口臭の原因は胃などの内臓?口臭のタイプごとに対処法をご紹介!

  • 2019年10月16日
  • 口臭
  • 2件

突然ですが口臭が気になる人って意外と多いのではないでしょうか。
話しているときに相手が咳払いをしたり、それとなく鼻を押えたりされると「あれ?私の口におってるかも」って不安になることって誰にでも経験あるんじゃないでしょうか。

口臭の原因には3タイプあることをご存知ですか。

・生理的口臭
・外的要因口臭
・病的口臭

その中で今回は主に病的口臭についてご紹介していきます。

 

生理的口臭とは?

まず生理的口臭について簡単に説明しておきます。
生理的口臭とは起床時や空腹時などに口から臭いが出ることです。この生理的口臭は多少の個人差はありますがほとんどの人に発生します。歯垢や食べカス、舌苔などタンパク質が分解された時に臭いがでます。これは一時的なもので、唾液の分泌量が減ったことで起こります。

こういった口の中の環境によって発生する口臭を生理的口臭といいます。

 

病的口臭:口の外の病気が原因の場合

次は病的口臭を詳しくご紹介しましょう。病的口臭は口以外の場所と口の中が原因のものがあります。

口の中以外が原因の口臭は様々な病気があります。

鼻やのど、呼吸器系、胃の病気系、糖尿病、尿毒症、腎不全、慢性肝炎などがあります。病気ごとにどのような口臭がするのかご説明しましょう。

鼻やのど、呼吸器系

鼻やのど、呼吸器系に異常がある人は腐った肉のような臭いがすることがあります。ほかにも口の中の病気が疑われます。タンパク質が壊疽(えそ)することによって起こります。

咽頭炎や副鼻腔炎(蓄膿症)、喉頭炎などの炎症など

胃の病気系

消化不良や胃潰瘍などの病気だと腐ったような臭いがすることがあります。それは消化するはずのものが消化できておらず、その臭いが口臭となっているからです。

胃炎、十二指腸炎。または胃ガンなど

糖尿病

糖尿病の疑いがある人は、甘酸っぱい臭いがします。それは炭水化物やたんぱく質が不足し、身を守るために中性脂肪が燃焼し、臭いを放つ脂肪酸に変化するからです。

慢性肝炎

慢性肝炎や肝機能が低下すると、カビのような臭いがします。それは肝臓で分解されるはずの臭い物質が分解しきれずに口臭となってしまうからです。

腎不全、尿毒症

腎臓の機能が低下すると、口からアンモニアのような臭いがしてくることがあります。それは腎臓が有毒なアンモニアを尿として排出することが出来ずに血液中に停滞するからです。

内臓系の病気が原因の口臭はすぐ症状が出るの?

このように病気が原因の口臭は様々あります。けれどこれらは相当病状が進まないと起こらないと言われています。そのため日常生活を過ごしていてこのような臭いになることはまずないでしょう。

また胃の病気が原因の口臭は本来発生することはありません。それは逆流を防止する機能が食道と胃の境目があり、臭いが口から出てこない構造になっているからです。

 

病的口臭:口の中の病気が原因の場合

口臭の8割から9割は口の中の状態や病気が原因と言われています。その原因ごとに解決する方法をご紹介します。

虫歯

虫歯とは口の中の細菌が作り出した酸によって歯が溶けたことを指します。

初期はわかりにくく痛みもありませんが、進行すると冷たいものがしみる、痛みが発生する、歯に穴があるなどの症状が現れます。
虫歯になる原因は菌が増えやすいときであること、糖分をたくさん摂取することがあげられます。

こちらは歯科で治療をして虫歯を治しましょう。あとは食後の歯磨きをしっかり行いましょう。

でも実は、歯磨きだけだと口の中をケアできる割合は、歯の表面積である約25%だけだといわれています。
やばくないですか?歯磨きだけだと、口の中の75%が汚いままなんです。口の中は菌だらけです。

関連記事

口の臭いって結構気になりますよね。 他人の口臭はすぐに気づくんです。なのに自分の口臭って本当はどんな臭いがしているのか、どれくらい臭っているの意外とみんなかわからないものです。 私は、仕事でのストレスがたまり不規則な生活のせいも[…]

歯周病

歯周病とは細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯と歯肉の間に歯垢が溜まり、その近辺が赤くなったり腫れたりします。

悪化すると土台となる骨が溶けて歯が動くようになり、最終的には抜歯以外に治療法がなくなってしまいます。

こちらも治療と適切なブラッシングが必要です。そのほかにしっかり噛んで食事をする、耳やあごの下あたりを優しくなでるなどして、唾液の分泌をよくすることがポイントです。

ドライマウス

ドライマウスは口腔乾燥症と言われており、唾液の量と質に異常をきたす病気です。口の中が乾燥して不快な気分にさせて生活の質を下げさせます。

ドライマウスの原因には糖尿病などの疾患、老化、筋力の低下、更年期障害、薬の副作用、ストレスなど様々なものがあります。1つの原因で起こるものから複数の原因で起こるものもあります。

ドライマウスの場合は鼻呼吸を心がける、こまめに水分をとる、舌のよごれをとるなどを行うと口臭が改善されます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

口臭は寝起きなどの生理的なことが原因のものと、そうでないものがあります。

ほかにもお手入れ不足、胃などの内臓や口の中の病気が原因で口臭がひどくなることもあります。

・胃、内臓、口内の病気が原因で口臭が発生する。
・口内を清潔にする。
・歯科で治療する。

家族や恋人など、あなたの大切な人の口臭が最近少し気になる場合は「最近、少しあなたのお口のニオイが気になるの。もしかしたら病気が原因かもしれないから一度病院に行ってみない」と診察を促してあげてみてはいかがでしょうか。

もし、その口臭の原因が病気だったら早期発見、早期治療することであなたの大切な人を守ることができるかもしれません。