コロナウイルスにクレベリンは有効?!体への被害は大丈夫なの…?

新型コロナウイルスが大流行!

昨年12月に湖北省武漢で最初に新型コロナウイルスが見つかって以来、急激に感染が拡大。
令和2年2月26日現在、中国では7万8000人以上が感染し、2700人以上が死亡しています。
日本でも感染者156人まで右肩上がりに増加・・・。

このまま何も予防しなければ、自分も大切な家族も感染してしまう可能性がありますよね。
私も毎日ニュースを見て不安になります。
これから結婚も控えているので、この幸せを壊したくない!彼も家族も元気でいて欲しい。

しかし、マスクはどこへ行っても品切れ・品薄状態でなかなか手に入りません。

さやか

新型コロナウイルスを予防したいけど、何か良い方法はないのかな?

そういえば、クレベリンってCMやってるけど、本当に効果はあるの?
実際効果がなく、体に有害って噂もあるけど本当なのかな?

 

 

こんなツイートを見ると心配になりますよね。
そこで今回はクレベリンの効果と健康への被害について調べてみました。

クレベリンは効果があるのか?

結論から言うと、「効果がある」とはっきり言えないのが現状です。
言い換えると、「実際のところ効果は分からない」というのが一番適切な表現になります。

クレベリンは、殺菌効果に一定の評価ができず、人体への安全性も確立されていない状況であると言うのが一般的な結論です。

また、クレベリンを使う環境によっても効果は変わってきます。

今回は曖昧な結論で申し訳ないのだけれど、健康に関することだから慎重に調べた結果を嘘偽りなく報告するのが私の使命だと思うの。

自分や大切な人の健康のためにも、クレベリンについて知りたいと思っている人にはきちんとした理解を持って欲しいと思っているわ。

どうして「効果があるか分からない」という結論に至ったのか、健康被害はないのか、これから順番に説明していくわね。

 

クレベリンは二酸化塩素による除菌

クレベリンは二酸化塩素を主成分として、ウイルスや菌の除去を行うとしています。

 

ちなみに現在放送されているCMはこちら。

クレベリンは、置き型・スティック型・スプレータイプなど製品の種類も豊富です。いずれのタイプにせよ、空間に浮遊するウイルスや菌を二酸化塩素のチカラで酸化・機能低下させるという仕組みは同じです。

 

置き型タイプ

引用:大幸薬品

空間だけではなく、物に付着したウイルスや菌まで除去してくれる製品として有名です。メーカーの資料によると、ウイルスや菌の除去率はなんと99.9%!色々な人が出入りする玄関や家族が集まってくるリビング、そして寝室など家の中であらゆる場所で使える衛生対策のベースとなる製品です。

大幸薬品調べでは、6畳程度(25㎥)の閉鎖された空間でクレベリン置き型製品を使用すると、空間に浮いたり付着したりしているウイルスや菌を180分間で99.9%除去できる事を確認したとされています。

容量60グラムの製品は、6〜8畳の広さの居室等で、約1ヶ月間の効果持続が期待できます。

 

スティックタイプ
引用:大幸薬品

オフィスや学校など出かける際に持ち運べるペンスティックタイプとベビーベッドやデスクなどの色んな場所に掛けても置いても使えるフックスティックタイプが販売されています。

 

スプレータイプ

引用:大幸薬品

キッチンなどの水場や、玄関の靴箱など、菌やニオイが気になるところを狙い打ちできるスプレータイプ。また、乗り物の中や公共トイレなど、持ち運び便利で気になる場所にサッと使えるミニスプレーも販売されています。

大幸薬品の調査では、閉鎖された空間でクレベリンスプレーを使用することにより、空気中の二酸化塩素が特定の「ウイルス・浮遊菌」を除去できる濃度になることを確認したとされています。

 

クレベリンの主成分「二酸化塩素」ってどんな物質?

二酸化塩素は塩素に似た刺激臭のある、空気より重い気体(ガス)です。

国内では紙パルプの漂白、水道水やプール水の殺菌に使われ、食品添加物として小麦粉の漂白への使用が認められています。

二酸化塩素は、反応性がよく、酸化する作用をもっていることから、この作用を利用して漂白や除菌といった目的で使用されています。つまり、二酸化塩素には漂白や除菌の効果があると考えられているのです。

 

クレベリンは雑品(雑貨)

二酸化塩素に除菌の効果があるということであれば、二酸化塩素による除菌をうたっているクレベリンは効果があるのではないかと思いますよね。

しかし、残念ながらそうは断定できないようです。
クレベリンを含め、二酸化塩素による除菌をうたった商品は、商品の効果を表示できない雑品(雑貨)として販売されています。

一般的な化粧品や健康食品などは「品質・有効性・安全性」を確保するために、「薬事法」により「医薬品」・「医薬部外品」・「化粧品」に分類されています。その分類によって、効果や効能の範囲が分けられていて、商品に表示できるかどうかまで決められています。

医薬品:病気の治療を目的とした薬のことで、配合されている有効成分の効果が厚生労働省によって認められたもの。

医薬部外品:厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されている製品。治療というより、防止・衛生を目的に作られている。「にきびを防ぐ」「皮膚の殺菌」など、効果のある有効成分が配合されていると認可されていることから、その効果を表示することができます。また「薬用」と表示しているものも「医薬部外品」となります。

化粧品:医薬部外品と比較してもさらに効能・効果が緩和で、清潔にする、美しくする、容貌を変える、皮膚や毛髪を健やかに保つなどの目的で使用される製品です。医薬部外品に認められている「皮膚の殺菌」「にきびを防ぐ」などの効能・効果は厚生労働省の認可がなされていないため、商品に表示することはできません。

このように、効果・効能を表示するためには厚生労働省の許可が必要になります。

クレベリンは何の届け出もいらない「雑品(雑貨)」という扱いになるので、効果を表示することができないのです。

これが、クレベリンはコロナウイルスに効果的と言えない大きな理由になります。

 

除菌は菌を殺すこという意味ではない

 

クレベリンは「除菌」を目的として販売されているけど、医薬品に該当しないの?

殺菌による菌の除去のことを明らかに目的としている場合は、医薬品か医薬部外品だけど、ふき取ることや洗い流すことを含めて除菌の効果を表示する場合は、薬事非該当になるのよ。

つまり、「殺菌」「殺ウイルス」と表示するのはダメだけど、「菌を取り除く」除菌であれば表示することができるの。
ただ、あくまでも「雑貨」だから、「コロナウイルスが軽減」など、「特定の菌やウイルス名」を述べたりすることはできないの。


除菌は菌を殺す事でなく、あくまでも取り除く事です。

菌が完全になくなったのではなく、菌は存在しているんですね。

 

二酸化塩素は消毒薬として未認可

二酸化塩素は強い酸化力を持ち、国内では紙、パルプの漂白、水道水の殺菌やプール水の殺菌に使われ、食品添加物として小麦粉の漂白への使用が認められているもので、日常生活の中で使われるようになったのは、ここ数年のことです。

しかし、二酸化塩素は消毒薬としては未認可の状態です。このため、二酸化塩素は「感染症の診断・治療ガイドライン」などには記載されていません。
この未認可であると言う事実も、クレベリンの効果や安全性を証明できない大きな理由となっているのです。

ちなみに、二酸化塩素は欧州では使われている塩素剤であり、日本でも今後の使用が検討され、調査研究が進められています。今後の進展に期待というところです。

日本ではまだ認可されていない二酸化塩素の可能性をクレベリンという商品にしたんだね!大幸薬品さんのチャレンジ精神が感じられるわ!

二酸化塩素による健康被害は大丈夫?

二酸化塩素ガスは目や喉の粘膜を刺激して、咳や喘息を起こす危険性があります。

そのため、二酸化塩素自体は細菌やウイルスに有効と考えられているものの、診療所内や学校など多数の人が出入りする場所での消毒には勧められないとされています。

 

二酸化塩素による部屋等の除菌をうたった商品に関する相談事例

PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、二酸化塩素による部屋等の除菌をうたった商品に関する相談が、2005年4月〜2010年3月末までの5年間で20件寄せられています。

相談事例

神奈川県(30代・男性)
感染管理製品を2〜3週間使用したところ、軽い咳、痰を生じるようになった。塩素を吸って 気管が痛くなる事例はあるか。


兵庫県(50代・女性)
フタを開けると同時に塩素系の臭いが部屋中に立ち込める。幼児がいるので身体に影響かがないか心配。


神奈川県(50代・男性)

店頭で空気中の除菌ジェルを購入。成分をインターネットで調べて不安になった。商品中成分の二酸化塩素のチカラでウイルス除去、除菌などをするとうたっているが、室内で使うと塩素ガス濃度が高くなる。二酸化塩素は食品添加や水道水への使用許可はあるが、長期の安全性を確認しているか疑問。業者のホームページ等で確認できない。

引用:国民生活センター

 

5年間で20件の相談は多いとは言えないけど、声をあげなくても同じように感じている人がいるのかなと思うと不安になっちゃうな。

これは、二酸化塩素による除菌をうたった商品全般に関する相談だからクレベリン以外のことを言っているかもしれないけど、二酸化塩素ってちょっと怖いかも・・・。

 

ただ、健康被害の危険性があるのは空気中の二酸化塩素の濃度が高くなった場合。きちんと安全な濃度で使用すれば問題はないのですが、日本産業衛生学会の作業基準には、二酸化塩素の濃度について規定がありません。つまり、どれだけの濃度になれば危険になるかが分からないのです。

基準が定められている、アメリカ合衆国産業衛生専門家会議(ACGIH)の作業基準を参考にすると、作業者が安全に働ける濃度が0.1ppmと規定されています。ちなみに塩素は0.5ppmなので、毒があるといわれている塩素より低い濃度にしないと安全に作業できないと規定されています。

またラットの吸入による急性毒性をあらわすLD50(実験動物の50%が死ぬ濃度)は、塩素が146ppmに対して二酸化塩素が32ppm。この数字は小さいものほど毒性が強くなります。たった32ppmで半数のラットが死んでしまうので、二酸化塩素というのはかなりの毒性があるといえます。

 

クレベリンは独自の技術で安全性に配慮している

クレベリンは、メーカーの情報によると6畳程度の閉鎖空間で二酸化塩素(0.01ppm)により、浮遊ウイルスの一種を180分間で99%除去、浮遊菌の一種を120分間で99%除去することを確認しています。

開封してすぐに濃度が高くならないように、メーカー独自の放出技術が施されているということです。

また、メーカーの資料によると、0.05ppmと0.1ppmにおける毒性試験結果が公表されています。ラットを6カ月間これらの濃度の中に置くと、どうなるかという試験です。どちらも死亡例はなく、他の障害例もありませんでした。

 

クレベリンは注意事項を守って使えば安全な商品なんだね。

塩素臭が不快と感じる人も

二酸化塩素には独特の塩素臭がするため、そのニオイが不快に感じることもあります。

国民生活センターの調査で、そのレベルが0(無臭)から5(今すぐ逃げ出したい)のなかでどれかを尋ね、結果を集計したデータがあります。クレベリンはレベル3以上が40%という結果になっています。つまり、感じ方に個人差があるものの「部屋にいたくない」と思っている人が40%いたということです。

クレベリンを使用するときは、

  • 直接製品に鼻を近づけてニオイを嗅いだり吸い込んだりしない
  • ニオイを感じた時はすぐに換気する。(使用開始から数日は成分が多く出る可能性があるので注意して定期的に換気を心がける)

この2つに注意して使用することをオススメします。

まとめ

クレベリンは、主成分である二酸化塩素がウイルス等を死滅させる事実があっても、ウイルス感染を予防できると明示するための製造販売承認手続きがなされていない雑貨としての商品です。そのため、コロナウイルスに「効果がある!」と断言することは難しいです。

また、二酸化塩素は消毒薬として国内では未認可で、安全性の基準もきちんと定められていません。クレベリンは独自の技術で安全性には配慮されているものの、ニオイが不快と感じたり、健康被害を懸念する声があることも事実です。

今回の調査では、二酸化塩素の可能性を独自に研究し、クレベリンを開発した大幸薬品さんの熱意を感じることができたものの、効果や身体への影響・ニオイの不快感といった点で、不安を100%拭切れたと言えるまでに至らなかったため、オススメ度は★星2つといったところになりました。

コロナウイルス対策には、一つの製品に完全に依存するのではなく、マスクや手洗い・うがいでの予防、生活習慣の見直しをしながら総合的に対策することが必要です。1日でも早いコロナウイルス終息を願うばかりです。