結婚式の招待状とメッセージカードの準備はいつまでに?内容は?

さやか
やっと式場と日にちが決まったね!
彼氏
つぎは誰を招待するか決めないとね。
さやか
早めに連絡して都合を調整してもらわないといけないしね。
彼氏
招待状も早めに準備してしまわないと。
いろいろと忙しいね。

 

結婚式を挙げるとなると、準備があれこれと忙しい。式場との打ち合わせも頻繁にあるし、引き出物を選んだり、料理を選んだり、衣装を選んだり。

そして、私たちの門出を温かく見守ってくれるゲストへの招待状は最初のご挨拶。さあ、しっかりと準備しないとね。

 

招待状の準備

結婚式の日にちと場所が決まったら、次に頭を悩ませるのが誰を招待するかです。親類関係、会社関係、学生時代の友人、恩師などが一般的ですよね。

最近だと親類だけ、家族だけでこぢんまりと済ませる人も多いようですが、人数によらず、招待状を送ってお知らせするようにします。単に案内ではなく、早めにスケジュール調整をしてもらい、出席人数を確定する目的もあります。

招待状には、大きく2つの目的があります。一つは、料理や席次の関係上「自分たちの結婚式に来てほしい人」を明確にするためです。

もう一つは、「○月○日に結婚式を挙げます。出席していただければ幸いです」とゲスト側にスケジュールの調整をお願いするためです。

引用元: Hanayume

このとき、披露宴に呼ぶ人を選ぶのは本当に苦労します。人数の制約から呼べない人が必ず出てしまい、「私は招待されなかった」という気まずい空気にならないようにしないといけないからです。

私の友人の場合、親が5人兄弟で親戚が多いので、叔父、叔母までは呼ぶけど、いとこは呼ばない、ということを親類同士で暗黙の了解を作っていたそうです。

それと、会社関係だと同じ係まで、同じ課までなどで区切るほうがあとあと無難だったりします。仲のいい同期くらいの間柄であれば、大人の事情で披露宴には招待できないけど、2次会から参加してほしい、などとお願いしておくといいと思います。

とにかく誰から見ても、どういう区切りで選んだか、ということがわかるようにすることがコツです。くれぐれも、好き嫌いで選んだと思われないようにすることです。

結婚してからも会社での付き合い、親戚との付き合いが続くので、招待するゲストはしっかり吟味してくださいね。

 

送るタイミング

招待状の発送するタイミングは、一般的に結婚式の3~2ヶ月前といわれています。

引用元: Hanayume

苦労して選んだゲストですが、都合がつかずに欠席連絡となるとまた別の人を選ぶ、ということが発生してしまいます。誰を招待するかを決めたら、すぐにスケジュール確保をお願いするために招待状を送りましょう。

一般的には式の2~3か月前と言われていますが、2か月前だとすでに予定が入り始めますので、私は3か月前までに招待状を発送するのがよいと思います。

出す日にも注意が必要です。めでたいイベントの招待ですので、大安や友引を選ぶ方が多いです。最近はあまり気にされなくなっているように思いますが、やはり縁起は担ぎたいですよね。

招待状の発送ですが、自分で出さなくても式場で発送してくれたり、印刷をお願いすれば印刷業者が発送してくれたり、そういうサービスを利用してしまうのも手です。

大切なゲストの招待だから絶対に自分でやる、という方もいるかもしれませんが、結局のところ届けるのは郵便配達にお願いすることになるので、あまりこだわる意味はないかな、というのが私の意見です。

いずれにせよ、大切なのは早めの招待で、「ぜひ来てください」をアピールすることです。

 

招待状にひと工夫

結婚式場には定型文で作った招待状が用意されています。また、インターネットで印刷をお願いできるところもあり、文例がいくつか用意されています。それをそのまま利用しでも問題はありませんが、せっかくなら印象に残るようにしたいですよね。

自分のオリジナル招待状を作りたいけど、ゼロから作るのは大変。私の場合、こちらの文例集を参考にしました。

favori blog ファヴォリ クラウドブログ

結婚式準備のスタートは招待状を送るところから。初めてのことだから、 『どんなことを載せるの?』『どんなルールが……

結婚式場選び日本最大級口コミサイト|みんなのウェディング-結婚式口コミと費用が満載

結婚式招待状を手作りにするカップルが増えてきました。招待状は親族や職場の上司・先輩・同僚、また友人など、同じ内容を様々な…

そして相手に応じて一言つけると、受け取った側は自分のために招待状を用意してくれた、とわかってくれます。事務的に用意されたものではなくひと手間かかっていることで、出席する側も気持ちが乗ります。

たとえば、子供のころにお世話になった親戚の叔母様には、「あのさやかが結婚します。ぜひ花嫁姿を見に来てください」。友人には「いつも心配してくれてありがとう。私の門出を見守ってください」。

などなど、いつもなら口に出して言うのも恥ずかしいようなことが、招待状ならできちゃいます。

それと、こんな記事もあるので参考にしてください。ちょっとした工夫で、ゲストもワクワクしちゃいます。

 

メッセージカード(ゲストカード)

最近では、招待状と一緒にメッセージカード(ゲストカード)を入れておくことがあります。結婚式当日の受付で提出していただきます。

芳名帳の代わりとなるものですが、事前に来訪者の名前とメッセージを記入しておいてもらって、記帳の手間をなくしつつ、ゲストからお祝いメッセージを受け取ることができます。

このカードのデザインも工夫して、素敵なメッセージをゲストからいただくようにするのもよい思い出になります。

c o r o n e

結婚式の受付の際に、列になって名前を書く芳名帳が苦手だった私たち夫婦。(字が汚いから見られたくないという気持ちもあります…

 

まとめ

いかがでしょうか?心をこめた招待状の準備に少しはお役に立てたでしょうか?

簡単にまとめておくと、

① 招待状発送は3か月前までに。
② 招待するゲストは後あとの会社づきあい、親戚づきあいも考えて。
③ 招待状は定型文が楽。でも、印象に残るひと言を添えて。
④ 最近はやりのゲストカードもつけて思い出に残るメッセージを受け取ろう
さやか
やっとできたぁ
どうかなあ?
彼氏
さやからしくてかわいい招待状ができたと思うよ。
招待状もらって喜んでもらえるといいね!