ドライヤーで乾かしてるのに頭皮が臭い!?どうしてニオイがするの!?

う~ん、毎日お風呂にも入ってるし、頭も洗ってる。ドライヤーもかけてるのに、なんかにおう気が・・・。

そう思ったことありませんか?気になって朝もシャンプーしたのに夕方べとつく。友人とご飯の約束してるのに髪の毛がぺったりするし臭う。ただでさえニオイには敏感な私です。楽しくご飯を食べたいのにニオイの心配なんてしたくない!

次また会うときに、また臭ったら迷惑をかけるしクサイ女だと思われてしまう!

それ、もしかしたら洗いすぎかもしれません。

私が実際にニオイがきになった時に、ためして良かったことをお話しします!

 

ニオイの原因

ニオイの原因は主に皮脂が酸化したニオイと皮脂に雑菌が繁殖することで発するガスの臭いです。

皮脂が酸化したニオイも困りますが、雑菌の繁殖で発するガスって・・・怖すぎる!そう思いませんでしたか?

私は思いましたよ!私の頭で、私の見えないところで、振り返っても振り返っても見えない困る!って。

大丈夫です。誰にでも菌は存在するんです。皮膚には外界の病原菌から体を守る「皮膚常在菌」というものが存在して、腸内と同様に善玉菌、悪玉菌がいます。

この悪玉菌は皮脂が大好物。過剰な皮脂があると悪玉菌が増えてそれを分解。その時にニオイのするガスを発生させるというわけです。過剰な皮脂がなければ臭くなりません。

頭皮は特に皮脂腺が多い場所。顔の皮脂が多く出る「Tゾーン」の2倍の皮脂腺があると言われています。なので頭皮は臭くなりやすい場所とも言えますね。

皮脂分泌量は女性よりも男性が多く、女性は10代後半~20代がピークに、男性は20歳前後がピークで分泌量はその後あまり変わりません。

 

皮脂の分泌量は、全身で1日平均1~2gですが、季節や年齢、環境などで変化します。気温が高いと多くなり、低いと少なくなります。思春期から分泌量が増し、20代前半をピークに次第に減少。女性は閉経後にこの傾向が強く、それが肌あれやしわの原因のひとつにもなります。

引用 資生堂watashi+

皮脂が原因のニオイですが、意外と若いほどしやすいという事になりますね。驚きです。

過剰な皮脂

皮脂の分泌量は頭皮ケアの状態や毎日の食事、ストレス、睡眠、気温など様々な要因で変化します。

皮脂が過剰になる原因として

  1. 頭皮の乾燥(洗いすぎ)
  2. ストレス
  3. 食生活の乱れ
  4. 睡眠不足
  5. 運動不足
  6. 紫外線による日焼け

があります。

①頭皮の乾燥(洗いすぎ)

頭皮の洗いすぎは必要な皮脂を頭皮から奪ってしまいます。健康な頭皮は、皮脂と汗が混ざり保護膜(皮脂膜ともいいます)を作って肌を守っています。

必要な皮脂がないと肌は皮脂を「もっと出さなければ!」と判断して皮脂を放出するようになります。洗い流されるのは皮脂だけではありません。善玉常在菌を流してしまうことにもなるので、悪玉菌を抑制するものがなくなることになります。

洗うのは一日一度で十分なんですよ。私も皮脂やニオイが気になって朝晩洗って、夜は2度洗いまでしていました。反省しています。

②ストレス

ストレスはホルモンバランスを崩し皮脂、汗の分泌量が増えることに加えて、体内の活性酸素を増やし、皮脂の酸化が早まることでニオイがきつくなります。

③食生活の乱れ

揚げ物などの脂っこい食べ物はもちろん、お肉などの動物性蛋白質、スナック菓子の摂りすぎは皮脂の分泌量を増大させます。

④睡眠不足

睡眠不足もホルモンバランスを崩す要因です。睡眠不足がストレスになり食生活の乱れにもつながります。注意しましょう!

⑤運動不足

運動をして汗をかくと、その水分が適度な肌の乾燥を防ぎます。汗と皮脂は混ざり合って天然の乳液。激しい運動でなくてもいいので歩く事を心がけましょう。

⑥紫外線による日焼け

紫外線に当たると皮膚の必要な水分を奪ってしまい結果、皮脂の過剰分泌につながることになるのです。

頭皮がきちんと洗えていない

シャンプーの時に頭皮がきちんと洗えていないと、その汚れや皮脂が残り酸化することでニオイを発します。

汚れが残ったお皿やフライパン想像してみてください。雑菌が繁殖しますよね?そういう事です。

すすぎ残しがある

すすぎ残しも問題です。せっかく洗って汚れを包み込んでも、すすぎ残しがあれば肝心の汚れは頭皮に残ったまま。そしてそれがニオイのもとになります。

ブラシが汚れている

意外と見落としがちなのがブラシの汚れ。せっかく綺麗にしてもブラシが汚れていては頭に汚れをつけることに。気を付けましょう。

 

ここで小話:頭皮が臭いと思ったら髪が臭い可能性も?

ドライヤーで乾かした直後は大丈夫でも、翌日昼や夕方臭うという場合は髪が傷んでいることも考えられます。

というのも、頭は「ニオイの収集器」でハイブリッドなニオイを振りまくからです。
何?なんのこと?何のこと話してるの?って思いましたよね?(笑) 大丈夫です。今から説明します。

なぜ頭は「ニオイの収集器」でハイブリッドなニオイを振りまくのかというと、

1.頭髪の外のニオイが付く

髪はニオイを吸着し「頭髪臭」をまとうことになるからです。タバコの煙、車の排ガス、飲食店などで空気中のにおい物質を髪の毛が吸着します。焼肉屋さんや居酒屋さん、揚げ物のある店などに行くと、服にニオイが付きませんか?あれです。

頭髪の外のニオイを吸着する収集器なんです。

2.頭髪の中のニオイを出す

過剰な皮脂やフケによる頭皮臭、皮膚炎などで出るニオイも吸着します。頭髪の内側のニオイを吸着するわけですね。

だから頭は内側と外側両方のニオイを混合して、振りまくことに。頭皮が臭うと思っていたら髪が臭かったというわけです。

でも髪の毛にがっかりすることはありません!髪をきちんと手入れしていればニオイの吸着は減ります。

本来髪はガラスのようにつるつるしているので、ブラッシングをすると表面のニオイはある程度取れます。

なぜニオイが付きやすくなるのかというと、傷んだ髪は表面のキューティクルが傷つき、ささくれた状態に。するとその凹凸にニオイ、ホコリがつきやすくなるというわけです。

シャンプーを適切にしたり、ドライヤーをするときに冷風でキューティクルを閉めるなどポイントを押さえれば痛みは少なくできるので対策もしっかり読んでくださいね。

 

 

対策

原因がある程度わかるとその対策は限られてきます。ちょっとしたコツやポイントを押さえることでニオイを抑えることができるので一緒にやっていきましょう!

シャンプーの正しいやり方

  1. ブラッシング:シャンプーをする前にきちんとブラッシングをしましょう。ブラッシングをすることで頭皮や髪の汚れが浮いて落としやすくなります。
  2. 予洗い:髪や頭皮をお湯で流すことである程度の汚れが落とせます。同時によく濡らすことでシャンプー剤がきちんと行き渡り汚れをキャッチしやすくなり整髪剤もゆるんで取れやすくなります。
  3. シャンプーする:シャンプー剤をそのまま髪や頭皮につけてしまうと広がりにくくなってしまいます。シャンプーは手のひらで軽く泡立てて全体につけましょう。洗う時は頭皮を指の腹で洗いマッサージしましょう。髪についたよごれはマッサージする間に充分泡に包まれてとれるので心配は無用です。
  4. すすぎ:すすぎは重要です。シャンプーでとれた汚れが残っては意味がありません。すすぎはシャンプーにかけた時間と同じか少し長くすすいでください。髪をかきあげるようにして地肌をすすぐことを意識しましょう。
  5. リンス・トリートメント:さっと手に広げて毛先からつけましょう。リンスやトリートメントは髪の保護剤です。地肌につくと皮脂のつまりの原因になります。髪の根元は洗髪後、徐々に出てくる皮脂膜で保護されるので心配いりません。
  6. すすぎ:髪になじませたリンス・トリートメントは十分すすいでも髪の表面に必要な分はなじんで保護してくれています。シャンプー後と同様にしっかりすすいでください。

自分にあったシャンプーを使う

シャンプーには大きく分けて3種類あります。

1.高級アルコール系シャンプー
2.石鹸系シャンプー
3.アミノ酸系シャンプー

それぞれの特徴は

1.高級アルコール系シャンプー

石油系の原料から作られたシャンプー剤ですね。原料であるアルコールの炭素の数が多いという意味で高級アルコール系と言われています。なので高級と言っても値段が高いという意味ではありません。

市販でよく見かけるタイプもこちらかと思います。メリット、パンテーン、ラックス、ダヴなどがこちらの種類に分類されます。

メリットとしては泡立ちが良い、安価、汚れをしっかり落とす(洗浄力が強い)といった特徴があげられます。あまり知られていませんが洗浄力はとても強いのでその洗浄力は「台所洗剤なみ」とも言われています。

成分に「ラウリル硫酸ナトリウム」、「ラウレス硫酸ナトリウム」など○○硫酸が入っているものがここに分類されます。

2.石鹸系シャンプー

石鹸成分でできたシャンプーですね。個人的にはあまりおすすめしません。

石油系は多くの添加物が入っているのでさらさらになりやすいのですが、石鹸系は入っていないことが多くさっぱり洗いあがる一方、使用感が良くないと感じる人も多いです。アルカリ性で髪がきしむので、クエン酸リンスで中和する必要があります。

それぞれに専用のリンスがあるので使う石鹸シャンプーに合ったリンスを使いましょう。

シャンプー後はしっかりすすぐ事を怠らないでください。すすぎがきちんとできていないとべたつきが発生します。その原因は石鹸カス。髪がアルカリ成分できしんでしまうのですが、すすぎをやめてしまわないでしっかりすすぐ事がポイントです。

他のシャンプーでは成分にかぶれてしまう人もいるので、その場合にはおすすめしたいと思います。使用感よりアレルギーの方が重要ですから。

3.アミノ酸系シャンプー

私が一番おすすめするのはこのタイプです。1,2に比べて刺激が弱く髪や地肌にやさしい。というのも人間の髪や肌は同じアミノ酸で構成されています。それでこのタイプは敏感肌でも使えるわけです。

刺激が少ないから刺激で引き起こされるフケやかゆみを軽減できます。ダメージどころかシャンプーに含まれるアミノ酸が髪に浸透、修復効果も期待できます。

デメリットとしては、石油系・石鹸系より洗浄力が弱いので泡立ちが悪く感じるかもしれません。

成分に「〇〇メチルアラニン〇〇」、「ココイル〇〇」が入っているものになります。

市販のものだと、いち髪、ジュレームアミノ、ミノン、アミノメイソン、ボタニストなどがあげられます。

市販で気を付けたいのが「アミノ酸配合」です。アミノ酸配合とだけ書かれていて、実はアルコール系シャンプーにアミノ酸を入れただけの物もあるので注意が必要です。

スカルプケアを自宅で行う

ニオイが気になった時に利用したいのが美容室のヘッドスパですが、自宅でできるスカルプケアもあります。

手軽にできる自宅のスカルプケアを紹介しますね。

美容室でのヘッドスパは頭皮のマッサージに加えて炭酸水での洗浄を行ってくれます。炭酸水での洗髪は自宅ですることは難しいですが、炭酸を加えたシャンプーで洗う事で簡単なスカルプケアができます

炭酸の泡が地肌の汚れを浮かして同時に血行の促進にもなります。炭酸水は肌につけると肌表面の血流量が増えて血行が良くなる効果があるのでシャンプーに加わっていれば一石二鳥ですね。

良かったら自宅でのスカルプケアも取り入れてみてください。価格と使用感でおすすめだったのは「ナプラ インプライム ソーダシャンプー」。炭酸の細かい泡と優しい洗浄成分、保湿効果でしっとり落ち着いた地肌になるのを感じます。

 

ナプラ インプライム ソーダシャンプー

引用 Amazon

 

あと、私が実際使っている頭皮ケア用シャンプーでおすすめなのはコレ!

引用     Amazon

 

美髪にしてくれる効果も高いんです。

是非試してみてくださいね。

ドライヤーできちんと乾かす

洗髪後はなるべく早く髪を乾かしましょう。髪が濡れていると髪が傷みやすいという事もありますが、濡れたままにしておくと雑菌が繁殖します。

洗濯ものを洗濯して20分も30分もそのままにしている事を想像してください。干したあと生乾きのニオイがするのは洗った衣類を濡れたままに放置する事と言われています。濡れたまま重なった衣類は雑菌が繁殖するので、早めに新鮮な空気に触れさせ干すことが勧められています。

髪もおなじで濡れたままタオルをターバン状にしているのをドラマでも見かけますが、あれはよくないですよ!

洗濯ものと違って頭は皮脂や汗を出します。洗濯物よりも状況は悪くなるんです。ここまで読まれたあなたならわかりますよね?なのでなるべく早く乾かしましょう!もちろん濡れたまま寝るのはいけませんね?

ドライヤーをかける時のポイント

●髪が濡れているはじめは全体に大雑把に温風をあてる
●同じ位置にあてると髪が痛むのでこまめに動かす
●内側を乾かす時は根元から5~6センチあたりをねらって乾かすと効率が良い
●8分目ほど乾いたら送風で乾かします。熱で開いたキューティクルが冷やされてキュッとしまります。
●最後まで完全に乾かす

これで髪が傷んでニオイを吸着しやすくなるということもありませんし、頭皮も清潔に保たれます。

頭皮をマッサージする

乾かしたあと軽くマッサージをすると適度な汗と皮脂が出ることで素早く皮脂膜が作られます。皮脂膜は天然の乳液でしたね。皮脂膜ができれば頭皮の乾燥を防いで余分な皮脂の分泌も防げます。1分でいいので軽くマッサージしましょう!

生活習慣を見直す

まず睡眠をきちんととる、食事バランスに気を付けて暴飲暴食をしない、ストレスを溜めこまない、などできることからやっていきましょう。できれば軽い運動も取り入れると最高です。

生活習慣や睡眠不足の影響などこちらの記事に詳しく書かせていただいたので良かったらこちらも参考にしてくださいね。

関連記事

  頭皮にかさぶたが出来てしまって困ったことはありませんか? 私もできたことがあって、それがきになると指でかさぶたを触っているうちにとってしまうこともありました。 同じ部分でそれを繰り返すと、かさぶたと一緒に毛を[…]

 

●まとめ

いかがだったでしょうか?ドライヤーをしていても髪や頭皮が臭ってしまうことがあることはわかっていただけたかと思います。

頭皮のニオイの原因は、

  • 過剰な皮脂
  • 頭皮が洗えていない、すすげていない
  • ブラシが汚れている

がありましたね?そして過剰な皮脂の理由

  • 頭皮の洗い過ぎや乾燥
  • ストレス、食生活の乱れ
  • 睡眠不足、運動不足
  • 紫外線による日焼け

じゃあ過剰な皮脂を防ぐにはどうしたらいいかというと

  • シャンプーを正しく行う
  • 自分に合うシャンプーを使う
  • スカルプケアを自宅で行う
  • ドライヤーで完全に乾かす
  • 頭皮をマッサージする
  • 生活や食習慣を見直す

でしたね!あとは、頭皮ではなく髪がニオイの元になっている場合もあります。

でも、日常生活でポイントを押さえれば何度も洗ったり、悩んだりしなくていいんですよ!

そしてたまに自宅でヘッドスパをすれば頭皮もすっきりして気持ちよくすごせます!ぜひ一度試してみてくださいね!

それではまた!