口臭を予防する方法は?食べ物は?臭いを抑える食べ物もご紹介

  • 2019年10月23日
  • 口臭
  • 0件

人と話しているとき、どうしても気になってしまうのが口臭。「今日のお昼なに食べたっけ?」「歯磨きしてないけど大丈夫かな?」そんな風に不安になったことはありませんか?わたしはしょっちゅうありました。
自分の口臭予防が正しいかどうかも不安ですよね。

そんなわけで今回は口臭を予防する方法と抑える食べ物をご紹介します。

 

口臭はなぜ起こるのか

そもそもなぜ口臭が発生するのか、その仕組みから見ていきましょう。
口臭は口の中に生じる不快な臭いのことを言います。その原因は様々です。

口臭の原因①:唾液の分泌

1つ目は口の中の唾液が減っている状態にあることです。唾液の分泌が減ることにより口の中で細菌が増えます。その増えた細菌が口臭の原因となります。

口臭の原因②:口の中の汚れ

2つ目の原因は口の中や舌に残った食べかすです。口の中が汚れていると細菌が増えやすくなってしまいます。そのため口臭が出てしまうのです。

口臭の原因③:食べた物のニオイ

3つ目は口臭の原因になる食べ物を食べたときです。口に残りやすかったり、臭いが強いだけでなく、消化の際に臭い物質が出ることがあります。そのせいで口臭が発生するのです。

口臭の原因④:病気

4つ目は病気の可能性が潜んでいるときです。口内の病気だけでなく、糖尿病や胃などの内臓の病気が進行している場合もあります。なにかおかしいことがあればきちんと病院に行きましょう。

病気かもしれないと思った方はこちらの記事もどうぞ。

関連記事

何かドブ臭いなこの辺…と思って周りを見渡しても「私しかいないじゃーーん!」って思って1人頬を赤らめたことありますか。 はい、恥ずかしがらずに手をあげて(はーい)。 私も数年前にありました。 当時は「絶対私じゃない、私からの[…]

関連記事

突然ですが口臭が気になる人って意外と多いのではないでしょうか。 話しているときに相手が咳払いをしたり、それとなく鼻を押えたりされると「あれ?私の口におってるかも」って不安になることって誰にでも経験あるんじゃないでしょうか。 口臭の原[…]

 

口臭が出やすい食べ物

口臭の原因になる食べ物のことを停滞性食品といいます。糖や油を多く含んでいます。停滞性食品は以下のようなものが挙げられます。

 コーヒー

舌に付着しやすくそのままだと細菌が増えて唾液が減ってしまいます。さらに長時間舌に留まることにより、口の中が乾燥して細菌が増えます。細菌が増えたことにより口臭となります。

 ニンニク、たまねぎ、ネギ

ニンニクの場合はアリシンという物質が原因です。体内にとりこまれ胃で消化され、血液の中にとりこまれることにより、口臭のほかにも皮膚から排出されて体臭にもなります。

 乳製品やラードなど動物性脂肪

大腸でたんぱく質が腐敗すると臭い成分が作られます。それが悪玉菌などによって分解されるとアンモニアができるのです。

また動物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸はコレステロールや中性脂肪の原料です。それが過酸化脂質というものになると様々な臭い物質を作り出します。

 ケーキ、お菓子類

こちらも口の中に残りやすく、口臭の原因になりやすい食べ物です。糖も脂質も多い食べ物です。それでもやめられない魔の食べ物ですね。私も大好きです。

 アルコール

口の中を乾燥させるので、唾液が出なくなります。さらにアルコールが臭い成分になり、血液をめぐり肺や汗腺に送られ臭いが出ます。

ほかにもドライフルーツ、パン、パスタ、お肉も停滞性食品に当たります。

 

口臭を抑える食べ物

口の中の汚れをとってくれたり、唾液の量を多くして洗い流して口臭を抑えてくれる食べ物のことを、清掃性食品といいます。清掃性食品は以下のようなものが挙げられます。

 ゴボウや生野菜

野菜に含まれている食物繊維は腸内環境を整え、善玉菌を増やします。腸内で作られる悪臭成分を抑え、臭い物質を便とともに排出する役割があります。

 緑茶

緑茶には消臭作用や抗菌作用があります。タンパク質や脂質の酸化を抑え酸化臭を防ぐことができます。ただし利尿作用があるので注意してください。

 お酢、梅干し、レモン

酸っぱいものは唾液の分泌が増えるので唾液自身の抗菌作用や自浄力作用で口臭を防ぐことができます。また体内の乳酸ができるのを抑え、臭いを抑制します。疲労回復にもなります。

 

 口臭予防や対処の仕方

口臭を予防する方法の中でも食事に注目したいと思います。

メインは1食1皿、野菜のおかずを2皿以上にするとよいでしょう。それは臭いの元になる肉を減らし、口臭を抑える食物繊維をとることができるからです。またよく噛むことで唾液が分泌されることも口臭予防になります

唾液が口臭予防になる詳しい記事はこちら。

関連記事

食べ物が美味しい季節ですね。 秋刀魚や栗、柿にさつま芋。 秋の味覚はどれも美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。 さて、そんな私たちの食事に欠かせない影の働き者をご存じですか? それは…ジャジャーン そう、[…]

関連記事

歯磨き、ちゃんとしているつもりなのに。 デンタルフロスもマウスウォッシュもしっかり使ってるはずなのに。 どうして朝、口の中がこんなにくっさいのーー、とお悩みのあなた。 もしかしたら知らない間に口呼吸になってませんか。口呼吸って何?[…]

タンパク質といっしょにとるといい食材は生野菜のほかにもあります。マグロ、カツオ、レバー、バナナ、卵、きなこ、ごま、大豆です。これらはビタミンB6が含まれており、タンパク質の代謝に必要なのです。

タンパク質が代謝されずに酸化してしまうと口臭の原因になります。

多くの人は行なっていると思いますが、食事のあとには歯を磨きましょう。歯を磨くことで臭いの原因になる、すき間や舌に残った食べかすなどの汚れをきれいにすることができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。食べ物でも口臭の原因になるものと、口臭を予防してくれるものがあったのは驚きでした。食べるものにも少し気をつけたいですね。

・食べ物には停滞性食品と清掃性食品がある。
・食物繊維のあるもの、酸味のある物を食べる。
・肉や臭いの強いものは控える。
・緑茶にも口臭予防効果がある。

私は食事も終わったので歯を磨いてきます。歯のすき間もしっかり磨きますよ。

それでは皆さんも口臭の少ない快適な日々をお過ごしください。