喫煙者ってやっぱり臭い!?あなたは自分の匂いに気づけてる!?

  • 2020年1月10日
  • 体臭
  • 0件

タバコを吸う人ってなんか臭い。そう思ったことはありませんか。

タバコ自体の匂いはもちろん臭いし苦手!という人は多いと思います。しかし、タバコではなく喫煙者本人から匂いを発している場合もあるのです。

喫煙者の多くは自分の匂いに気づきにくいことがほとんどです。

指摘されないと気づかないのは、自分がその匂いに慣れてしまっているからです、

喫煙者の放つ匂いは、吸わない人からすればすぐにわかってしまうのです。自分は大丈夫と思わないで、喫煙者は全員匂い対策をしましょう。ここでは匂いの原因と対策についてお伝えしますね。

 

喫煙者の匂い

喫煙者からする匂いには何が原因となっているのでしょうか。

口臭

ニコチンと歯周病

歯周病という病気を聞いたことはありますか。これは口臭の最大の原因となる歯の病気です。

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

引用元:日本臨床刺歯周学会

 

タバコに含まれるニコチンは唾液の分泌を抑えてしまう物質です。

実は唾液にはもともと自浄作用があり、お口の中を清潔に保ってくれているんです。しかし、唾液の分泌量が減ってしまうと、雑菌が繁殖しやすくなってしまい、口臭の原因となってしまうのです。それだけでなく、歯周病の原因となる歯垢や歯石が付きやすくなります。

さらにニコチンは、歯茎の血管を収縮させ、血液の流れを悪くします。酸素や栄養が行き渡らなくなると、歯茎の抵抗力は弱くなり、歯周病が進行します。

歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に10年以上吸っていると4.3倍にもなってしまうのです。そして、恐ろしいのは受動喫煙であっても3倍になってしまうということです。

吸っている自分だけでなく、周りの人にも大きな悪影響になってしまうのです。

また、タバコを吸った後は口の中にニコチンやタールなど臭いと感じる匂いの原因物質が残ってしまい、匂いがずっと続いてしまうのも口臭の原因なのです。

 

体臭

喫煙者で、多汗症になっている人って実は結構多いんです。タバコに含まれるニコチンが中枢神経を刺激され、汗の量が増えてしまうのが原因です。

汗がよく出ると菌が繁殖しやしくなり、匂いの元となってしまいます。さらに、タバコの匂いは肺を通って血液中をめぐってしまうため、出てくる汗自体も臭くなってしまいます。

ワキガ

ワキガの人は喫煙すると匂いがきつくなる。そんなことを聞いたことはありませんか。実はそれ、事実なんです。

先ほどニコチンが汗の分泌量を増やしてしまうとお伝えしましたね。汗の分泌量が増えるということは、もともとワキガの人はさらに匂いを発するようになってしまいます。本当に恐ろしいですね。

 

喫煙が及ぼす体への影響

病気のリスク

実は、ガンで亡くなった人の原因はタバコだったということも意外と多いです。男性であれば約34%、女性であれば約6%がタバコが原因でガンになっています。

また、タバコは他にも、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳卒中、慢性閉塞性(へいそくせい)肺疾患(COPD)などの病気を引き起こす可能性もあるのです。禁煙することで病気になるリスクは減らすことができます。

 

喫煙をやめるとよくなることたくさん

  • 食事が美味しくなる
  • 肌や髪質がよくなる
  • 匂いを気にしなくてよくなる
  • タバコ代分を払わなくてよくなる

よくなることをあげましたが、喫煙していない人の当たり前です!!一時的な快楽を得るために、自分が多くの犠牲を払っていることを再認識しましょう。

 

匂い対策

喫煙をやめる。

もうお分かりだと思いますが、これが最短の匂い対策ですね。

しかし、そんな簡単にタバコをやめるなんて出来ない!!仕事でストレスが出ちゃう!! タバコを吸い始めてから痩せたのに、やめたらまた太っちゃう!!などなど、色んな理由でやめられない人は多いと思います。

すぐにやめるのが難しいと思う人は、完全にやめるのではなく、電子タバコに切り替えたり、少しずつタバコの本数を減らしていくことをおすすめします。吸った後はしっかり匂い対策をしてください。

匂い対策としてタブレットなどで口臭対策をしましょう。おすすめのタブレットをご紹介しておきますね。どうしても1日に数本は吸いたい!そんな人は、いつでもケアできるようにカバンに忍ばせておきましょう。

 

タバコブレスケア

 

  • はじける液体ミント
  • タバコの後に
    お口すっきり!息リフレッシュ!
  • タバコ専用ストロング処方
  • クールシトラス味

引用元:小林製薬

 

さいごに

喫煙のデメリットは口臭や体臭などの匂いだけではなく、健康にも影響大。

喫煙している人は気づいていなくても、実は匂いを発してしまっているということです!!周囲に影で臭いと思われたくないなら、本気で禁煙を考えましょう。

私の友人は、喫煙していた時は短い距離を走ることさえしんどいと言っていました。しかしタバコを辞めてからは、体力も回復し、以前のように走れるようになったようです。

タバコは本当に体に大きな負担をかけてしまうのですね。みなさんも自分の体を大事にしてくださいね。