ハーシーズのキスチョコが臭いって本当?チョコの好みは人それぞれ

  • 2020年1月14日
  • 匂い
  • 0件

みなさん、チョコレートはお好きですか?
私は甘いもの、特にチョコレートが大好きです。

気分転換にもなるし、ちょっと小腹がすいたときのために、
バッグやポケットにしのばせてあるくらいです。

先日、友達からキスチョコをもらいました。

うれしくなって家で食べてみたのですが、
なんだかとても独特な匂いがするのです。

それはHERSHEY’S、ハーシーズというメーカーのチョコレートでした。

                (引用元 楽天市場ハーシーズキスチョコ

匂いが気になるのは自分だけなのかどうか、
ネットで色々調べてみました。

ここではハーシーズのチョコレートなど、
チョコレートについてご紹介します。

ハーシーズのチョコレートとは

ハーシーズとは、アメリカ最大手のチョコレート製造会社で、
正式にはザ・ハーシー・カンパニーといいます。

アメリカ、ペンシルバニア州生まれの菓子職人が、
キャラメルにかけるチョコレートを製造する会社を設立。

これが現在のザ・ハーシー・カンパニーです。

アメリカでもっとも古いチョコレート製造会社で、日本にも
ハーシージャパンが設立されているそうです。

大量生産のためにココアの量を減らし、糖類を多く混合させているため、
甘みが強いのが特徴です。

どんな匂いがする?

ココアを減らしているせいか、ココアの香りは少なく

期限切れの牛乳の匂い

排泄物のニオイ

薬品のような匂い

という、あまりうれしくないニオイのようです。

ハーシーズのチョコレートを食べた感想

ものすごく好みが分かれました。

これぞアメリカのチョコ!って感じでくせになる
キスチョコは小さくて食べやすいし、
この独特の匂いも好き
ミルク感満載でハマる
クセがなくて食べやすい。キスチョコはまとめ買いする

といった肯定的なご意見から、

まがいものだ。ヨーロッパ伝統のレシピの複雑な工程で作ったチョコじゃない
違う国のキスチョコを試してほしい
深みがない
キスチョコが好きで買ったけれど、原産国が中国になっていて不安になった
ヨーロッパのチョコを食べたあとでは無理。
日本のキスチョコより溶けやすい気がする

という意見までさまざまです。

ご存知の方も多いと思いますが、戦後アメリカの占領下にあった日本で
アメリカ兵に「ギブミーチョコレート」
というとチョコレートやお菓子をもらえるということがありました。

そのチョコレートはハーシーズのチョコレートだったといいます。

日本ではいつからチョコレートを食べていた?

日本でチョコレートが販売されるようになったのは
明治時代。

東京の「風月堂」というお店がヨーロッパの菓子職人を招き、
チョコレートを製造するようになったそうです。

この頃はまだまだ高級品で、一般庶民にはなかなか
手が出せなかったようですね。

大正時代になるとチョコレート製造がさかんになり
一般に普及し始めたそうです。

当時のチョコレートは
貯古齢糖(ちょこれいと)
と表示してあったといいます。

現在のチョコレートと味はどう違うのか、
食べ比べしてみたい気がします。

海外のチョコレート

人気がある海外のチョコレートにはどんな特徴があるのでしょうか。

ベルギー
ミルクとカカオが程よいバランスで、食べやすい。
チョコレート製造国の中では一番有名です。

フランス
カカオの含有量が多めのものが多く、深い味わい。
どちらかというとビターな味わい。

製菓用チョコレートで有名な製造会社があり、パティシエが
好んで使用するそうです。

みなさんもどこかで一度は口にしているかもしれませんね。

スイス
濃厚な味わいのものが多い。
口溶けが滑らかという特徴があります。

ドイツ
チョコレートのブランドが多く、ライバル会社と味や新商品で
競っているからか、はずれが少なくレベルが高い。

このほか、オーストラリア、スペイン、スウェーデン、イタリアなど
世界各国のチョコレートがあります。

海外のチョコレートにはこんなものが!

海外から輸入されたチョコレートや、現地で購入したチョコレートの中には、
とんでもないものもあります。

虫がはいっている

明らかにチョコレートではない何かが混じっている

かびている

とうがらしがはいっている

高級チョコレートならば、これらの心配はないと思います。

現地のスーパーなどでちょっと買う、というような場合は
気をつけるといいかもしれませんね。

まとめ

今では日本にいながらにして、世界中の食べ物や飲み物を
手に入れることが可能になっています。

中には珍しい味のものや、日本人の好みには
合わなかったりするものもありますね。

チョコレートも同じで、好みは人それぞれわかれますが、
色々なチョコレートを試してみるのもおもしろいかもしれません。

ただし、くれぐれも食べすぎには注意しましょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました。