コーヒーは体臭を防止する?反対に飲みすぎると逆効果って本当?

みなさんは1日何杯くらいコーヒーを飲みますか?

私は毎朝必ず1杯のコーヒーを飲み、気分をすっきりさせています。
昼食の後にも飲みますね。

でもコーヒーで体臭や口臭が変わると聞いて、ちょっと心配になり
色々調べてみました。

飲む量や飲む時間帯によって、体への影響がまったく異なることを
ご存知でしょうか。

ここでは、飲み方しだいで体臭の予防にもなる
コーヒーについてご紹介します。

コーヒーの成分

コーヒーには、主にカフェイン、クロロゲン酸類(ポリフェノール)
脂質、たんぱく質、無機成分などが含まれています。

これらの成分には、体臭をおさえる働きをするものがあります。

 

コーヒーが体臭防止に役立つ

ポリフェノールの抗酸化作用

加齢臭など頭皮の臭いをはじめとする体臭は、
脂質が酸化することによるものです。

コーヒーに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があるので
脂質の酸化が原因である体臭を防ぐことができます。

カフェインによる便秘解消

体の中に老廃物が溜まっていたり便秘がちだと、
汗や口の臭いがきつくなりやすいです。

カフェインには腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にする
働きがあります。

そのため腸の動きが活発化し、ニオイのもとになる便や老廃物が
排出されやすくなります。

胃もたれなど、胃の不調があるときも
口臭や体臭がきつくなったりします。

コーヒーを飲むと胃液分泌が促進されます。
そのため食後にコーヒーを飲むことで、消化を助け
消化不良が改善されます。

クロロゲン酸類によるダイエット効果

コーヒーに含まれるクロロゲン酸類には抗酸化作用だけでなく
脂肪の分解や燃焼を促し、体脂肪を減らす働きがあります。

皮脂が多く分泌されるほどそれだけ体臭がきつくなります。
また中性脂肪が酸化すると過酸化脂質となり
加齢臭など体臭の原因になります。

脂肪が燃焼されることで体脂肪が減ると、体臭の予防になるのです。

またクロロゲン酸類がアルコール飲料による肝機能の低下を
おさえるという実験結果も出ています。

肝機能低下もまた、体臭のもとです。

口臭を防止する

コーヒーに含まれるフラン類という成分には
たまねぎ、にんにく、にらなどの香りの強い食べ物の
匂いを消すという消臭効果があります。

リラックス効果

脳波の一種であるアルファ波は、リラックスしているときに
多く出現しますが、コーヒーの香りを嗅ぐことでアルファ波
出ることがわかっています。

ストレスが溜まっていたり、急に強いストレスを感じたときには
ストレス臭といって、体臭がきつくなることがあります。

コーヒーの香りを嗅いでリラックスすると
ストレス臭の防止になります。

 

コーヒーが体臭の原因になる?

体臭の防止、予防になるコーヒーですが
飲みすぎるとかえって体臭の原因となることがあります。

皮脂の酸化

カフェインの作用により交感神経が優位になると、
男性ホルモンが活発化したり、
自律神経のバランスが崩れたりします。

すると皮脂の分泌量が増え、酸化して加齢臭などの原因となります。

紅茶や緑茶にもカフェインは含まれていますが
コーヒーには微量ですが油分が含まれています。

この油分とカフェインの相乗効果で酸化が促進されてしまいます。

胃に負担をかける

コーヒーには胃液分泌を促す働きがありますが、
飲みすぎると胃酸過多になり、胃が荒れやすくなってしまいます。

胃が荒れているとやはり口臭や体臭の原因となります。

睡眠不足になる

コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があります。
そのため眠気覚ましになったり、頭がすっきりしたりしますね。

ところが寝る前にコーヒーを飲むと
寝つきが悪くなる、眠りが浅くなるなど
睡眠に影響を及ぼしてしまいます。

まったく眠れなくなってしまうこともあるそうです。

睡眠不足は新陳代謝の低下をまねき、体臭の原因となります。

肝機能低下

コーヒーを飲んでいる人は飲まない人に比べると
肝機能の数値が良好で、肝臓ガンの予防にもなるといわれています。

ところが飲みすぎると肝臓を酷使してしまい、
かえって肝臓機能に悪影響を及ぼす恐れがあるそうです。

腎臓機能低下

コーヒーには利尿作用があります。
そのため体の中が水分不足になりやすく、
腎臓へ負担をかけることがあります。

汗が減り、濃くなると体臭がきつくなりやすいです。

またクロロゲン酸類は鉄分と結合しやすい性質で、
コーヒーを飲みすぎると体の中が鉄分不足になり
血行不良になることがあります。

口臭

コーヒーを1日何杯も飲んでいると、コーヒー豆の
細かな微粒子が舌の表面に付着し、口臭の原因となることがあります。

 

コーヒーによる体臭を防ぐには

食後に飲む

空腹時にコーヒーを飲むと胃液が過剰に分泌され、
胃が荒れる原因になります。
食後にコーヒーを飲むことで消化不良が改善されます。

1日3杯まで

体にいいから、体臭予防になるからといって
1日にたくさん飲んでしまうと体臭のもとになってしまいます。

目安としては、1日3杯ぐらいが適量です。

 

コーヒーを効果的に飲むには

寝る8時間前には飲まない

夕方以降にコーヒーを飲むと、眠りたい時間に眠れなくなる
恐れがあります。

飲む時間帯にも気をつけましょう。

ドリップのブラックを飲む

効果をより発揮させたい場合にはドリップコーヒーがおすすめです。
コーヒーの成分や香りが濃厚に抽出されるほうが効果的です。

ただし砂糖やミルクを入れると効果激減
糖質や脂質の取りすぎにもなってしまいます。
ぜひブラックでお楽しみください。

妊婦さんはコーヒーはだめ?

妊婦さんはコーヒーを控えたほうがいい、といわれますね。
これは高濃度のカフェインが自然流産を引き起こす可能性が
あるからです。

産後、授乳も終わった頃に落ち着いてコーヒーを
楽しむようにすると安心ですね。

まとめ

飲み方や飲む量などによって、コーヒーによる
体臭への影響はこんなにも異なります。

コーヒー消費国第4位の日本。
いまでは世界中のコーヒーを楽しむことができます。

お気に入りのカフェで、ご自宅で、香りとともに
おいしいコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。