結婚式前に脱毛やエステに行くときの注意点は?花嫁のお悩み解決!

ジャブ、ジャブ、右ダッキング。あ、どうも。ボクササイズも新たな動作が出てきて、混乱しております、さやかです。

私事なのですが、近々結婚を控えておりまして。え、おめでとうって。あ、どうもどうも、ありがとうございます。
結婚式の打ち合わせのときに、実はエステを勧められまして。実はどうしようか迷っています。

いや、したほうがいいとは思うんですけれど、いまいち必要なのかわからなくて。
よし、とことん調べてから決めよう、そうしよう。ということで、今回は(私の都合で)結婚式のときの脱毛やエステについて、調べようと思います。

 

ウエディングドレスを着たときに気になるところって?

ウエディングドレスを着たときに、皆の視線が集まりやすいところとは、一体どこなのでしょうか。

実は以下のようなところなのです。

・背中
・腕、脇
・指
・うなじ
・顔

それぞれの場所ごとにどのような場面で見られるか、ご説明したいと思います。

背中

自分では見ることができないので、盲点になる場所です。周りが暗い状態でスポットライトが当たると、背中の産毛が光って意外と目立ちます。
自分で処理ができないところなので、プロの方に任せたほうが確実かと思われます。

腕、脇

ウエディングドレスが半そでやノースリーブなら、処理するのがおすすめです。そこで出てくる問題があります。それは永久脱毛をするかどうか。

永久脱毛をするにはレーザー脱毛の場合2、3ケ月ごとに5~6回に分けて施術を受ける必要があります。そのため最低でも1年かかります。もちろん自己処理が楽になりますが、時間がかかることが難点です。

ほかにもこんな女性がいらっしゃるかもしれません。脇を自己流で処理していたせいで、黒ずんでしまっている。そんな場合はまず、自己流で脇の処理をするのをやめましょう。そしてブライダルエステのホワイトニングコースなどを検討されてはいかがでしょうか。

ほかにも体の毛を剃ってもらえる、ブライダルシェービングがあります。しかし、ブライダルシェービングは、脇の施術が入っていないのが一般的なので、脇の施術はまた別に考える必要が出てきます。

手の甲、指

実は意外と見られているのが手の甲や指。特に見られる相手は新郎でしょう。指輪交換のときに、わさわさの指を見られると思うと、手袋を外したくなくなりますよね。

細かいところですけれど、しっかりとケアしましょう。私も気をつけようっと。

うなじ

髪の毛をアップにするなら必須です。ドレスだけでなく和装の結婚式でも油断大敵です。

素人ではきれいにうなじの形に仕上げるのは難しいので、ブライダルシェービングか理容室行って、プロの方にお願いしましょう。見えないところをカミソリで剃るのも、怖いですしね。

顔の産毛を処理すると、化粧のノリがよくなります。けれど自分で処理するのは、あまりおすすめできません。

それは顔がとてもデリケートなところだからです。傷がついたり、赤くなったりすると大変なので、ブライダルシェービング、理髪店に行くのがベターでしょう。

 

ブライダルの脱毛やシェービングはいつから通えばいい?

体のムダ毛を処理しようと思って、ブライダル脱毛やシェービングに行くにしても、どれくらい前に行けばいいか、わかりませんよね。

あまり早いと毛が生えてきてしまうし、近すぎると肌が赤くなったときに困る。そのためここでは、どれくらい前からブライダル脱毛やシェービングに通えばいいかご説明したいと思います。

ブライダル脱毛の場合

脱毛の場合、施術の種類に関わらず、挙式の1ケ月以内は施術不可能としているブライダルサロンが多いです。

脱毛は時間がかかる施術がほとんどです。そのため、1年~半年前にはブライダルサロンの検討をおすすめします。早めにブライダルサロンに相談して決めましょう。

脱毛方法の特徴や予算も一緒にご紹介するので、参考になれば幸いです。

脱毛クリニックの医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とは、医者が常駐している中で行なわれるレーザー脱毛です。使用する脱毛の機械がエステサロンとは異なります。

それは医療レーザーを行なえるクリニックは、医師が常にいるため、強力なレーザー機器を扱っていいと国から許可が下りているからです。医療レーザー脱毛はやり終えるまでの価格で考えると、サロンの脱毛より安くすむ場合があります。

それはサロンの脱毛は1回の値段が安くても、レーザー機器のパワーが弱いので回数がかかってしまうからです。医療レーザー脱毛のほうが機械のパワーが強いので、結果としてサロンより回数が少なくすむのです。

医療レーザー脱毛は1週間~2週間でレーザーに反応した毛だけが抜けます。しかし1回で施術が終わるわけではなく、半年以上通う必要があります。
予算は10~数十万かかります。

医療機関やエステサロンのニードル脱毛

ニードル脱毛は電気針を使って毛穴から直接毛根を焼いて、脱毛するやり方です。

ムダ毛を1本ずつ処理していくので、1回の施術時間が長くなってしまいます。1回施術を受けると1~2週間ほどで毛が抜け落ちてきます。
ただほかの施術に比べると高額で、毛が生える周期に合わせて何度も行う必要があります。

さらには人によっては耐えられない痛みを感じることもあります。
料金体制は1本数百円、1分200~300円と様々です。

レーザー脱毛やニードル脱毛は、直後に赤くなったり軽度のやけど状態になることもあるので、挙式直前に行なうにはリスクが高いでしょう。

エステサロンのフラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛とは、カメラのフラッシュのような光を何度も肌に当てて、ムダ毛をゆっくりと減らしていく方法です。永久脱毛ではありません。

価格も安く、毛の量を減らし、薄くするならおすすめです。
しかし日焼けした肌やあざ、ほくろのあるところには施術できません。

ほかには毛が薄くなったと実感するまでに半年~1年以上かかる場合があります。また産毛には反応しにくい施術方法となっています。
全身行うと20万円ほどかかります。

ブライダルシェービング

ブライダルシェービングはエステの方ががメインでシェービングがついてくる、というイメージが近いかもしれません。

個室でブライダルエステとシェービングを受けられるので、リラックスできるでしょう。いいなあ、それ。痛くないし、怖くないし。

ただしカミソリを扱うには国家資格が必要なので、電気シェーバーを使うソフトシェービングしかできない店舗もあります。カミソリを使った本格的なシェービングを受けたいなら、コースの内容はよくチェックしておきましょう。

本格的なシェービング

本格的なシェービングは先述しましたが、カミソリを扱うには国家資格が必要です。床屋さんやシェービング専門店で受けることができます。

本格シェービングは産毛だけでなく、肌の表面にある古くなった角質もいっしょに除去できます。肌の上の余計なものがなくなるので、美肌効果が期待できます。ただ、カミソリ負けを起こす可能性もあります。

ソフトシェービング

ソフトシェービングは電気シェーバーを使用するシェービングです。国家資格はいらないので、多くのエステサロンで行なわれています。

電気シェーバーでシェービングされる場合、電気シェーバーに安全ガードがついているので、肌の表面に刃が直接当たることはありません。そのため肌がカミソリ負けしにくいことが特徴となります。

シェービングは1週間前にすると毛が生えてきたので、結局配偶者に剃ってもらったという人もいるようです。カミソリ負けの心配もすると、3日前くらいにするのがいいのではないでしょうか。

 

まとめ

ブライダル脱毛にもブライダルシェービングにも、それぞれいいところがあります。脱毛とシェービングを組み合わせて、挙式の準備を進めましょう。

・背中
・腕、脇
・指
・うなじ
・顔
・脱毛の種類によらず、1ケ月以内は施術不可能にしているところが多い
・レーザー脱毛、ニードル脱毛は直後に赤くなったり軽度のやけど状態になることがある
・半年以上通う必要があるところもある
・本格的なシェービングとソフトシェービングがある
・エステがメインでシェービングがついてくるイメージ
・本格的なシェービングをしたい場合は、コース内容をチェックする

私は脱毛って怖いイメージがあるし、お金もたくさんかかるから、ブライダルシェービングにしようかな。エステって1度でいいから受けてみたかったんですよね。

さっそくネットで予約をしてみようと思います。おー、いっぱいある。どこにしようかなー。