ケトン臭の効果的な対策とは?体臭を気にせずダイエットしたい!

ダイエット中に体のニオイが気になることってありませんか?
それはケトン臭という体臭や口臭です。

ダイエットのやり方によって、ケトン臭はきつくなったりします。

ここではケトン臭を気にしないでダイエットする方法を
ご紹介します。

 

 

ケトン臭とは

ケトン臭の原因

ケトン臭とは、ダイエット臭ともアセトン臭とも呼ばれる、
甘酸っぱい腐った果物のようなニオイです。

汗や息に含まれるケトン体がケトン臭の原因です。
ダイエットのやり方によってケトン体が大量につくられてしまいます。

また断食中にも発生しやすいことがわかっています。

ケトン体とは

体内で脂質やたんぱく質が分解されてできたものがケトン体です。

普段はケトン体が大量につくられることはありません。

しかしダイエットなどで極端な糖質制限をすると
体内に糖が不足している状態になります。

糖質以外からエネルギーを得るために、
脂質やたんぱく質が使われるのです。

また糖尿病など体内で糖を上手に分解できない場合も
脂肪が肝臓で分解されケトン体が作られます。

そのため糖尿病が進行すると甘酸っぱいような体臭に
なりやすいのです。

ケトン体による体臭

糖質が足りないと脂肪をエネルギー生成に使うため
体脂肪が分解されて脂肪酸になります。

ケトン臭が発生しているということは、
体内に脂肪酸が多く作られている、ということです。

つまり加齢臭の原因となるノネナールもまた
たくさん作られているということになります。

また体の代謝機能が低下していると、脂肪酸がうまく
燃焼できません。

すると残った脂肪酸はケトン体として生成されるのです。

ケトン体は水溶性なので、汗や尿、呼気として排出され
体臭や口臭の原因となります。

 

 

ケトン臭をおさえるには

ダイエットのときの極端な糖質制限、といいますが
どれくらいの量なのでしょうか。

これは糖質を1日20g以下に制限することをいいます。

適度に糖質をとる

あまりにも糖質を控えると、体内でエネルギー生成に使う
糖が不足し、ケトン体が作られてしまいます。

糖質は甘いものだけではなく、主食になるご飯やパン、麺類などにも
含まれています。

1日3食とすると、そのうち1回の主食を減らす程度で
十分なのだそうです。

これだけで300~400キロカロリーをおさえることができます。

ストレスをなくす

ストレスや自律神経の乱れによってもケトン体が増加することが
わかっています。

リラックスできる環境を整えたり、しっかり睡眠を
とることも体臭予防に役立ちます。

食事に気をつける

高脂肪な食事アルコールもまたケトン体を増加させます。

ケトン体は酸性なので、体をアルカリ性に近づける食品を
多くとるといいでしょう。

アルカリ性食品の中にはクエン酸やアミノ酸も多く含まれて
いるものが多いので、体の中和だけでなく代謝機能アップにも役立ちます。

主なアルカリ性食品

うめぼし、海藻類、ほうれんそうやこまつななどの緑色野菜、
大豆製品などがあります。

また抗酸化食品もあわせて取り入れるといいでしょう。

ビタミンCやEを含む主な抗酸化食品

ほうれんそうやパセリなど緑色の野菜や
アセロラ、レモン、キウイ、オレンジなどに含まれるビタミンC。

玄米や胚芽にはビタミンEが多く含まれます。
主食を玄米や胚芽米に変えてみるのもいいですね。

アルカリ性食品を食べるとニオイの発生を抑えることはできますが、ケトン体は完全にはなくなりません。

適度な運動をする

ケトン体は筋肉で消費されます。
普段あまり運動していない方は、汗をかく程度に
体を動かすことを習慣にするといいでしょう。

運動をすることで新陳代謝がよくなり、さまざま体臭の予防に役立つことがわかっています。
でも運動をしたからといってケトン体は完全にはなくなりません。

 

気をつける点

極端な糖質制限やカロリー制限はケトン臭だけでなく
頭痛倦怠感などの体の不調や、拒食症、生理不順なども
引き起こしやすいです。

あまりに過剰な糖質制限やカロリー制限は
控えたほうがいいかもしれません。

ダイエットに効果的といわれるココナッツオイルですが
成分中に含まれる中鎖脂肪がケトン体に変化することがわかっています。

1日に多くても大さじ2杯程度を目安にするといいでしょう。

 

 

まとめ

せっかくダイエットが順調でも、体臭がきつくなったら
困りますよね。

極端な糖質制限でイライラしてストレスをためるのも
逆効果です。

ご自分の体質に合ったやり方で、無理せず
ニオイを気にしないダイエット、してみませんか。

最後までお読みいただきありがとうございました。