ワキガの臭いは中学から!?入学式までに知っておきたい原因と対策!!

以前にもお話をしたことがありますが、私がワキガだと気づいたのは中学2年生の時でした。原因は父からの遺伝でした。

その時はまだ軽度のワキガだったのですが、誰にも相談できずにインターネットや雑誌で知識を蓄えていったのを覚えています。

そんなある時、「ワキガは成長期にひどくなる」という内容の記事を見つけました。

ちょうど成長期だった私は、その一文にひどくショックを受け、ワキガと成長期について調べ尽くしたんです。

私はすれ違い際にいい匂いがするような女の子を憧れとしていたので、ワキガはそのイメージとはかけ離れた存在で愕然としてしまいました。

もし学校の制服が白色だったとしたら、臭いだけでなく服のシミなども気になりますよね。

どうしたら悩みのない新生活をスタートさせることができるのか。そう考えている方は多いのではないでしょうか?

その答えは、原因と対策を知ることにあったのです。

あの頃の私と同じように、成長期を迎え「あれ?いつもと臭いが違う?」と気になっている方がいたら是非参考にしてみてください。

入学式がくる前にしっかりと対策をたて、新しいスクールライフに備えましょう!!

 

ワキガの臭いがキツくなる原因

日本人のワキガの人口は、全体の約10〜16%と言われています。

海外になると80%にも及ぶそうなので、日本人は体臭があまりキツくない人種と言うことができます。

同じ人間なのに、なぜこんなにも違うのでしょうか?

それは「アポクリン汗腺」の量に関係してきます。

汗が出る汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類があります。

身体の部分によって汗腺の種類が異なるのですが、ワキに分布している汗腺は「アポクリン汗腺」です。

サラサラとした汗を発汗させる「エクリン汗腺」に比べ「アポクリン汗腺」は、脂質やタンパク質を含んだベトベトした汗を発汗させます。

もちろん、汗をかいたばかりの時はまだ臭いにはならないのですが、時間が経って、汗に含まれている脂質やタンパク質を細菌が分解することによってあの独特な臭いを発生させてしまうのです。

そして「アポクリン汗腺」の量や大きさは、遺伝によって決まることが多いのです。

「アポクリン汗腺」が大きく、多い場合、ベトベトした汗を発汗させる量も増えるため、時間が経つと臭いもキツくなってしまうということなのです。

ワキガ臭が発生する原因については、過去に詳しく書いたことがありますのでリンクを貼っておきますね。

関連記事

私が最初にワキガを気にするようになったのは中学2年生の時でした。その頃はまだ軽度のワキガだったのですが、「ワキガ」という言葉も知らなかったので、インターネットで調べたり、雑誌を読んだりして自力で知識や対策を調べていきました。 思春期ま[…]

 

 

ワキガは中学生からと言われる理由

ワキガは早くて小学生高学年くらいから悩む人が出始め、中学生・高校生で多くの人が悩み始めると言われています。

体操服のワキの臭いや、服につく黄ばみなどで気付く場合が多いようです。

実際に私も体操服を脱いだ時の臭いで初めて気づきました。

中には友達に言われて気付く人もいるようで、多感な時期に友達から言われてしまったらダメージが大きすぎますよね。出来れば人から言われる前に対策を取りたいものです。

ワキガが中学生からと言われる理由は、思春期になるとワキガの原因である「アポクリン汗腺」も発達するからなのです。

第二成長期と呼ばれている10歳頃(小学校4年生)〜18歳(高校3年生)は、男性ホルモン・女性ホルモンが急に増え、身体の発達と共に「アポクリン汗腺」も発達してしまいます。

では、なぜ発達してしまうのでしょうか?

それは「アポクリン汗腺」は昔、フェロモンの役割をし、異性を惹きつけるために必要なものだったからです。

現代では容姿や服装などで異性を惹きつけることができるようになったので、ワキの臭いはただの悩みのタネになってしまったということですね。

私も含めワキガの人は、昔だったらモテてたかもしれないと思うと、少し気持ちが軽くなるかもしれません。

また、男性ホルモン・女性ホルモンが増えるなどの変化により、アポクリン汗腺が刺激され発汗が促されることによりワキガの臭いもきつくなるという理由も考えられます。

さらに思春期は、勉強や部活動などで精力的に動いている分、疲れやすく老廃物が溜まりやすいと言えます。

こうして並べてみるだけでも、ワキガは成長期からと言われる理由が分かりますよね。

それに加えて肉中心の食事が多い場合は、アポクリン汗腺をさらに活性化させてしまうので注意が必要です。

 

どうしたらいい⁉︎ワキガ対策‼︎

ワキガに初めて気づいた中学2年生の私は、とにかく制汗スプレーなどを使用して対策を立てていました。

そして今ではデオドラントクリームのクリアネオを使用しています。

【クリアネオ】わきが対策、制汗・ニオイケアならcleaneo!
5

クリアネオ

社会人になり仕事のストレスから急にワキガのニオイが強くなってしまい地獄の日々を送っていました。
そんな地獄のような日々から救ってくれたのがこの「クリアネオ 」でした。
一番驚いたのは即効性と持続性です!
敏感肌の私でも無添加、無香料+パッチテスト済みだから安心して使用してます。

制汗スプレーは汗を抑える効果があり、デオドラントは殺菌をし臭いを抑える効果があります。

それぞれ効果が異なる別物と言うことができるのですが、クリアネオはこの2つの効果をあわせ持つデオドラントクリームなのです。

私がクリアネオをオススメしたいと思う理由には4つのPointがあります。

■子供でも使える成分で作られている。
■殺菌と制汗を同時に叶えられる。
■全身に使用することができる。
■男女兼用で使うことができる。
クリアネオについても過去に詳しく書いた記事がありますので良かったら読んでみてください。
どれだけ良い商品なのかが実感できると思います。
関連記事

女性の間でクリアネオが流行っているようです。クリアネオは雑誌・テレビなど複数メディアで取り上げられているほどで、とても有名な商品です。 かおり さやかさーん。クリアネオは私も気になっていて使いたいと思ってるんだけど、実際はどうなのか[…]

 

その他の対策

デオドラントクリームでの対策はかなり効果的だと思うのですが、それに加えて食生活や生活習慣を改善することができれば鬼に金棒です。

すぐにできる食生活・生活習慣の改善方法を記載しますので、併せて取り組んでみてください。

臭いの悩みが軽減され、さらに健康な身体を手に入れることができるのでより豊かな生活を送ることができると思います。

食生活の見直し

肉や脂っこい食べ物をさけ、野菜や大豆製品、魚を中心とした食生活を心がけましょう。

日本食を中心とした食生活を意識するといいですね。

■高カロリー
■高脂質
■動物性タンパク質

生活習慣を整える

適度な運動や早寝早起きなど、一般的に健康に良いと言われている活動を積極的に取り入れるようにしましょう。

■睡眠不足
■運動不足
■ストレス
■タバコ

まとめ

始まりは中学2年生の時に見た、「ワキガは成長期にひどくなる」と書かれた記事でした。

ちょうど成長期だった私は、「理想の女性像」と「ワキガを抱えた自分」との間で悩み苦しんでいました。

詳しく調べていくうちに、もともとはフェロモンの役割を果たしており、異性を惹きつけるために必要だったこと、だから思春期になると臭いがきつくなることを知りました。

そして、制汗と殺菌を同時に叶えてくれるクリアネオとの出会いによって、悩みから解放されたのです。

あの頃の私と同じように悩んでいる人がいたら、ぜひクリアネオを試して欲しいと思います。

そして同時に、食生活・生活習慣の見直しをして身体の中から綺麗になれれば、女性としての自信も増しますよね。

あの時に諦めそうになった「理想の女性像」は、今でも私の中で勇気を与えてくれおり、諦めないことによって理想に近づいていけることを皆さんにも感じて欲しいと思っています。