口臭と舌が白いことはどんな関係があるの?病気が原因で舌が白くなる?

今日は近所の神社のお祭り。

この神社には商売繁盛の神様が祀られていて、神社の周りにあるたくさんの商店街でお店を営む人達が祈願祭りを催して、あちこちから参拝客やお祭りを楽しむ家族連れが訪れていた。

チビッ子A
かき氷食べよう
チビッ子B
うん。オレ、ブルーハワイ !
チビッ子A
じゃー、ボクはメロン

私も子供の頃、お祭りといえばかき氷だったなぁ。でもイチゴ味ばっか食べてたっけ。

チビッ子B
ベロ、見せてみー

チビッ子Aが「べ~っ」とした。

チビッ子B
ベロ、メロン色だぞ !  ハハハ !
チビッ子A
Bくんも、青いベロだよ、ハハハーッ

そう言い合いながら笑っていた。楽しそう。

無邪気なチビッ子たちを見て、ふと、「舌の色が変わる、それはかき氷だけだろうか ? 」と疑問に思った。そして、「ニオイは残るのだろうか ? 」とも思った。

体調が悪いときにも舌の色が白になるって聞いたことあるような気がするけど、ヤバい病気とかなら医療機関へ行かなきゃいけないよね。

よし、調べてみよう。

 

舌の色が変わる原因

普段の舌は、口の中と同じピンク色ですよね。

でも、お祭りのあのチビッ子達のように、飲食物で舌の色が変わります。

それは飲食物の色が舌の色を変えたという原因が分かっているし、時間が経てば消えます。

みなさんは、歯磨きや身だしなみチェックで洗面台や鏡の前に立った時、ふと、自分の舌を見たことありませんか ? その時、舌の色がピンクではなく、白だったこと、ありませんか。その白は、ほんのりの白か、 舌のピンクが見えないくらい真っ白かのどちらかだったかと思います。そして、口臭を強く感じたかと思います。

なぜ、舌は白くなるのか

舌はツルッとしているような平面に見えますよね。実は、舌には凹凸があって、ざらざらしたような表面なんです。

この凹んだ部分に、食べた物のカスが入り込みます。そして、口の中にいる細菌(虫歯菌や歯周病菌)と、新陳代謝により要らなくなった粘膜も混ざってが舌が白くなるんです。

食べた後に歯みがきをするのは、虫歯予防だけでなく、舌苔をキレイにし、口臭予防にもなるからなんです。

また、口の中や身体の乾燥も舌を白くします。濡れていると濃い土の色の地面。乾くと土色というより、枯れた樹木のような白っぽい色になりますよね。それと同じで、口の中も乾くと白くなります。

これを、舌苔(ぜったい)といいます。苔(こけ)の様なものです。これが口臭の原因です。

だから、舌が白い時は口臭が強いと感じたのでしょう。

関連記事

みなさん、食べた後に虫歯予防・口臭対策で歯磨きをしますよね。またニンニクなど口臭が気になるものを材料に使った料理を食べた後ややアルコール類を飲んだ後も、歯磨きや口臭対策をしますよね。他にも普段から口臭対策として、口臭ケアサプリメント[…]

舌にはたくさんの血管が走っています。血流が悪いと白っぽくなるので、冷え性や貧血の人は白っぽい人が多いかもしれません。

 

舌の色

白だけじゃなく、黄色っぽい・黒ずんでいる・全く無いということもあります。

それぞれ、どういうことなのかみてみましょう。

黄色っぽい

熱があり、身体の抵抗力が落ちているかもしれません。

黒ずんでいる

身体のどこかに病気が潜んでいるかもしれません。医療機関を受診しましょう。

全く舌苔がない

食事の栄養バランスを見直した方が良いかもしれません。

白さも口臭も消えない・舌の一部が白く、痛みがある何かプツリと出来物よようなものがある・舌だけでなく粘膜も白い場合は、『口の中の病気』だけじゃない病気が潜んでいるかもしれません。医療機関へ行ってください。

 

 

舌の病気

舌の病気と聞いても、どんなものがあるのかパッと思い浮かばないですよね。

どんな病気があるのでしょうか。

口内炎

  • 栄養の偏り(ビタミン不足)
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 口の中の不衛生さ
  • 口の中の傷にバイ菌が入る
  • 風疹・麻疹・ヘルペスなどのウイルス

など色々な原因があります。

白板症(はくばんしょう)

  • 舌ガンの前兆と考えられている
  • 白くなった部分は舌ブラシなどでは取れない
  • 舌の側面が白くなる

白板症は口の中のガンの前兆の中で1番代表的な疾患です。

舌ガン

初期:しこり

進むと:しこりのある辺りの表面が白くなり痛みや出血・腐った口臭がします

女性より男性に多く発症しやすいです。

《 原因 》

義歯・歯ならびの悪さ・治療の状態が悪く、歯にとがった部分からの刺激の繰り返しによって小さな傷・潰瘍・しこりができます。これを口の中のやけど・刺激の強い食品の継続的な過剰摂取・習慣化した飲酒・喫煙がガンへ導いてしまうのです。

口腔カンジダ

口の中の常在菌ですが、免疫力が低下すると増殖し、口の中に白い斑点・舌が赤くなり先端が割れる・胸の痛み・発熱・眼のかゆみ、女性に至っては膣カンジダなどの症状が出るカビの一種。カビのせいで舌が真っ白になります。

重度な糖尿病・抗がん剤治療中などで免疫力が低下した方がなりやすい症状です。

舌が白いと『口の中の病気』だけのように思えますが、全身の病気も隠れているかもしれません。

 

シェーグレン症候群

膠原病(1つの病気ではなく、真皮・靱帯・腱・骨・軟骨など造るたんぱく質・コラーゲン部分の全身に障害・炎症を発症する複数の病気の総称)の中の一種。

ベーチェット病

眼症状・にきびなどの皮膚症状・関節炎・繰り返す口内炎など身体のあちこちで複数の症状がある、全身が炎症を起こす疾患です。

1つの症状だけでベーチェット病だと診断する検査はなく、厚生労働省が設けている診断基準で診断されます。

たとえ小さくても、もちろん大きなものでも病気にはなりたくないですね。では、舌の異変が病気なのかそうではないのか、どんな時に医療機関へ行けば良いのでしょうか。

 

 

医療機関を受診するタイミング

  • 舌磨きをしてみても白い色が落ちない
  • 口内炎のような出来物が痛い
  • 口臭が消えない

などの口の中の異変が長く続くようなら、歯科・口腔内科を受診してください。もし、口の中の症状より先に糖尿病を患っていたり、抗がん剤の治療中だったりする場合には、総合診療へ行ってから何科へかかれば良いか診断してもらうか、かかりつけ主治医に相談しましょう。

医療機関を受診するときは

  • いつからか
  • どんな状態か
  • どれくらい続いているか

など、聞かれても答えられるようにしておきましょう。

口内炎は痛みがあるし、舌苔の白さ・口臭も食べ物や口の中を不衛生にしたままだとひどくなるので、「病気じゃないかも」と軽く考えがちです。

普段から口の中の様子を気にして、「何かいつもと違うような気がする」と感じたり、それが長く続くようなら、一度医療機関を受診しましょう。

何もなければ安心するし、何か病気であるならば早期発見につながることもあります。

 

 

まとめ

ファッションやメイク、恋人や家族の行動などを気にするように、日頃から口の中の様子も気にしていきましょう。

昔から『舌は健康のバロメーター』と言われてきたそうです。

舌の様子や口臭など、口の中の様子で身体の調子を確認でき、見る人が見れば、脳卒中や心筋梗塞などの大きな病気の予兆もわかるそうです。また大きな病気に関わらず、乾燥やむくみなどの体質までもが舌へ現れるらしいです。

舌って本当にすごいですね。

よし、私も明日から起きたらまず鏡の前で、「べ~っ」ってしてみよう。そして、舌ブラシなどで舌苔ケアして口臭予防もしよう !

みなさんも『自分の体調を知るため』と『口臭予防のため』に、明日から、「べ~っ」てしましょう。