耳の穴が臭いのは病気?外側から順に耳瘻孔、外耳炎、真菌症?

  • 2020年1月4日
  • 2020年1月5日
  • 体臭
  • 0件

私には、ワキガに悩まされ、それを克服したという経験があります。

それ以来、匂いについて研究して、口臭・体臭・さらには加齢臭など、ありとあらゆる匂いに敏感になりました。

ある日のこと。同僚のS子と職場で話しているとき。

「あれっ? S子の耳の穴が臭いぞ」と感じました。

S子とはなんでも言い合える仲だったので、S子にそのことを伝えました。

その時は「そんなことないよ」という話で終わっていたのですが、一週間後の朝、S子から職場に電話がかかってきました。

「耳鼻咽喉科に寄ってから職場に行くので、遅刻します」というものでした。

 

耳瘻孔(じろうこう)

私はS子のことが気になってお昼休みにきいてみました。

さやか
さやか
S子、耳鼻咽喉科って耳の病気?

 

めぐみ困り顔
S子
耳が腫れて痛くなる、
耳瘻孔(じろうこう)という診断だったの。

では耳瘻孔という病気について説明します。

耳瘻孔とは、耳の前側の部分に小さな穴があいていることです。

生まれつきのもので、2~3%の人が該当するといいます。

穴の中は1cmくらいの管か袋になっていて、普段の生活では発症しません。

片耳だけの人もいれば、両耳の人もいます。

耳瘻孔の部分を必要以上に触ったり、髪の毛のブラッシングの際にブラシがよく当たったりすると、刺激が加わります。

それにより赤みや腫れを生じて、臭いもでてきます。

そうなったら放置せずに、お医者さんへ行きましょう。

抗生物質の飲み薬をくれます。

自己判断で薬を止めてしまうのではなく、処方された量をきちんと飲むことが大切です。

これは普段の風邪などの場合でも同じですね。

さらに症状がひどい場合は、切開をして、膿を取り出すこともあります。

成人の場合は局所麻酔で日帰り手術ができます。

この場合、手術の費用は3割負担(70歳未満)で1万円強ほどします。

子どもの場合は全身麻酔で行ない、3日から1週間の入院を必要とします。

耳瘻孔はもともと自覚症状がないので、自分では気がつきません。

一度鏡で耳の付け根に穴があいているかよく見てみましょう。

もし腫れたりしたら早期の治療をする必要があります。

手術なんてしたくないですものね。

 

外耳の耳かき

耳の外側から鼓膜までの間を「外耳道」といいます。

ここに耳垢がたまります。

私とS子の話を聞いていたRさん(女性の先輩)が話に加わってきます。

「ウチには4歳の子どもがいるんだけど、耳かきをどうしたらいいか、悩んでいるのよね」といいました。

なんでも週に1回は「耳掃除して」とねだってくるそうです。

私はネットで調べた知識でこういいました。

さやか「耳かきは1か月に1回でいいそうですよ」

さすがにこれにはRさんも驚いたようです。

 

もともと耳垢は乾いているものと、湿っているものとに別れます。

日本人では、乾いているタイプが6割、湿っているタイプが4割。

欧米人では湿っているタイプの人が多いそうです。

湿っているタイプの人は、耳垢腺(じこうせん)という分泌物を出すところが多く存在するのです。

また耳の中にある皮脂腺も分泌物を出します。

分泌物が多いと、耳垢が湿ってきて、耳の穴が臭い原因になります。

そして耳かきでとれるのは乾いている耳垢。

湿っているタイプの耳垢は、綿棒で取り除くか、耳鼻科に行ってとってもらうのです。

そういえば私の耳垢もどちらかといえば湿っています。

ですが子どもの頃から綿棒で耳掃除をするという習慣がないため、耳かきを使ってとっています。

 

私は耳がかゆくなると耳掃除をしますね。1か月に1回ということはないです。

1週間に1回はとってます。

Rさんは「子どもの耳を傷つけるのではないかと心配」だそうです。

そんなRさんにオススメの耳かきがこれです。

USB充電式の、光る耳かき。

引用元 Amazon

 

値段は980円。子どもさんや、お年寄りの耳掃除をしてあげるのに最適なグッズですね。

 

外耳炎

 

 

先に述べたように、耳の入り口から鼓膜までの部分を「外耳道」と呼び、ここが炎症を起こすのが外耳炎と呼ばれる病気です。

耳の穴が臭くなる」「耳が痛くなる」「耳から膿が出る」というのが主な症状です。

そしてチェックしたいのが耳垢。

普段乾燥している耳垢が、湿ってきた場合、外耳炎が原因かもしれません。

外耳炎の程度もさまざまですが、ひどくなると、耳が痛くて眠れないほどになってしまいます。

「耳掃除」のしすぎが外耳炎の原因になることもあるそうです。

どうやら私も耳掃除の回数を見直したほうがよさそうですね。

 

外耳道は傷つきやすいのです。傷ついたところから炎症が広がります。

片方の耳だけ臭くなったら1日から2日は様子をみてもいいかもしれません。

ですが、少しでも痛みがあったり、難聴などの症状があるようだったら、早めに耳鼻咽喉科にかかりましょう。

治療としては、一日に数回、ステロイドの軟膏を綿棒でつけるという方法があります。

炎症を抑える内服薬が出されるときもあります。

 

しかし、脅かすわけではありませんが、外耳炎もひどくなると手術が必要になります。

外耳炎で入院した場合、一日当たりの平均費用は約4万円。平均入院日数が8日。3割負担の場合、約10万円かかることになります。

 

外耳道真菌症

 

 

外耳道真菌症とは、外耳炎の一種で、真菌(カビ)の感染によって炎症を起こしたものです。

主な症状は痛みやかゆみ、不快な臭いなどです。

ここでも耳の穴が臭いということがでてきます。

どちらかといえば痛みよりもかゆみが現れやすいといわれています。

 

真菌の種類によって、どのような分泌物が出てくるかが決まってきます。

あなたはふだんからイヤホンで音楽を聴くという習慣があるでしょうか。

もしそうだとすると、イヤホンによって外耳道が蒸れて、カビが繁殖しやすい原因を作ることになります。

 

めぐみ困り顔
S子
私は耳瘻孔だったけど、よくイヤホンで音楽を聴くな。
外耳道真菌症になる可能性もあるんだ。

 

さやか
さやか
私も夜中に眠れないときによくイヤホンで音楽を聴くわ。
やめたほうがいいのかしら。

 

なにごともほどほどがよいようです。

外耳道真菌症の治療は、通院で行ないます。

外耳道の消毒をして、抗真菌薬をぬります。

点耳薬を使うこともあります。

治療中に耳掃除で外耳道を傷つけてしまうと、治療に悪影響を与えます。

 

中耳炎

子どものかかる耳の病気として多いのが中耳炎です。

耳の鼓膜と内耳の間の部分を中耳とよびます。

のどの奥にある細菌が、耳と鼻をつなぐ管を通して中耳に入り、炎症を起こしたものです。

炎症が進行すると、鼓膜が破れ、臭い耳だれが出てくることがあります。

抗生物質で対応しますが、症状がひどい場合、鼓膜を切開して、中の膿を出すという治療が行なわれます。

 

ふだんからの耳のお手入れ

 

 

耳の穴が臭くならないように、普段からケアしておくことが大切です。

といってもむずかしいことではありません。

お風呂の際に、耳の中に水が入らないように注意しながら、耳を洗えばよいのです。

ゴシゴシこする必要はなく、軽くマッサージする感じで行ないましょう。

手で洗う代わりに、きつくしぼったタオルで耳を拭くという方法もあります。

手で洗った場合は乾いたタオルでしっかりと拭きます。

 

まとめ

以上、耳の穴が臭いときの病気について解説してきました。

私はこれまでお風呂の際に意識して耳を洗うということをしてこなかったので、これからやってみようかなと思っています。

  • 耳の穴が臭い場合は病気の疑いも
  • 耳かきを適切に。光る耳かきもオススメ
  • イヤホンの使いすぎに注意
  • ふだんから耳の周りを清潔にする習慣を

 

めぐみ普通の顔
S子
ちょっとまって。これで記事を終わるつもり?
さやか
さやか
えっ、なんのこと?

 

めぐみ普通の顔
S子
今回はボケがでてないじゃない。
さやか
たまにはそんなときも……

 

めぐみ笑顔
S子
そんなことしたら、月に代わっておしおきよ。