断食すると口臭がきつくなるって本当?ファスティングについてご紹介

  • 2019年12月31日
  • 口臭
  • 0件

ファスティングをご存知ですか?
いわゆるプチ断食のことです。

断食というくらいだから、何も食べない飲まないで過ごすの?

何日続けないといけないの?

口が臭うって本当?

どんな効果があるの?

色々な疑問があるかもしれませんね。
ここではファスティングのやり方や効果などをご紹介していきます。

 

ファスティングとは

週末2日間だけ、あるいは半日から1日などの短い期間
食事を控えるプチ断食。

デトックス効果ダイエット効果があるといわれています。
体内の毒素が排出されやすくなるため、
口臭や体臭がきつくなることもあるそうです。

断食といっても、何も食べない飲まないで過ごすわけではありません。

イスラム教徒のようにおよそ1ヶ月間行われる断食ではないので、きちんと水分補給をしながら行います。

ファスティングは体内のリセットやデトックス効果を
目的としています。

そのため毒素や老廃物が排出されやすくなり、
口臭や体臭がきつくなることもあります。

不健康な生活を送っている人ほど毒素や老廃物を出し切れずに
内臓などに溜め込んでいます。

不健康な生活を送っている人ほど毒素や老廃物を出し切れずに
内臓などに溜め込んでいます。
その分ニオイがきつくなるのですね。

1~2日のプチ断食ではものすごく臭うということは
あまりないようです。

ですが本格的な断食を行うと、3日目くらいから
舌が白くなったり、ニオイのきつい汗や尿が出る、
目やにが出るなど体中の穴という穴から毒素や老廃物が排出されます。

また高血圧の場合、血圧が適正値に戻ることもあります。

断食をすると、食物が体に入ってきません。
食べ物を消化吸収するのには膨大なエネルギーが必要となります。

1日3食しっかり食べた場合、その消化吸収に必要なエネルギーは
フルマラソン1回分に相当します。

そのエネルギーを使って体中の毒素や老廃物を排出するため、
ふだんよりニオイがきつくなったりするのですね。

また消化器官を休めることもでき、体本来の働きを
取り戻せるというわけです。

動物が怪我をしたときあまり食べないでじっとしていますね。
あれは消化吸収のエネルギーを怪我の回復にまわしているのです。

 

ファスティング方法

いきなり2日間ではなく、半日から1日でも効果があります。
体調に合わせて行うといいでしょう。

朝食をジュースだけにする

果物のジュース、特ににんじんとりんご果汁がおすすめです。
胃腸に負担をかけないように、濾して繊維を取り除くといいでしょう。

昼食を味噌汁だけにする

具なしの塩分控えめの味噌汁を飲むことで、適度に
塩分が補給できます。

夕食はおもゆやおかゆにする

食べ物を消化していなかった胃腸に負担をかけないよう、
おもゆやおかゆを少量食べます。

途中で口がさびしいと感じたら、
黒砂糖を口に含むといいでしょう。

白砂糖と違って精製されていないので、
ミネラルやビタミンの補給になります。

また黒砂糖なら血糖値をゆるやかに上昇させることができるので
断食のときにはおすすめです。

ファスティング効果

デトックス効果

ためこんでいた毒素や老廃物が排出されやすくなります。

断食しているから食べ物は入ってきませんが、
いままで溜め込んでいた便が排出され、便秘解消につながります。

また美肌効果もあるそうです。

ダイエット効果

食物からではなく、体内の脂肪からエネルギーを使おうとするので
体重が減少しやすくなります。

消化器官の働きが改善されて、以前より吸収しやすくなります。
そのため体重が増えることもありますが、
これは内臓が正常に働いている結果なので、問題ありません。

その他、脳からエンドルフィンやドーパミンが分泌され
頭がいつもより冴えてきます。

気持ちが前向きになり、免疫力アップ
味覚の改善なども期待できます。

・口臭対策

毒素が出ている間、どうしてもニオイは消しきれません。
ですので断食中はなるべく人と会わないようにするなど
スケジュールを整えるといいですね。

どうしても人と会わなければならないときは
マスクをしたり、マウスウォッシュなどをするといいでしょう。

断食後、毒素や老廃物がすっきり排出された後は、
口臭や体臭が気にならなくなるということもあります。

基本的にいつ初めても大丈夫です。

ただし女性の場合、生理のときはむくんだりだるくなったりと
効果が出にくいため、生理が終わってから次の生理の1週間前くらい
の間に行うといいでしょう。

まとめ

病気のときに、食べないと治らないよ、と言っていたのは
食べるものが少なく栄養不足で病気になった場合の話です。

現代人は食べ過ぎ傾向にあると言われ、
乱れた食生活による生活習慣病がほとんどです。

日ごろ胃腸に負担をかけているな、と自覚のある方は
体調やスケジュールに合わせて試してみては
いかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。