加齢臭やミドル脂臭を食べ物で防げるって本当?臭いの原因もご紹介

息を吸ってー、吐いてー。あ、どうも。昔の運動ゲームに入っているヨガを再び始めたさやかです。体幹がぶれぶれなせいでポーズが安定しません。

そういえば先日勤め先で飲み会があって、滅多に出席しない上司も来ていました。上司の隣に座ったとき、あの独特の臭い、加齢臭が。
そのせいか上司の隣に座る人は入れ替わりが激しかったのを覚えています。正直に言うと私もすぐに席を替わってしまいました。

そんなことがあり、ふと加齢臭に悩んでいる中高年の方もいらっしゃるかと(勝手に)思ったので、今回は加齢臭についてご説明します。なんと加齢臭を防いでくれる食べ物もあるそうですよ。

 

加齢臭ってなに?

加齢臭とは人が年齢を重ねるにつれて出てくるようになる、中高年特有の体臭のことです。ちなみにこの加齢臭、男性特有というわけではありません。

なぜ加齢臭がするのでしょうか。それは皮脂腺のある現象が原因なのです。
皮膚のうるおいを保つために皮脂を出しているのが皮脂腺です。その皮脂腺は年齢を重ねると脂肪酸のほかに、過酸化脂質が増えてきます。

補足 過酸化脂質とは
中性脂肪やコレステロールなどの脂質が酸化したもののこと

過酸化脂質と脂肪酸が結びつき、分解、酸化されることで加齢臭の原因となる臭い物質ができるのです。

 

加齢臭よりきつい臭い、それがミドル脂臭

実は最近の研究で第3の体臭と呼ばれる臭いが発見されました。それがミドル脂臭です。つわり臭とも呼ばれます。

臭いは加齢臭よりも強く、30~40代の男性から発生します。
臭いが出るのは後頭部から首筋の後ろ側に駆けて。皮膚のブドウ球菌が、汗の乳酸菌結びつくと臭います。

臭いは使い古した油に似たもので、女性は気づきやすくしかも不快に感じるそうです。

実は体臭の変化を感じるのは30~40代から。ミドル脂臭を発生させる臭い物質が増えてしまうことが原因とされています。そしてミドル脂臭の臭い物質の発生量のピークは30代後半~40代後半。男性は常に臭いに悩む可能性に、脅かされているということになります。

以下の記事も参考になさってください。

関連記事

旦那の後頭部くさっ。   結婚して15年目。旦那と触れ合う機会もめっきり少なくなった頃。 ふとした瞬間に、お気に入りのタオルがなんだか臭い。 どこかで嗅いだことのある匂いだけど、どこで嗅いだか思い出せない。[…]

 

加齢臭、ミドル脂臭を減らす、抑えるためには?

加齢臭の原因は過酸化脂質と脂肪酸が結びついて酸化、分解することで発生する臭い物質、ということは先述した通りです。

過酸化脂質の量を減らせば、つまり酸化することを抑えれば加齢臭の発生を防ぐことができるということになります。どのような方法があるかご紹介いたします。

脂質の摂取を控える

肉の中には加齢臭の素になる脂肪酸がたくさん含まれています。そのため野菜を食べずに肉食ばかり続けていると加齢臭が強くなってしまいます。

ビタミンC、ビタミンEを含む野菜、果物をとる

ビタミンC、ビタミンEには抗酸化(体の酸化を防ぐ)作用があります。酸化を防ぐことができると、加齢臭の臭い物質ができるのを防ぐことができます。

・パセリ
・ブロッコリー
・ししとう
・トマト
・イチゴ
・オレンジ
・レモン
・グレープフルーツ
・みかん
・甘がき
など

ビタミンCは人の体内で作ることができず、貯めておくこともできません。そのため朝、昼、夜にこまめに摂取する必要があります。

・アスパラガス
・アボカド
・かぼちゃ
・さつまいも
・キウイ
・ブルーベリー
・プルーン
など

ビタミンEを含む食べ物はほかにもあります。魚介類ではウナギ、鮭、鯖、秋刀魚、ブリ、ホタテなどがあります。そのほかにも玄米、麦芽米、アーモンド、菜種油もビタミンEが含まれています。

抗酸化物質が含まれている飲みものを飲む

抗酸化作用が加齢臭にいいのは先程述べた通りです。食べ物だけでは摂取するのは難しいかと思います。それならば飲みもので取り入れてみるのはいかがでしょう。

抗酸化作用のある飲みものは緑茶ワインがあります。ただしワインはお酒ですので、

飲みすぎにはご注意を。お酒を飲みすぎると体臭の原因にもなります。

 

日常生活で気をつけること

加齢臭、ミドル脂臭が出ている場合日常生活でも気をつけたほうがいいことがいくつかあります。

食事の内容に気をつける

野菜のない肉中心の生活をしていると加齢臭やミドル脂臭が強くなってしまいます。野菜をしっかりと食べて、バランスのいい食事を心がける必要が出てきます。

とくに和食がおすすめです。脂質が少なくバランスよく食べることができます。

シャワーや入浴

朝夕のシャワーや入浴のときに余分な皮脂や汗を洗い流して、清潔に保ちましょう。
加齢臭が出てくるのは頭、胸元、脇のほかにも、耳や首の後ろ、背中です。

これらの場所、特に自身の鼻で確認できない背中は念入りに洗いましょう。

汗をこまめに拭き取る

皮脂もいっしょに拭き取ることによって、雑菌が繁殖するのを防ぐことができます。雑菌の繁殖を防ぐことで加齢臭だけでなく、ほかの体臭も防ぐことができます。

こまめにクリーニングに出す

加齢臭はとても強く、意外にも衣類に残ります。どれだけ体をきれいにしていても、洗っていないスーツなどを着続けていると意味がありません。

そのためこまめにクリーニングに出す必要があります。なぜ洗濯ではなくクリーニングなのかというと、通常の洗濯では臭いがとれにくい場合があるからです。

ストレスを溜めない

加齢臭やミドル脂臭もストレスのせいで強まることがあります。それはストレスによって血管中のコレステロール、皮脂腺から出る脂肪酸が増えるからです。これらが増えるということは、加齢臭の元が増えるということになります。

また自身の加齢臭やミドル脂臭を気にしすぎると、そのこともストレスになってしまいます。あまり自身の臭いを気にしすぎないことも大切なのです。

運動をする

(私を含めて)現代人は運動量が少ないと言われています。運動不足になると汗腺の働きが衰えてしまいます。

体自体にも脂肪が溜まってしまいます。体に脂肪が溜まるということは脂肪酸の量も増えるということになります。すると加齢臭が発生しやすくなります。適度に運動すると代謝がよくなります。体に溜まる脂肪も少なくなるので加齢臭の元も減ります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。加齢臭だけでなく近頃はミドル脂臭というものも発見されていたのは驚きでした。人間は臭いの問題から離れられないのですね……。

・ビタミンC、ビタミンEが含まれた食べ物を食べる
・抗酸化物質が含まれた飲み物を飲む
・脂質の量を減らす
・シャワー、入浴時に加齢臭が出るところをしっかり洗う
・ストレスを溜めない
・運動をする

汗腺を鍛えるために私はもう少しヨガを頑張りたいと思います。え、ま、そのポーズは無理じゃないかな、いやいやできないって。あだだだだ。