生玉ねぎを食べた時の口臭に困ってる人に試してみてほしいこと。

  • 2020年1月1日
  • 2020年1月4日
  • 口臭
  • 0件

皆さん、野菜は好きですか?
野菜は体にいいものが多いので、健康に気を使っている方は意識して食べていると思います。

ですが野菜の中には、食べてしまうと口臭が酷くなってしまうものも存在します。

先日、生の玉ねぎを食べた時に、口の中がとても臭くなったと友人が悩んでいました。
生玉ねぎの臭いについて悩んでいる人はけっこういます。

口が臭くなるのはとても嫌だし、周りにとても迷惑をかけてしまいますよね。

今回は臭くなる原因と対策法を見ていきましょう。

 

玉ねぎ

玉ねぎは季節を問わずスーパーに並んでいる代表的な野菜の1つです。
とても美味しいので好きな方も多いですよね。

しかし、玉ねぎを食べると口臭が酷くなってしまいます。
なんと玉ねぎは、ニンニクなどと共に最も口臭が酷くなる食材の1つと言われています。
それでは玉ねぎについて掘り下げてみましょう。

なぜ臭くなってしまうのか

アリシン

玉ねぎにはニンニクと同じ臭いの成分であるアリシンが含まれており、これが口臭の原因となっています。

ニンニクや玉ねぎなどは消化されることによって臭い成分であるアリシンが
発生してしまい、それが血液と一緒に全身を巡り、肺へとたどり着きます。
肺へたどり着いた後は、呼吸することによりアリシンを輩出するため、口臭が酷くなってしまいます。

この場合、息をするたびに肺から臭いを出しているので歯磨きをしたところで臭いを抑えることはできません。

悪い事だけではない

臭いを出してしまうこのアリシンですが、悪い事だけではないんです。
アリシンは血中にできた血栓を溶かしてくれる働きがあります。
つまり血液が循環するのに邪魔なものが無くなるため、血液がさらさらになります。

さらに、脂質を分解してコレステロールを下げる効果もあります。
コレステロールを下げることで血圧を下げてくれます。

他にも食欲が出たり、疲労回復の効果もあります。

臭いの話だけを聞くととても悪い成分だと思ってしまいますが、
体にとってすごくいい働きをしてくれるのがわかりますね。

また玉ねぎは手にも臭いが染み付いてしまうことがあります。
手についた玉ねぎの臭いの落とし方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事

ネギや玉ねぎの臭いが手にしみついた場合、洗剤だけでは落ちません。 お風呂に入っても2,3日しなければ取れません。 落とす方法を教えてください! 引用 Yahoo 知恵袋 皆さんも玉ねぎを切ったあと「手が玉ねぎ臭い!」って思ったことは[…]

 

対策法

体にいいとは言っても、やはり口臭が酷くなるのは嫌ですよね。
ではどうすれば口臭を気にすることなく玉ねぎを食べることができるのでしょうか。

水や火を使ってアリシンを追い出す

玉ねぎは切ったばかりだと、とても辛みがあります。
それはアリシンが元気に活動しているためです。

よく玉ねぎを切る時、涙が出ると言われています。
その涙を出させる成分の正体が実はこのアリシンだったのです。

涙を流させるってとても強力ですね。
しかしこのアリシンは熱や水にとっても弱いです。
熱を通せば別の成分に変化し、水で洗えば流れていきます。

つまり炒め物や汁物に入っている玉ねぎは、口臭を気にする必要は無いという事です。
ですが逆に言えばアリシンが出ていっているためアリシンによるいい効果も
受けることができないということなのでそこは頭へ入れておきましょう。

アリシンを残したまま口臭予防するなら玉ねぎが辛くなくなるぐらいまで水洗いをすると効果的です。
あの辛い成分がアリシンなので辛くなくなるまで水洗いすることにより
口臭を気にする必要が無くなります。

歯磨き

肺から臭いを出すからといって、歯磨きをしなくても良いという事にはなりません。
口の中を清潔にするのは口臭対策で欠かせないことですよね。

口臭が酷くなる食材を食べた時以外にも、毎食丁寧に隅々まで歯磨きをしていきましょう。
また、舌が舌苔というコケのようなもので覆われていたら
舌ブラシで取り除いてあげると、より効果的に口臭対策をすることができます。

関連記事

さやかです。皆さんいかがお過ごしですか? 私は仕事が一段落して、休憩室でお昼ご飯を食べる所ですよ。 私の隣のテーブルで、ため息つきながら食事してる人がいます。だれかなと覗いたら同僚(男)のひろ君でした。   さやか […]

口臭予防の食材

玉ねぎを食べる際に口臭予防の効果が期待できる食材を知っている事で口臭は全然違うものになります。
ぜひ意識してみてください。

梅干しや柑橘類

梅干しやレモンなどの柑橘系の食べ物にはクエン酸という成分が入っています。
このクエン酸は胃腸の働きを活発にしてくれるので
体の内側からの臭いを軽減してくれる優れものです。

他にもクエン酸は疲れる原因である乳酸をエネルギーに変えてくれる役割まであります。
なので運動する際や、暑い夏場の場面で摂取すると効果的です。

また、疲労の原因物質である乳酸をエネルギーに変えてくれるため
疲れている時に摂取すると疲労回復の効果もあるためとても頼もしい成分です。

りんご

りんごにはポリフェノールが含まれています。

ただ、りんごがいつでもすぐ食べれないこともあると思います。
そういう時はりんごジュースを飲みましょう。
りんごジュースにもりんごの成分のポリフェノールが含まれているため口臭予防にバッチリです。

牛乳

牛乳にはタンパク質が含まれており、アリシンを包みこんで臭いを抑えてくれます。また、食前に飲むことで胃の中に膜を張ってくれ、
臭いがこびりつくのを抑えてくれるため口臭予防になります。

口臭を予防する食材については、次の記事も参考にしてください。

関連記事

人と話しているとき、どうしても気になってしまうのが口臭。「今日のお昼なに食べたっけ?」「歯磨きしてないけど大丈夫かな?」そんな風に不安になったことはありませんか?わたしはしょっちゅうありました。 自分の口臭予防が正しいかどうかも不安ですよ[…]

関連記事

みなさんヨーグルトってどんなイメージでしょか。 腸にいい。 美肌効果。 ダイエットに効果的。 などなど。いろんなイメージがあると思います。ヨーグルトって健康的な食べ物というイメージがついていますが、実はもっと[…]

 

まとめ

玉ねぎはとてもおいしいですよね。
しかし玉ねぎを食べることにより口臭が酷くなってしまったら
玉ねぎを食べることを控える原因になってしまいますよね。

ですが口臭が気になるからといって食べる物を制限されたくありません。
対策をしっかりと行うことにより気にせずに食べれるようになります。