風邪のあと臭いニオイがする?それは副鼻腔炎かもしれません!

こんにちは、さやかです。

最近風邪をひいてしまって、熱は下がったのですが鼻の調子がまだ悪くて変なニオイがするんです。何かに集中していればあまり気にならないのですが、ふとした瞬間に「うわ…臭い」と変なニオイを感じます。

しかも鼻もつまっていて、仕事にも集中できません。

どうにかできないかと思い、調べてみたら「副鼻腔炎」という言葉がヒットしたので、詳しく調べてみました。もし私と同じ症状でお悩みでしたら参考にしてみてください。

 

副鼻腔炎(ふくびくうえん)とは?

null
さやか
副鼻腔炎には2つあるのね

急性副鼻腔炎

通常、風邪などの急性の鼻炎に引き続いてなります。人によって違いますが、「鼻水がのどに流れ込む」とか「顔面が痛い」「変なニオイがする」などの症状がみられます。

どろっとした黄色っぽい膿(うみ)が、鼻水に混ざって排出されるようになります。黄色っぽい鼻水が緑っぽい色に変化する時は、炎症が悪化している可能性があり、より臭う場合もあります。

さやか
確かに、膿って臭うよね。鼻から出てたらそりゃ臭うわ。私もこれかもしれないわね。

慢性副鼻腔炎

いわゆる「蓄膿症(ちくのうしょう)」と呼ばれるもので、きっかけは上記の急性副鼻腔炎の状態が長引くと発症します。

昔は青っぱなを鼻から出した子どもが多かったそうですが、この「青っぱな」こそ蓄膿症の症状による膿だそうです!

さやか
たまに漫画とか小説に出てくるよね、青っぱな垂らした子。そっか〜蓄膿症だったのかぁ。

 

副鼻腔炎の原因

副鼻腔炎にかかる原因としては、下記が挙げられます。

  • 風邪
  • 花粉、ハウスダスト
  • かび

風邪以外の原因については、鼻から副鼻腔にまで侵入し、炎症を起こして鼻水が臭う場合もあります。

さやか
そういえば職場の後輩が花粉症の時期に顔が痛いって言ってたけど、あの子も副鼻腔炎だったのかもしれないわね。

 

副鼻腔炎を出すには膿を出すことが大切

副鼻腔炎は、

  1. 副鼻腔に炎症が起こる
  2. 膿がたまる
  3. さらに炎症が起こる

という悪循環を繰り返して症状がひどくなっていきます。

さやか
私の鼻の中でこんなことが起きているのか…どうしたらいいんだろう?

どうやったらこの悪循環を断ち切ることができるのか?と言いますと、『まずは膿を出すことが重要』です。

副鼻腔内に膿がある限り、その膿自体が炎症を引き起こしてしまうからです。副鼻腔炎を改善するためには、きちんと膿を出して炎症を抑える必要があるのです。

 

風邪薬や鼻炎薬には膿を出す効果はない!

さやか
鼻水が出てるし、とりあえず鼻炎の薬とかじゃダメかなぁ

 

結論から言うと、効果はないそうです。

なぜなら副鼻腔炎は、『溜まった膿を出さないと改善できない』からです。

多くの風邪薬や鼻炎薬は「体のアレルギー反応を抑える」というアプローチで鼻の症状を改善するもので「膿を出す効果はない」からです。

さやか
なるほどねぇ〜確かに、適切な薬を選ばないと意味はないよね。あ!膿を出す効果がある市販薬もあるみたい。

引用:Amazon

鼻づまり、蓄膿症、副鼻腔炎、慢性鼻炎を改善する内服薬。
9種類の生薬で構成された漢方薬「辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)」の働きで、鼻の奥の炎症を鎮めながら膿(うみ)を排出して、呼吸を楽にしてくれます。
1日2回の服用。眠くなる成分を含みません。

引用:小林製薬

さやか

鼻炎薬は眠くなるものが多いって聞くけど、チクナインは眠くならないんだね!仕事中に眠くなることがないのは助かるなぁ

 

病院は何科を受診するのか

さやか
うーん、とは言っても本当に副鼻腔炎なのかわからないから、病院へ行こうかなぁ。

耳鼻咽喉科を受診しましょう!

風邪の後ならば急性副鼻腔炎を発症しているかもしれません。また、『夜寝るときに鼻が詰まって息をするのが苦しい』だとか、『常に鼻をすすっている』という場合は慢性副鼻腔炎が疑われます。

風邪の場合は内科などへ行く方も多いかと思いますが、鼻・のどの症状の場合、耳鼻咽喉科を受診するといいでしょう。耳鼻咽喉科であれば、鼻水の吸引、ネブライザーの吸入などで患部を直接治療できます。

風邪から副鼻腔炎や中耳炎を引き起こす場合もあるので、むしろ耳鼻咽喉科で治療を受けたほうがいいでしょう。

一方で、ひどい咳や高熱が続く場合、腹痛や下痢などの症状がひどい場合は内科の受診を勧めます。

さやか
そういえば、お子さんがいる先輩が「子どもが風邪をひいたから耳鼻科に連れて行く」って言ってたなぁ〜。あの時は「なんで?」って思ったけど、症状によっては耳鼻科に行くといいのね

さっそく耳鼻科に行ってきま〜す。

 

予防方法は?

さやか
耳鼻科行ったら、やっぱり急性の副鼻腔炎だった〜

鼻水を吸ってもらったりして少しスッキリしたし、薬ももらったからこれで治っていくでしょう!とはいえ、今後風邪を引くたびに副鼻腔炎になるかもしれないので、耳鼻科の先生に予防方法を質問してきました!

鼻をかみましょう!

鼻水をためたままにすると細菌が繁殖し、副鼻腔炎の原因になりますから、こまめに鼻をかむように心がけましょう。

でも、鼻をかみすぎると鼻の下がヒリヒリしたり、鼻の頭の皮がめくれたりすることはありませんか?そんな時は鼻をかむ前後に鼻の周りにワセリンを塗ってあげると多少保護することができます。

ワセリンを塗った部分にティッシュがくっついてしまいますが、ヒリヒリしたり皮が剥けることを避けたいのであれば、おすすめの方法です。

風邪をひかない!

全身が弱くなると代謝も抵抗力も落ちて、感染しやすい状態になります。月並みなことを言いますが、

  • バランス良く栄養をとる
  • 十分に睡眠や休養をとる
  • ストレスを溜めない

などの健康的な生活をするのが一番の予防なんですね。

それでも風邪をひいてしまったら、こまめに鼻をかむことに加え、

  • こまめに水分をとる
  • よく寝る
  • 消化のいい食べ物を食べる

ことを心がけて、風邪をこじらせないようにしましょう。

慢性副鼻腔炎になると炎症のせいで鼻の粘膜の一部が膨らんで「きのこ」のように出てくることがあります。これを鼻茸(はなたけ)といい、鼻腔(びくう)を塞いでしまうことがあります。

そもそも、鼻腔に通じる孔の通気が悪いと慢性副鼻腔炎になりやすく、そこにはなたけができるとさらに通りが悪くなって症状が悪化する、という悪循環に陥ってしまいます。

なので、けっして放置せずに通院・治療を続けていきましょう!

 

後日談

耳鼻咽喉科でもらった薬を飲み続け、こまめに鼻をかんでできる限り健康的に過ごしていたら、鼻もよく通るようになって、臭いニオイもしなくなりました!

もし風邪をひいた後、臭いニオイがするようなら、あなたも副鼻腔炎かもしれません。慢性副鼻腔炎にな前に、耳鼻咽喉科を受診してみてくださいね。