体臭が酸っぱい!?臭いの原因と病気予防に役立つ5つの対策を紹介!

  • 2019年10月16日
  • 2019年10月20日
  • 体臭
  • 0件

外出して会社や家に戻った時、自分の身体から酸っぱい臭いを嗅いだことってないですか?なんとも言えない嫌な気持ちになりますよね。

一度、自分の体臭が臭いと感じてしまうと一日中気になりますし、そのあと人と会う予定があったりすると自分が臭いって思われてないか気になってしまって近くによって話すことができなかったりずっと後ろ向きな気分で過ごすことになります。

そもそもどうして体臭が酸っぱくなってしまうのでしょうか?
体質なのか?病気の兆候なのか?気になりますよね。この記事では有効な対策と酸っぱい臭いの体臭を改善することで+αの体質改善について紹介したいと思います。

体臭が酸っぱい原因とは?

体臭が酸っぱくなる原因は大きくわけて3つあると言われています。

乳酸が分泌されるから

どんな時に乳酸が分泌されるかというと主には運動した時です。

私たちの体内では糖質を分解してエネルギーに変えているのですがその糖質が体内でうまく分解できていない場合、体内に乳酸として残ってしまいます。その乳酸が運動した時に汗ともに体外に出て皮脂、汗と混じってしまい酸っぱい臭いを出してしまいます。

白い服に黄色い汗染みができているのを見たことはありませんか?これは皮脂と汗がでて汚れているのですが、その場所で乳酸と混じってしまい酸っぱい臭いが発生しているのです。

私は今まで、汗が酸っぱい臭いを出しているんだと思っていましたが汗そのものが酸っぱいわけでなく、体内で残った乳酸が原因だったんですね。

肝機能がうまく働かずアンモニアが体臭として出てしまう

ツーンと鼻にさすような臭いがアンモニア臭であると言われています。人が沢山いる所を歩いているとたまにツーンとする臭いを感じることがありまんか?体臭としては一番周囲が気づきやすい臭いかもしれませんね。

アンモニアが体臭として排出されてしまう原因は肝機能の低下によって体内のアンモニア濃度が上がってしまっていることが原因であると言われています

どうして肝機能の低下によってアンモニア濃度が上がってしまうかと言うと、アンモニアはたんぱく質を分解する時に発生するのですが肝機能が正常に働いていると尿素として体外にうまく排出されます。

簡単にに言うと肝機能が正常に動いているとアンモニアはおしっこやうんこをする時きちんと出ていってくれます。

しかし肝機能が低下しているとおしっこやうんこと共にアンモニアがうまくでていってくれないので体内でアンモニアが血にまじってしまい汗と共に体臭としてでていってしまいます。

体臭がアンモニア臭くなってしまっているということイコール肝機能がうまく働いていないということと言えます。

糖尿病の症状

糖尿病ってよく聞く病気ですよね。
調べてみてわかったんですが日本人の5.6人に一人は糖尿病の疑いがあると言われているそうです。

糖尿病と聞くと尿に糖が混じってしまう病気なのかな?と思われるかもしれませんが糖尿病は食べたものから分解されたブドウ糖をうまく体がエネルギー源として吸収できず尿や血中にたまってしまう病気です。

体内で糖分を上手く吸収できないので、余分に脂肪を分解してしまうのですがその脂肪を分解する時、ケトン体という物質を作りだします。

ケトン体にはアセトンという成分が含まれておりそのアセトンが甘酸っぱい、果実が腐ったような臭いがします。糖尿病だと体臭は果実が腐ったような臭いがすると言われるのはこのアセトンが原因です。

甘酸っぱい臭いなので、今まで紹介した体臭の中では一番気づきにくいと言えるかもしれませんが、病気の症状ですので危険な状態です。周囲の人や自分から甘酸っぱい臭いがしたら一度病院に行くことをおススメします。

酸っぱい体臭!対策5つ

酸っぱい体臭を改善するための対策を5つ紹介します!

1. 適度な運動やマッサージ、ストレッチをする

ダイエットをする為などの過度な運動ではなく毎日行う30分の散歩など、適度な運動によって体内に余分に溜まった乳酸を分散させましょう。逆に過度な運動は疲労を身体にためてしまい乳酸を体内に残してしまいます。

毎日の習慣が大切なので、中々時間がとれない人はお風呂の中で疲れが溜まった場所をマッサージしたり寝る前にストレッチをしたりすると良いでしょう。

私は駅から家まで歩く道順を少し変えて歩く長さを少し長くしてみることから始めてみました。おいしそうなランチをしてるお店が見つかったり近くの災害避難場所を確認できたりと役立ちました。

2. 酸っぱい食べ物をよく食べる

クエン酸、酢酸には乳酸の発生を抑えて分解する力があります。

クエン酸、酢酸といってもなんなのかよくわかりませんがりんごやパイナップル梅干しや果実酢など食べてみて酸っぱい!と感じるものからとることができます。

私は酸っぱい食べ物が苦手なのですが果実酢を炭酸で割って飲んでみると意外と飲みやすかったです。
種類も色々あるのでおススメです。

また、リンゴが今の季節は安く買えるので朝ヨーグルトとあえて食べるのも簡単に試すことができました。

3.お酒(特に毎日飲む人は)を控える

お酒を飲むと体内にアルコールが流れます。肝臓はそのアルコールを分解する働きをします。日本人はアルコールを分解する能力が元々低いといわれているので分解にそもそも時間がかかります。

例えば、お酒を毎日飲む人は飲まない人に比べるとアルコールの分解分、余分に肝臓が疲労します。

そうすると本来、肝臓がしてくれる
「アンモニアを尿素として体外にだしてくれる機能→アンモニアがおしっこやうんことして体外にでること」
が低くなってしまいます。

お酒を今よりも控えるのは今日からでもできる事なので体臭が酸っぱいと感じる人はすぐやってみましょう。

4.肝臓に悪い食べ物を控える

肝臓に悪い、肝臓を疲労さす食べ物には動物性脂肪、トランス脂肪酸が多く含まれています。

具体的に上げると

・肉の脂身
・バター・クリーム
・白米・麺・白いパン
・揚げ物
・糖分の多いお菓子や果物

などです。

全部控えるのはちょっと無理でしょ!という感じですが意識してみるところから始めてみましょう。

私はバターが大好きで、毎日パンに沢山ぬって食べていましたが体臭が酸っぱい原因になるなんて・・・と思い、ちょっと決意をして植物性脂肪のマーガリンに変えてみたら味もバターより色々あって案外味に満足できました。

また日頃料理に使う油はトランス脂肪酸の含まないオリーブオイルに変えてみました。
こちらも味への影響が思った以上になく、全く問題ありませんでした。

食べるものを気を付けて買い替えるだけなので習慣を身につけたりするより簡単に始められます。
是非試してみて下さい。

5.睡眠を意識して多くとるようにする

これも肝臓の動きを正常にすることにつながるのですが、睡眠時間が短いと疲労が溜まってしまいストレスを感じやすくなってしまい、肝臓の働きを悪くします。肝臓の動きが悪いとアンモニアを上手く処理できないので体臭が酸っぱくなってしまいます。

また睡眠不足によってグレニンという食欲増進ホルモンが増えて暴飲暴食につながりこれも肝臓機能の低下につながります。睡眠を意識してとることが肝臓機能を正常にし体臭が酸っぱくなることを防ぎます。

酸っぱい体臭を予防することで+α効果!

今回酸っぱい体臭の原因を色々と調べる中で自分に当てはまる事が多くあったので(※運動不足や、好きな食べ物など・・・)

調べるだけでなく自分でも色々と酸っぱい体臭対策を試してみました。そうすると予想していなかった+α効果があったので紹介したいと思います。

というか、とっても感動したので紹介したいです!

もちろん適度な運動をとることや、睡眠を意識してとることは当然、身体にとって良いことだったんですが自分にとって一番良かったこと、続けていきたいことは果実酢を飲むことです!

今まで、食間の飲み物はコーヒーや紅茶がほとんどだったのですが炭酸割の果実酢を飲むようになってからお通じが非常に良くなりました!

10年以上、便秘に悩まされてきたのですがびっくりするぐらい自然に出てくれます!

酸っぱい体臭の対策と病気予防を試す中で悪い生活習慣を見直すことができましたし、すごく大きな悩みを解消できて本当にうれしいです。

まとめ

今回は体臭が酸っぱい原因と対策について紹介していきました。

1.乳酸が分泌される
2.肝機能がうまく働かずアンモニアが体臭として出てしまう
3.糖尿病の症状
1.適度な運動やマッサージ、ストレッチをする
2.酸っぱい食べ物をよく食べる
3.お酒(特に毎日飲む人は)を控える
4.肝臓に悪い食べ物を控える
5.睡眠を意識して多くとるようにする

私には酸っぱい体臭を予防することで+α効果!だった特に便通がよくなったのはとてもうれしい副産物でした。

体臭が酸っぱい原因を調べると、体臭だけでなく生活そのものが良くなり病気の予防につながるんです。
役立つ習慣を沢山見つけることができました。

酸っぱい体臭に今悩んでいる人や酸っぱい体臭になりたくない人もトライできることから試してみることをおススメします。