保湿剤もいいけど、何よりかゆみ止めを処方してもらうと治りが違うよ~。

 

さやか
まず掻かないのが、大事だもんね。

 

Bちゃん
そう!痒いと眠れなくて睡眠不足になるし悪循環だよ。
さやか
保湿に生活習慣と環境改善!少しずつ出来ることやっていこ~!

 

 

対処法は多いですが、なかなかすべてを行うことは難しいと思います。
それでも出来ることを少しずつ行って、アトピー知らずの綺麗でしっとり潤い肌を目指しましょう!