女性特有の匂いとは?若い女性の甘い香りはラクトンによるものだった!

  • 2019年12月22日
  • 匂い
  • 0件

あなたは、女性の匂いとはどんな匂いだと思いますか?

香水、シャンプーの匂い、化粧品の匂い、それとも体臭でしょうか。

私は子供のころ、普段メイクをしない母親が外出のときだけ
違う匂いになるのが不思議でした。
そして姉の匂いとも違うな、と思っていました。

同じ女性でも年齢によって匂いが違うというのは
なんとなく感じていたので、女性の匂いについて
色々調べてみました。

 

女性の体臭にはラクトンが関係している

ラクトンとは

ラクトンという成分をご存知ですか?
これはもともと女性がもっている、甘い香り成分です。

男性の体に一切含まれていないかどうかは、現時点では不明ですが、明らかに男性と女性では体臭の変化のメカニズムが異なっています。

ラクトンにはピーチのような香りのラクトンC10と、ココナッツのような香りのラクトンC11があります。
そのためピーチのようなココナッツのような甘い香り成分、といわれます。

このラクトンは年齢とともに減少することがわかっています。
20代後半以降から減少しはじめ、30代以降では激減します。
そのため35歳が曲がり角と呼ばれています。

20代女性の特徴的な甘い香りは、このラクトンによるものなのです。

女性の加齢にともなう匂いの変化

女性にも、男性と同じニオイ成分ノネナールがありますが、男性ほど分泌されるわけではないので、それほどきついニオイにはなりません。

ところが、甘い香り成分ラクトンの減少によって、女性の体臭は加齢とともに変化してしまうのです。

ラクトン配合のボディソープ!?

年齢とともに減少してしまうラクトン。
この甘い香り成分を配合したボディソープがあります。

引用元 ロート商品情報

ロート製薬から発売されている、デオコというボディソープ。

ラクトン成分配合で、使うと桃やココナッツのような甘い香りがするとか。

女性用ボディソープとして売り出されたこの商品ですが、なんとおじさんまで愛用、品切れ続出でロート製薬も困惑しているとか。
売り上げが4倍にまで伸びたというのですから驚きです!

そして、この甘い香りをまとったおじさんを、
デオコおじさんとかおじさん女子高生と呼ぶそうです。

甘い香りのおじさんってちょっと想像つかないですよね。

男性の加齢臭はノネナールの増加によるものが主な原因です。

ちなみに古くなったビールからは厚紙のようなニオイがするといいますが、この主な原因物質もノネナールです。

ラクトンは配合されていませんが加齢臭対策なら会社の上司が使っているこちらの消臭力抜群のボディシャンプーもおすすめですよ。

エイジングケアボディーシャンプー【AGICA(アジカ)】
5

AGICA(アジカ)

男性向け加齢臭・ミドル脂臭対策ソープ!
4236パターンの失敗から、開発に成功!圧倒的な消臭率『加齢臭99.880%除去』『ミドル脂臭99.931%除去』を達成!!<特許申請中>
無期限の全額返金保証も実施!
以前は「激しい加齢臭・ミドル脂臭」のせいで曇った爽やかイケメンスマイルK課長でしたが、今ではAGICA(アジカ)のおかげでキラキラ爽やかスマイルです。
やっぱりニオイの印象って大事ですね!

いい香りは好感度アップ?

ラクトン配合の香りと、ラクトンを含まない香りを使った実験では、女性らしさ若々しさ魅力度アップなどの項目でラクトン配合のほうが圧倒的にプラス評価だったそうです。

また、香りによって印象が変わるという実験結果も出ています。

男性が女性に対し、甘い香りで好感度が上がるといいます。
恋愛においても、このいい香りというのは重要なんですね。

男性が感じる女性のにおい

男性が女性に対して感じるいいにおいとは、シャンプーや香水、ボディクリームなどの香りに体臭がブレンドされたにおいであるといいます。

香りに気をつけるだけで、好感度も違ってきますね。

逆に一番敬遠されるのはタバコのニオイだそうです。

ラクトンを増やすには

甘い香りによって好感度がアップしたり、体臭の対策にも効果的なラクトンですが、年齢とともに減少してしまいます。

ではラクトンを増やすにはどうしたらいいでしょうか。

ラクトンを含む食品で補充する

ラクトンは桃や杏、また微量ですが乳製品に含まれています。
ですので、食べ物で補うこともできます。

桃の場合、常温で数日おいて熟したもののほうが
ラクトンが多いそうです。
でも桃ばっかり食べていてはバランスが悪くなりますね。

バターや牛乳、チーズなどの乳製品も、カロリーや糖質の取りすぎになることもあるので、気をつけましょう。

体の酸化をふせぐには抗酸化食品

ラクトンというのは、酸化しやすい性質をもっています。
体が酸化しやすければ、どんなに食べ物でラクトンを補充しても効果がありません。

酸化をふせぐためには、アンチエイジング効果のある、抗酸化食品がおすすめです。

ビタミンC

パプリカやブロッコリーなどの緑黄色野菜、
いごやキウイフルーツなどの果物。
水溶性なので、なるべく生で食べるといいです。

ビタミンE

植物油やひまわり油、やし油、種実類ではごまやアーモンドに含まれています。

ポリフェノール類

プルーンやりんごなどの果物、赤ワインに含まれています。
果物の場合は皮に多く含まれるので、なるべく皮ごと食べるといいでしょう。

カロテノイド

あまり聞きなれない名前かもしれませんが、これは緑黄色野菜や果物の、赤・黄・オレンジ色の色素成分です。

パプリカやトマト、ほうれんそうなどに含まれています。
カロテノイドは油溶性なので、油を使った調理法で食べると体内に吸収されやすくなります。

 

まとめ

若い女性の甘い香りを身にまといたいのは、女性に限らず男性も同じなのかもしれません。

加齢臭などに対し、洗浄することでニオイを落とすだけではなくラクトンの甘い香りをプラスすることも効果がありそうです。

今後はボディソープにとどまらず、ラクトン配合の商品が増えるかもしれません。

まわりからクサイと思われるよりも、いい匂いと思われたいですよね。

食品によって体の中のラクトンを増やすなら、体を抗酸化体質にして、健康的な生活を送るのが一番の近道です。

最後までお読みいただきありがとうございました。