差し歯の匂いが口臭のもとだった?原因と対策をご紹介します!

  • 2019年12月25日
  • 口臭
  • 0件

毎日きちんと歯磨きしているのに、口のニオイが
気になることはありませんか?

誰かの口臭がきつくて困っているなんていうことは?

実は口臭の原因のひとつに、差し歯が関係している
ことがあります。

ここでは、差し歯による口臭について、
原因や対策などをご紹介します。

 

差し歯とは

差し歯とは、前歯の人工歯のことです。
前歯の神経の治療をしたとき最終的に入れる人口歯です。

ちなみに奥歯はクラウン、いわゆる被せ物ですので
差し歯とは言わないんですね。

差し歯そのものは虫歯になりません。
ではなぜ差し歯がニオイの原因になるのでしょうか。

差し歯が臭う原因

差し歯の場合、自分の歯を残してそこに人工歯をかぶせてあるため、
どうしても歯と歯茎の間にすきまができます。

このすきまに食べ物のカスなどのよごれがたまり、
ブラッシングで落としにくいため、口の中にいる常在菌の
格好の住みかとなります。

常在菌はすきまにあるよごれや食べカスなどを栄養にして増殖し、
8時間後にはプラーク、つまり歯垢になります。

歯垢は常在菌の塊であり、何層にも折り重なる形状から
バイオフィルムと呼ばれています。

差し歯のまわりに歯垢がたまり、そこへ歯周病菌がはいりこむと、
歯茎に炎症を起こさせ、歯周炎や歯肉炎をひきおこすのです。

そうすると歯周ポケットがふかくなり、さらに歯垢がたまりやすくなって
強烈なニオイを放つようになります。

歯垢は落としきれずにいると2-3日で歯石になり、
歯石をほうっておくと歯周病になりやすいです。

差し歯の下が虫歯になっている

虫歯があると、その部分にもよごれが詰まったりたまったりして、
常在菌が増えて発酵し、口臭の原因となります。

差し歯の一般的な治療では神経をとるので痛みを感じにくく、
自分の歯が虫歯になっていたとしてもなかなか気がつきません。

また毎日自分の口のニオイを嗅いでいると、
慣れてしまう、ということもあります。

差し歯の下で新たに自分の歯が虫歯になっている状態を
二次カリエスといいます。

虫歯はごく初期であれば自然になおるそうですが、
痛みに気づかずほうっておくと虫歯が進行し自然治癒はしません。

またほうっておいたことで歯茎が腫れたり、
歯磨きのときに出血することもあります。

人工歯の下の自分の歯が虫歯の場合、
そのままほうっておくと、歯を残せなくなる可能性があり、
状態によっては抜歯することになります。

歯医者で人工歯をはずして中の歯を治療するときに
中で虫歯が進行していると、

周囲も卒倒するような、腐った肉のような強烈な悪臭を放つそうです。

歯医者さんも大変ですね(汗)

よごれや歯垢を落とそうと歯ブラシなどでごしごし磨きすぎたり、
差し歯の劣化によって差し歯に傷がつくと、
今度は被せ物が傷み、歯茎とのすきまがますます広がってしまいます。

磨き方にも気をつけましょう。

ちなみに、厚生労働省が実施している調査結果(平成26年)によると、
歯肉炎および歯周疾患の患者数はおよそ330万人以上。

男性およそ137万人に対し、
女性およそ194万人と女性のほうが多いことがわかったそうです。

歯の根っこが折れる?

差し歯治療では一般には神経をとりますが、
歯科医の判断によって神経を残すこともあります。

これは歯の耐久力を保持し、歯の根っこが折れるなどの
トラブルを起こりにくくするためです。

神経を残しても、時間の経過によって神経が腐って
死んでしまうことがあります。

痛みを感じないため、気づかずにほうっておくと
菌が根っこの奥のほうまで進行し、膿がたまったり
根っこが折れてしまうことがあります。

歯の根っこが折れると歯茎が腫れたり、噛むと痛みを感じるようになり、
差し歯が折れたりもします。
かみ合わせの圧力で根っこが真っ二つに割れることもあります。

こうなると一般には抜歯するしかないのですが、
最近では独自開発された歯科用接着剤で根っこの治療を
することもあるそうです。

治療には保険適用のものと自費治療のものがあります。

自費の場合、同じ治療をしても歯医者さんによって請求される費用が
違うことになりますので、ご自分でよく調べたり、
歯医者さんで相談するといいと思います。

 

対策

では差し歯の場合、何に気をつければいいのでしょうか。

定期的なクリーニング

歯垢は歯にくっつきやすく、また落ちにくいという性質があります。

丁寧なブラッシングのほか、デンタルフロスや歯間ブラシなどで
きれいにすることが大切ですが、
やはり定期的に歯医者でメンテナンスが必要です。

差し歯に菌が付着したり、傷がついたりすると、
磨いただけではにおいをとりきれません。

1-6ヶ月に1度は、歯医者でチェックとクリーニング
してもらいましょう。

劣化しにくい素材を選ぶ

差し歯の素材や色、耐久性はさまざまです。

丈夫であるという点ではセラミックや、
人工ダイヤモンドの素材として用いられるジルコニアクラウンが
優れているそうです。

ただし素材によって費用に大きな差がありますので、
歯医者さんとよく相談するといいでしょう。

口の中のセルフケア

歯垢をなくす、また増やさないようにするためには、
口の中が虫歯になりにくい環境であることが重要です。

常在菌も、エサがなければ歯垢をつくれません。
歯磨きだけではなく、歯を水でよくすすぐ、という方法があります。

やり方

水を30ミリリットルくらい(大さじ1杯ぶん)口に含み、

  • 歯と歯の間
  • 歯と歯茎の境目
  • 歯と歯が重なるところ

を中心に、しっかり何度も水をぶつけるようにしてすすぎます。

音がするくらい、強く速く水をぶつけるようにします。

これを
上の歯→下の歯→右側→左側と、1回ずつ行います。

食後の歯磨きのときはもちろん、こまめに何度も行うとより効果的です。

唾液でコントロール

唾液には口の中の食べカスや余計な菌を洗い流し、
口の中をきれいに保つという役割があります。

唾液に含まれるリゾチームという酵素が、細菌が過剰に増えすぎないように
コントロールしているのです。

唾液が十分に出ていないと常在菌が増えすぎ、炎症などの原因となります。

また口の中のケア不足だけでなく、
ストレス口呼吸癖ドライマウスなどで唾液分泌が減ることでも
常在菌は繁殖しやすくなります。

朝起きたばかりで口が臭うのは、睡眠中に唾液分泌が減ることに
よるもので、誰にでもおこる可能性があります。

寝る前と起きてすぐには、まずしっかり口の中のケアをすると
いいですね。

 

まとめ

口臭の原因となりやすい差し歯。
でもセルフケアでだいぶ違ってきます。

また虫歯があるだけでもニオイの原因となります。
口の中の常在菌は、脳梗塞や心筋梗塞、アルツハイマーや
糖尿病などの原因となる、と考えられています。

口の中を清潔に保つことは口臭対策だけでなく、
長期的にみるとヘルスケアにも役立つのです。

一度口の中をチェックしてみてはいかがでしょうか。

差し歯による口臭でお悩みの方に、
少しでもお力になれたらうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。