人と話す時にかく脇汗は緊張が原因ですよね?病気ですか??

  • 2019年11月17日
  • 体臭
  • 0件

 

ある日の午後。私のデスクに内線電話がかかってきました。
私と同期の中島君からでした。

中島君「ちょっと相談したいことがあるんだけれど、仕事終わったら喫茶店で話を聞いてもらえないかな?」

私は内心(ひょっとして『お付き合いしてください』とか言われたらどうしよう。私には結婚を決めた彼がいるのに)と心配しました。

そして喫茶店にて。
中島君「実は、脇汗のことなんだ」正直、ほっとしました。

中島君は、新しく来た上司である課長の話をしたのです。
課長に呼ばれて仕事の進み具合を報告するとき、緊張してしまい、脇から汗をかいてしまうとのこと。

課長はとにかく大声で怒鳴るらしいです。そこでさやかは「脇汗」について説明することにしました。

 

汗の種類

まず始めに、汗の種類について説明します。
汗には3種類あります。1. 温熱性発汗 2.味覚性発汗 3.精神性発汗 です。

順番にみていきましょう。

1-1. 温熱性発汗

温熱性発汗とは、暑いときや、運動をしたときに、体温を調節するために出る汗のことです。
汗をかくことにより体の温度を下げます。

全身から汗をかきます。やや専門的な話になりますが、「エクリン腺」という汗腺からでるもので、水分が99%です。ほとんど匂いはしません。

1-2. 味覚性発汗

味覚性発汗とは、辛いものや、すっぱいものを食べたときに出る汗です。

たとえばトウガラシにはカプサイシンという物質が含まれます。

これが口の中に入ると、痛覚神経を経由して、交感神経を刺激し、汗をかくのです。

頭皮・顔などにかくことが多いです。

この味覚性発汗は、一説によると、辛さを感じたことを、口の中の温度が上昇したと脳が受け止め、発汗にいたるそうです。

1-3. 精神性発汗

精神性発汗とは、緊張など精神的な原因で、汗をかくことです。

脇の下、手、足の裏といった限られた場所に汗をかきます。

この仕組みについてはくわしくはわかっていません。

汗腺は「エクリン腺」のほか「アポクリン腺」からも出ます。

汗の成分としてタンパク質などを含んでいて、温熱性発汗と違って、匂いがあります。
これは、水分が蒸発しづらく、雑菌などの繁殖に影響するからです。

 

2.わきがという症状

中島君が聞いてきます。「よくわきがっていうじゃない。僕の場合はわきがなのかな」

私は「ううん、中島君は、ふだんはわきがの匂いはしないよ。わきがじゃないよ」と答えました。

内心、(どうして私がワキガーだということを知っているのだろう(汗)? いや、たぶん知らないはずだ)と思ったのです。

私は普段から匂いするかも?とワキガの心配をしちゃった人はこちらでチェック。

関連記事

みなさんは自分の「匂い」って気になりませんか? 「もしかして私、臭ってる…?」と街中、職場、学校といった公共の場では特に周りの目も意識しますよね。私自身、その匂いに悩まされて人生を大きく左右されていました。 しかし、今ではそれが[…]

そして「ほかに脇汗をかくことってある?」と中島君に聞きました。

「ふだんは特に脇汗をかくことはないな。

でも、こないだ初めて、新入社員研修の講師をしたんだけれど、そのときも脇汗が気になったな」と言います。

どうやら中島君は精神性発汗に悩まされているようです。

 

3. 脇汗は多汗症という病気?

3-1 脇汗に悩む人の割合

さて、脇汗に悩まされているひとは結構いるようです。

ここにアンケート調査の結果があります。

ニベア花王(東京・中央)が2015年1月に実施した、汗の悩みに関する意識調査では、「緊張で汗をかきやすい」と思う人は約63%。

汗ジミなど見た目、量、臭いのどれをとっても、約6、7割が「体温調節の発汗よりも気になる」と回答。

部位別では、ワキが53%と首位。

引用元 ヘルスUP 健康づくり

緊張からくる精神性発汗に悩まされている人が、約6割もいることがわかります。では脇汗は病気なのでしょうか。

3-2.多汗症という病気について

ここで考えられるのが「多汗症」という病気です。

脇下、手のひら、顔面などに大量の汗をかきます。
人によっては、手に汗をかいてしまい、紙に字を書こうとしても濡れて書けない、という深刻な症状に悩まされます。

また脇下から汗のしずくが落ちるほどの人もいます。

多汗症の発症率は人口の5.8%と言われています。

多汗症と精神性発汗とは別物です。

緊張で脇汗が気になる精神性発汗の人が、全体の6割いることを考えれば、全員が多汗症ということはありえないでしょう。

3-3.多汗症チェックリスト

念のため、多汗症のチェックリストをあげておきます。

以下の6項目のうち、2項目以上あてはまれば、その可能性が高くなります。

□大量の汗が原因で日常生活を送るうえで困ることがある

□異常な汗が1週間に1回以上現れる

□手、足、脇の場合、両側から左右対称で、同じ程度の汗をかく

□睡眠中は気になるほどの汗が出ない

□最初に多汗の症状が出たのは25歳より若い頃である

□家族や近い親戚に多汗症の人がいる

引用元 MEDICALIST

やはり日常生活に支障をきたすほど重症なのかを、判断基準とすればよいでしょう。

 

4. 精神性発汗の対策

「中島君は病気ではなく、精神性発汗だと思うよ」と伝えました。

多汗症という病気ではなく、精神性発汗だとしたら、次のような対策が考えられます。

まずストレスをため込まないことです。

精神性発汗の場合、自分の脇汗により、他人に迷惑をかけているのではないかと心配し始め、とまらなくなると、それがストレスになります。

そしてまたストレスから発汗する、という連鎖に陥ってしまいます。

そこで、脇汗対策をきちんとしておくことで、「自分はちゃんと手をうってある。悩む必要はない」と心構えを持つ必要があります。

脇汗対策としては、スプレーやシートなどがありますが、ここではミョウバン水を説明します。

いきなり「おばあちゃんの知恵袋」みたいになってしまい恐縮です。

ミョウバンはスーパーの漬物コーナー、調味料コーナーで売られています。

ネットで買うこともできます。100グラム400円ぐらいです。

焼きミョウバン50グラムに対して水1.5リットル。

これを原液として、実際に使う場合は20倍から50倍に薄めて使います。

布に含ませて、脇下を拭きましょう。

他の脇汗対策はこちらの記事でも。

関連記事

みなさんは脇汗対策として、脇汗パッドを使用していますか? 私はこれまで脇汗対策として、脇汗パッドを愛用してきました。大量に脇汗をかくタイプなので、脇汗パッドは重宝しているんですよね。脇汗パッドだけではなく、脇汗シートやフィルムなど使用[…]

 

5. まとめ

以上、人と話すときにかく脇汗について説明してきました。
ふだんから、バランスのとれた食事、十分な睡眠をとるように気をつけたり、ストレスをためないようにすることが大切です。

  • 汗には3種類ある
  • 緊張からかく脇汗は精神性発汗
  • 多汗症という病気がある
  • 精神性発汗には対策がある

中島君は、「話をしてラクになったよ。ありがとう」と言ってくれました。

私は心の中で(人を助けるのがワキガーの使命よ)と小さくガッツポーズをとりました。