口臭は朝の寝起きがMAXレベル?!ひどい臭いは口呼吸のせい?!

  • 2019年10月20日
  • 2020年1月28日
  • 口臭
  • 4件

歯磨き、ちゃんとしているつもりなのに。
デンタルフロスもマウスウォッシュもしっかり使ってるはずなのに。
どうして朝、口の中がこんなにくっさいのーー、とお悩みのあなた。

もしかしたら知らない間に口呼吸になってませんか。口呼吸って何?エラ呼吸じゃないんだから口呼吸でしょう、とツッコんでしまった人ー、はーい、手をあげてー。

それ大変ですよ。無知って恐ろしいです。でも大丈夫、以前の私もそうでした。知らないことは知ればいい。知らないことを認めないで放置することが問題なんです。

私は以前口臭に対して無知だったため、彼の家にお泊まりに行った時も、何か口の中が粘つくなーと少し前から思っていたのに、みんなそんなもんでしょ、と気にもしませんでした。

彼に「最近、お前ドブ臭くない?」と言われるまでは。

彼に聞くと「朝はほんとに鼻がもげそう」と言われました。はっきり言ってくれる彼のおかげで私は頑張ることができたのです。

いや、頑張るっていうほど大変なことは何もしてないですけどね。

 

朝の口臭

そもそも、朝っていうのは口臭がひどくなるための条件が揃いすぎてるのをまず知っておいてください。

口の中にいる細菌が、食べかすやはがれた口腔粘膜などのたんぱく質成分を分解して不快なニオイガス(揮発性硫黄化合物)を作り出すことが口臭の主な原因と言われています。

このニオイガスの恐ろしさを知りたい方はこちら

関連記事

何かドブ臭いなこの辺…と思って周りを見渡しても「私しかいないじゃーーん!」って思って1人頬を赤らめたことありますか。 はい、恥ずかしがらずに手をあげて(はーい)。 私も数年前にありました。 当時は「絶対私じゃない、私からの[…]

でも、歯磨きをすれば食べかすや細菌を減らすことができますし、食事をすると唾液が出て細菌を流してくれるんです。

つまり日中は口臭を抑えるチャンスがたくさんあるんですね。

でも夜寝てる時って、歯磨きしませんよね。
食事しませんよね。
イコール細菌、減りませんよね(泣)
むしろ寝てる間は日中より3倍の速さで細菌が増えてるとか。

これはまさに、口臭パラダイス。

ある程度のニオイなら大抵の人にも起こることです。でも自分のニオイがまぁまぁ強烈と思っている方、他にも原因があるのかもしれません。

 

唾液とドライマウス

先程唾液が食べかすや細菌を流してくれる、とさらっと言いましたが、唾液はもっとすごいんです。1日だいたい1〜1,5リットルから分泌するという唾液を侮ってはいけません。

唾液の働き

抗菌作用
抗菌物質が虫歯菌や歯周病菌などを寄せ付けず侵入を防ぎます。

浄化作用
唾液が細菌や食べかすを流してくれます。

消化作用
唾液に含まれるアミラーゼが消化を促進してくれます。(理科の授業で習ったような気がします)

潤滑作用
口の中や喉の滑りをよくして食事や発声を助けます。(パッパサだと確かに声も出ない)

味覚作用
食べ物の成分を分解して味をかんじやすくします。

歯の石灰化作用
食事により歯のミネラルが溶け出すけど、唾液によりまた元に戻る。

ここまできたら「唾液様〜〜」と神棚に祀りたくなりますね。ダメですよ、祀ったら。唾液様はお口の中にいてもらわないとね。

この唾液様の恩恵を受けられないことを「ドライマウス」といいます。
その名の通り口の中が乾燥して水分が足りていない状態です。
何でも日本人の約800万人がドライマウスだとか。絶対他人事ではありませんね。

ではドライマウスかどうかチェックしてみましょう。

  • よく水を飲む
  • 口の中がネバネバする
  • 口臭が気になる
  • 乾いた食品(ビスケットなど)が、食べにくい
  • 虫歯や口内炎ができやすい
  • 食べ物の味がわかりにくい
  • 入れ歯が擦れる
  • 舌がピリピリする
  • 話しづらい

どうでしたか。私もいくつか当てはまっていたので軽度のドライマウスでした。

ドライマウスの原因はいろいろありますが、ストレスや加齢よって唾液の分泌量が減ったり、口呼吸が原因のことが多いようです。

あ、冒頭でも言ってた口呼吸がやっと出てきましたね。次は口呼吸についてです。

 

口呼吸と鼻呼吸

口呼吸とは口から吸って口から吐く呼吸のことです。反対に鼻呼吸とは鼻から吸って鼻から吐く呼吸のことです。

産まれたばかりの赤ちゃんは鼻呼吸しかできないんですよ。それがいつの段階からか、口呼吸が主になってしまう人がいるのです。唇を締めておく力が弱まってる状態です。

口が常に半開きなら、そりゃ唾液も(あ、もう様はつけません)蒸発していってしまいます。特に寝ている時なんか唾液を作っても作ってもカラッカラになるのは容易に想像できますよね。

これで、口呼吸→ドライマウス→口臭の図式が出来上がりました。
逆の図式は必ずしも成り立たないので先程のリンク記事を参考にしてくださいね。

さて、私もずいぶん前から無意識ながら口呼吸でした。そこに仕事でのストレスや暴飲暴食が重なりドライマウスによる口臭が表に出てきたようです。

体って不思議ですよね。体がきちんと訴えてくれるんですよ。体を大切にしなさいよという警鐘を鳴らしてくれた私の愛すべき朝のきっつい口臭。今では感謝しています。

この口呼吸、唾液の恩恵を受けないので虫歯菌、歯周病菌繁殖し放題、ウイルス入り放題の繁殖し放題で体にいいことが1つもないんです。

自分が口呼吸をしている人だと気づいたあなた。過去はもういいんです、今ここから変わることができます。

口臭の為だけではなく、未来の自分の体のために、ぜひ鼻呼吸を身に着けてください。私もほとんど鼻呼吸になり、風邪も引きにくくなったし、もちろん口臭もマシになりました。

実は簡単な体操をするだけで、鼻呼吸へとシフトチェンジできるのです。

 

あいうべ体操とオススメサプリ

あいうべ体操って知ってますか。
甥っ子の幼稚園でも行われていて、導入した年から学級閉鎖の数がグンと減ったと聞きました。
なかなかの効果です。

あいうべ体操とは、口呼吸を鼻呼吸に改善していく簡単な口の体操です。いつでもどこでも誰でもできる「あいうべ体操」は食後に10回、一日30回を目安に地道に続けると、舌力がついて自然を口を閉じることができるようになります。口呼吸の改善は、あらゆる病気の原因治療につながります。あいうべ体操をしっかり継続している人は、自然に鼻で呼吸ができるようになり、アレルギー性疾患等の症状が改善していくことがあります

あいうべ体操のやり方は、次の4つの動作を順にくり返します。声は出しても出さなくてもかまいません。
(1)「あー」と口を大きく開く(普段よりも大きめに)
(2)「いー」と口を大きく横に広げる(首に筋が張るくらいまで)
(3)「うー」と口を強く前に突き出す(しっかりと前に突き出します)
(4)「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす(顎の先をなめる感じで)
(1)~(4)を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続ける

引用 みらいクリニック

動画もあります。

ほんとに今日からすぐできるあいうべ体操。顎が痛くなる場合は「いー」と「うー」のみにするか回数も負担のないように減らしていいそうです。

私もはじめは5回ほどで疲れてしまっていましたが今ではトイレでもお風呂でも(お風呂でやるとより効果的です)一人になれる場所があれば何回でもできるようになりました。

口の筋トレのようなものです。
日々の努力は裏切りません。筋肉も裏切らないって聞きますよね。必ずやった分だけ自分に返ってきますよ。

私の努力の姿を見てくれていた彼がこんなものをくれました。

天然由来成分のスッキリ吐息
という炭酸タブレットです。

鼻呼吸にシフトチェンジしていき、唾液の恩恵を受け始めた私にさらに細菌をへらしてくれるこのタブレット。
美味しいので薬のように苦痛にならず、さらに私の口臭はいい方へ向いていきました。

 

最後に

少しの勇気、少しの努力で自分の人生ってどうにでも良くなる。

私はこのあいうべ体操スッキリ吐息に出会ったことはラッキーでも何でも無いと思っています。私が一歩一歩切り開いてきた結果です。

はっきり言ってくれた彼、応援してくれる彼と来年結婚する予定です。この口臭のおかげで二人の絆も深まったんですよ。

「私、くさいー」と嘆いてばかりでは何も変わりません。悩み続けることが好きな人はきっといませんよね。

みなさんも小さな、でも確かな一歩を踏み出して爽やかな息の素敵な朝を迎えてみませんか。