口臭にははちみつが効く⁉︎生はちみつの抗菌作用と効果について‼︎

  • 2020年2月3日
  • 2020年2月7日
  • 口臭
  • 0件

自分の臭いの中でも「お口の臭い」は特に気になりますよね。

私もそうですが、コーヒーを飲むと、より一層嫌な臭いを発するような気がします。タバコを吸う方は尚更気になってしまいますね。

朝日新聞が実施したアンケートでは、下記のような結果が出たそうです。

【質問1】:会社で一番いやな臭いは何ですか?

口臭
体臭
腋臭(ワキガ)
足の臭い
頭の臭い

【結果1】:口臭が1位、体臭が2位、ワキガが3位となりました

引用元:朝日新聞

引用元:朝日新聞

最近では、体臭や口臭などで周囲に不快な思いをさせる事を「スメルハラスメント」と呼び、社会問題になっているそうです。

対人関係を円滑にする為にはコミュニケーションは不可欠。それにも拘らず、口臭がキツくてハラスメントになってしまったら本末転倒です。

そこで今日は、口臭改善のお話をしたいのですが、今回一役を買ってくれるのが『はちみつ』なんです。

皆さんははちみつと聞くと何をイメージしますか?

トーストやパンケーキにかけて食べるもの。温かい紅茶やドリンクに混ぜて飲むもの。などのイメージを持っているのではないでしょうか?

私も料理をする時に、まろやかさを出したくてはちみつを入れる事があります。

そんなはちみつに実は、口臭を消す効果があるのです‼︎早速、具体的に見て行きましょう‼︎

 

はちみつには殺菌作用がある

なぜはちみつが口臭に効くのか。その理由は、『殺菌作用があるから』なんです。

臭いの原因が「雑菌の繁殖」である事は、ご存知の方も多いとは思いますが、はちみつに含まれる酵素には、とても強力な抗菌・殺菌作用があります。

よって、生はちみつを口に含むと、口内の悪玉菌を全て殺菌してくれるというわけなんです。はちみつは、悪玉菌はやっつけますが、善玉菌は壊さない上に、保湿効果もあるので、お口の中を潤してくれます。凄いですよね。

私たちのお口の中は、普段は唾液に守られています。ところが唾液の分泌量が減ってしまうと、雑菌が繁殖して、口臭や虫歯の原因になってしまうのです。

そこではちみつの力を借りて、殺菌能力を高め、口内環境を整えるという事ですね。

舌苔(ぜったい)のケアにもなる「はちみつ」

舌苔(ぜったい)とは、食べカスや細菌、古くなった粘膜などが舌についた白い垢の事を言います。

鏡の前で口を開けてみたら、舌が真っ白‼︎という経験はありませんでしょうか?あれが舌苔(ぜったい)の正体であり、口臭の原因になってしまうこともあります。

口臭を予防する為には、歯を磨く事と同時に舌苔(ぜったい)のケアが重要になってきます。

はちみつにはタンパク質分解酵素である「プロテアーゼ」が豊富に含まれており、舌苔(ぜったい)の原因となる食べカスや粘膜の細胞はタンパク質で出来ています。

よって、小さじひとすくい分の量を舌の上に乗せて舐めるだけで、余分な舌苔(ぜったい)を溶かしてくれる効果があるんです。

虫歯や歯周病にも効果アリ‼︎

はちみつには、過酸化水素(オキシドール)という物質が含まれています。この過酸化水素が、虫歯や歯周病の原因となるミュータンス菌を抑える働きもしているので、口臭だけではなく、虫歯や歯周病予防の効果もあります。

はちみつの糖分は、虫歯の原因になりにくい糖分「フルクトース(果糖)」と「グルコース(ブドウ糖)」で出来ている為、虫歯にはならないんです。

摂取する時の注意点‼︎

ただし、下記のような方は接種を控えた方が良いので注意が必要です。

はちみつの中には「ボツリヌス菌」という菌がいる為、1 歳未満の赤ちゃんがハチミツを食べることによって食中毒「乳児ボツリヌス症」にかかることがありますので注意が必要です。

引用元:厚生労働省

また、はちみつの中でも異色の存在として注目されているのが「そばはちみつ」。蕎麦の花から取れるはちみつです。

このはちみつを蕎麦アレルギーの方が摂取してしまうと、アレルギー反応を起こしてしまう可能性が高いので注意が必要です。

藤原竜也主演ドラマ「リバース」でも、蕎麦アレルギーを持っている登場人物が、「そばはちみつ」入りのコーヒーを飲みアナフィラキシーショックを引き起こした、というシーンがありました。

 

はちみつの選び方

はちみつには、嬉しい効果が沢山あるという事は伝わりましたでしょうか?

では、次にはちみつの選び方をお伝えしたいと思います。

「天然」または「純粋」と書かれているもの。

日本に流通しているはちみつの85%は中国産です。

市販されているはちみつは、精製処理(色や臭いを取り除く処理)や加工処理(はちみつに何かを加えるなど)を行った物が多く、栄養素が破壊される上に、成分の効果が失われ、全く別物になっている事が多いとの事。

加工はちみつはあまり効果を期待する事が出来ないので、国産の純粋はちみつを選ぶようにしましょう。

「非加熱」または「低温加熱」と書かれているもの。

はちみつは、体温より少し高めの温度までは大丈夫ですが、40度以上の加熱で酵素や活性ビタミンが死んでしまいます。酵素が死んでしまうという事はもちろん、効き目も無くなってしまいます。

さらに加熱されているはちみつは、風味や香りも少なくなっており、味自体にも影響が出てきてしまいます。

出来れば、蜂の巣から取ってきて、そのまま瓶詰めされた「生はちみつ」がベストです。

そうは言っても、「生はちみつ」をどこで入手したらいいのか迷いますよね。そこで、インターネットでも購入出来る、生はちみつ専門店のリンクを貼っておきますので、ご活用下さい。

引用元:MY HONEY

はちみつの色が濃ければ濃いほど、ミネラル分が多いと言われています。色・味を確かめて、自分と相性の良いはちみつを選びましょう‼︎

 

はちみつの使い方。

これまでに、はちみつの効用をお伝えし、購入方法をお伝えしてきました。

最後に「使い方」を説明します。

寝る前の使用

摂取するのにおすすめな時間帯は「22時〜午前2時」までの間です。この4時間は、細胞が修復するのに一番良い時間帯と言われています。

よって、寝る前・歯を磨いた後に、はちみつをひとさじ口に入れて、塗り広げると口臭予防に繋げる事が出来ます。

朝、歯磨き後の使用

もし「夜から甘いものを口に入れたくない」と感じた場合は、朝起きて・歯を磨いた後に口にしても大丈夫です。脳にダイレクトにブドウ糖が届き、目覚めがスッキリしますよ。

はちみつで歯を磨く

その他にも、「はちみつで歯を磨く」という方法もあります。歯がツルツルになって、虫歯も出来にくくなったという意見もあるとのこと。

方法は、普通に歯磨き粉をつけて磨くのと同じ要領で、はちみつで磨いた後、汚れを落とす為に水で流します。その後に、殺菌の為、はちみつを口の中に広げるというもの。

いくつかの使用方法があるので、自分に合った使い方が見つけられそうですね。

はちみつが固まってしまったら⁉︎

はちみつが固まってしまったら、60度くらいのお湯に瓶ごとつけて、はちみつが40〜45度を超えない程度でゆっくりと溶かすと良いでしょう。

お気づきの方もいるとは思いますが、はちみつの温度が45度を超えてしまうと、効き目がなくなってしまうので注意が必要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?私たちの身近にある「はちみつ」がこんなに深く臭いに関係しているなんて思わなかったですよね。

簡単にまとめると、「生はちみつ」には殺菌効果があり、歯磨きの後にスプーンいっぱいを口に含ませると、口臭予防に繋がるのです。

また、はちみつに含まれる190種類以上の栄養素は、体を老化させない為のアンチエイジングの効果があるので、お肌のケアや頭皮のケアにも最適なんです。

そして、美容や健康に使う場合は、精製や加糖、加熱していない「生はちみつ」を選ぶようにしましょう。

今回紹介した内容は、はちみつの効用のほんの一部。はちみつって本当はもっと凄いんです。そして、ちょっとだけお洒落なんです。

昔のヨーロッパでは、黄金よりも高値で取引されていた歴史があるとの事。その理由がわかりますよね。

お洒落なはちみつを生活の中に取り入れることによって、いつもより少しだけセレブレティな気分を味わえるかも。

会社の人とコミュニケーションを取る時に、自分の口の中から甘い香りがしてきたら、それだけでもテンションが上がってしまいますね。

自分の臭いが一番影響を与えているのは、一番近くにいる「自分」です。

いつでも胸を張ってコミュニケーションが取れるように、お洒落にはちみつを使いこなしたいものですね。